Maverick doctor tastes the forbidden fruits of the gynecological world


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。




Maverick doctor tastes the forbidden fruits of the gynecological world

異端の医師が、婦人科の世界の禁断の果物を味わう

0
Maverick doctor tastes the forbidden fruits of the gynecological world 2006,10,23
異端の医師が、婦人科の世界の禁断の果物を味わう 2006,10,23
Shukan Shincho 10/26 By Ryann Connell
週刊新潮 10/26 ライアン・コネル記
1
Yahiro Netsu, the surgeon who oversaw the procedure where a 50-something woman acted as a surrogate mother for her infertile daughter, has often been accused of playing God, according to Shukan Shincho (10/26).
五十数歳の女性が自分の不妊の娘のために代理母を勤めた処置を監督した外科医・根津八紘は、神の役割を演じているとしてしばしば非難されてきた。週刊新潮(10/26)より。
2
Japan is currently caught up in a fierce debate over surrogate pregnancies, sparked by actress Chiaki Mukai's battle to have the child born to a surrogate mother in the United States legally recognized as her own.
日本は今、代理妊娠についての猛烈な議論に熱中していて、この議論は、アメリカの代理母が産んだ子供を彼女自身の子として法律的に認知させようという、女優・ムカイチアキの闘いによって口火が切られた。
3
The Japan Society of Obstetrics and Gynecology bans surrogate pregnancies, but the law doesn't, a loophole 64-year-old Netsu has been able to exploit successfully at least five times over the past half a decade.
日本産婦人科学界は代理妊娠を禁じているが、法律は禁じておらず、法の抜け穴を通った六十四歳の根津は、過去五年で少なくとも五回、成功裏に実施することができた。
4
Of the five surrogate pregnancies he has carried out, four have involved sisters or sisters-in-law, but it's the other case that really stands out.
彼が行った五件の代理妊娠のうち、四件に姉妹や義姉妹がかかわったが、本当に目立つケースはそれらとは別のケースである。
5
"The mother acting as a surrogate mother came about because she dearly loves her daughter.
That made it hard to refuse.
The child has been registered as the mother's but adopted by the daughter and her husband," Shukan Shincho quotes Netsu telling reporters.
"Of course, there was a danger to the mother giving birth at such an advanced age.
She acknowledged that danger and underwent a complete health check to determine if her blood pressure and liver could handle the rigors of pregnancy.
She was also thoroughly checked by a gynecologist.
The cost of the procedure was 500,000 yen for the artificial insemination and another 500,000 yen for the pregnancy."
「この母親が代理母となったのは、彼女が娘をとても愛しているからです。
このことが拒絶することを困難にしました。
生まれた子供は母親の子として登録されましたが、娘とその夫の養子になりました」と、根津が記者に語ったことを、週刊新潮は引用する。
「もちろん、このような高齢で出産する母親に危険はありました。
彼女はその危険を認識して、血圧や肝臓が妊娠の厳しさに耐えられるかどうかを調べるための、完全な健康診断を受けました。
彼女はまた、婦人科医によって徹底的に検査されました。
この処置の価格は、人工授精について五十万円、妊娠についてさらに五十万円でした」
6
Netsu is something of a maverick in Japanese gynecological circles.
In 1986, he became the country's first surgeon to remove excess fetuses when fertility drugs led to multiple fetuses.
In 1998, he became the first to carry out artificial insemination using sperm donated from a man other than a partner.
This was also in violation of a society ban and, as a result, Netsu found himself removed from its lists.
It took Netsu a bitter court battle to get back on the books, which he did following a settlement in 2004.
根津は日本の婦人科医の仲間内でかなりの異端児である。
1986年に、彼は、排卵誘発剤が多数の胎児を引き起こしたときに余分な胎児を中絶した、日本最初の外科医となった。
1998年に、彼は、夫以外の男性から提供された精子を使った人工授精を実施した、最初のものとなった。
これはまた学会の禁止を破ったことになり、その結果、根津は学会の名簿から除名されることとなった。
学会に戻るため、根津は厳しい法廷闘争を経験し、2004年に和解した。
7
"Netsu-san is always touching on the forbidden fruits of the gynecological world," a Tokyo gynecologist tells Shukan Shincho.
"You've got to remember that surrogate pregnancies are banned for a reason.
Everybody goes on about how the mothers feel, but what about the kids in these cases?
There are no laws in place at the moment, which creates all sorts of problems in areas like inheritance."
「根津サンはいつも、婦人科界の禁断の実に触り続けています」と、東京のある婦人科医は週刊新潮に語る。
「代理妊娠が禁じられているのは理由があってのことだということを、思い出さなければなりません。
母親がどのように感じるかについて、誰もが強調しますが、しかしこれらの事例における子供たちについてはどうでしょうか?
現時点ではどのような法整備もなされておらず、このことが、相続といった分野でのあらゆる種類の問題を作り出します。
8
Medical journalist Tsutomu Wada is also opposed.
医療ジャーナリストの和田努氏もまた、反対である。
9
"You'll find primal relationships between mothers and children and grandchildren will be fundamentally changed," he says.
「母親と子供と孫における原始的な関係が根底からかわることに気がつくことになるでしょう」と、彼はいう。
10
Despite the opposition, there's also plenty of support for Netsu, with infertile couples across the country flocking to his clinic in Suwa, a sleepy part of Nagano Prefecture, in the hope of having children of their own, especially as his 500,000 yen charge is only slightly more than what most can expect to pay for a pregnancy.
Netsu also has a reputation for devotedly caring for his patients, making a trip to the clinic even more appealing.
But a resident of the area near the clinic says it's not all a bed of roses.
反対があるとはいえ、自分たち自身の子供を持ちたいという望みをもって、長野県の活気のない地域・諏訪にある根津のクリニックに集まる、日本中の不妊カップルがいたり、根津をにたいする多くの支援がある。とりわけ彼の五十万円の料金が、たいていの人が妊娠のために払うと見込むところのものよりわずかに高いというのに。
根津は自分の両親にたいして献身的な世話をするという評判を持っており、クリニックへとゆくことを、より魅力あるものにしている。
しかし、クリニックに近い地域の住人は、そこは必ずしも安楽な境遇ではないという。
11
"I've heard he can be pretty strict with his nurses," the resident tells Shukan Shincho.
"He strongly recommends breast feeding and treats the clinic like a boot camp, even for people going there to give birth." (By Ryann Connell)
「彼が看護士に対してかなり厳しいということを、私は聞いたことがあります」と、その住人は週刊新潮に語る。
「彼は母乳を与えることを強く推奨し、出産のためにクリニックにいく人々に対してすら、クリニックをブートキャンプのように扱っています。
12
October 23, 2006
2006年10月23日

拡散状況

Japundit
部分転載:http://blog.japundit.com/archives/2006/10/24/3917/
英語サイト
http://www.asianmc.net/index.php?showtopic=1033


関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。