OLたちの新・貧富の差


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。




Spoilt young working women see nothing wrong in sponging off parents

甘やかされて育った若い働いている女性は、両親の臑をかじることには何の問題も無いと思っている

OLたちの新・貧富の差

*1
OLたちの新・貧富の差 1996,02,04
Spoilt young working women see nothing wrong in sponging off parents
Panja March By  Takeshi Ito
甘やかされて育った若い働いている女性は、両親の臑をかじることには何の問題も無いと思っている
PANJA 3月号   タケシイトウ
1
Since the bursting of the so-called "bubble economy," most people in this country have reduced their spending.
But there are notable exceptions to this --- single women working in offices.
For people wondering why many OLs can continue to buy famous brand clothes and fly out of the country for a vacation at will, Panja offers a revelation.
いわゆる「バブル経済」の破裂以来、この国の多くの人々は彼らの支出を削減しています。
しかし、これの注目すべき例外がいます…職場で働いている独身女性たちです。
何故多くのOLが、欲しいままに有名ブランドの服を買い続けることができ、そして休暇に海外に飛行機で行き続けることができるのか不思議に思っている人々に、パンジャは解明を提供します。
2
According to the magazine, these big spenders are members of a littleknown group called sune-kaji.
These women are so-named by the magazine because they endorse, with open arms, the practice of sponging off their parents.
According to Panja, such spoiled women are steadily increasing in number as more and more overprotective parents decide against treating their fully grownup daughters as mature women.
雑誌によると、これらの浪費家は、スネカジリと呼ばれるあまり知られていないグループのメンバーです。
これらの女性たちは、彼女たちの両親のすねを齧ることを習慣的に行うことを諸手を挙げて受諾するので、雑誌にそう名づけられました。
パンジャによると、そのような甘やかされて育った女性は、ますます多くの過保護な両親が、彼らの完全に育った娘たちを成熟した女性として扱うことに反抗することを決意するにつれて、数の上で着実に増えていっています。
3
Panja is astonished to find that these working women do not even think that dependence on their parents is something to be ashamed of.
"Right now, I ask them to remit 100,000 yen to my bank account a month so that I can pay my rent and utility bills," declares Emiko Taguchi.
The 28-year-old worker at a metropolitan radio station says she needs 270,000 yen every month to pay for food and clothes.
But she only makes 200,000 yen a month. "In addition to the monthly remittance, they give me cash and buy me clothes and jewelry," notes Taguchi.
"Altogether, I think my parents are spending close to 3 million yen a year to help me."
パンジャは、これらの働く女性は彼女たちの親への依存は恥だと考えさえもしないと気付いて驚きます。
「今すぐに、私の家賃と公共料金を払えるようにするために、彼らに月に10万円を私の銀行口座に送るように頼むわ」
エミコ タグチは宣言します。
28歳の首都圏のラジオ局の労働者は、彼女は食べ物と服の代金を支払うために毎月27万円要るのだと言います。
けれど彼女は月にたった20万円しか稼ぎません。
「月々の送金に加えて、彼らは私に現金を与えて、私に服と宝飾品類を買ってくれるわ」タグチは言及します。
「総計で、私の両親は私を援助するために、年に300万円近く使ってると思うわ」
4
Taguchi and other sune-kaji OLs believe accepting financial assistance makes their parents happier.
"It is a joy for them to give me money," asserts Tomomi Takatsuki, 22.
タグチそしてその他のスネカジリOLたちは、金銭上の援助を受け取ることは、彼女たちの両親をより幸福にすると信じています。
「私にお金を与えることは彼らの楽しみなの」22才のトモミ タカツキは断言します。
5
"My mother has no hobby. Her only purpose in life is to spend money on me so that I can marry and become happy," argues Mitsuko Ohba, 30.
Ohba says she now earns more than 6 million yen a year,but continues to "let them pay" as long as they insist.
「私の母親は趣味を持たないわ。彼女の人生の唯一の目的は、私が結婚して幸福になれるように私にお金を使うことなのよ」30歳のミツコ オオバは主張します。
オオバは、彼女は今、年に600万円以上を稼ぐのだと言います。
けれど、彼らがせがむ限り「彼らに払わせ」続けます。
6
panja informs that a typical sune-kaji woman lives with her parents and spends her entire salary on leisure.
She doesn't believe it is possible to live in Tokyo with her meager income alone and has no respect for an independent counterpart making ends meet with no parental assistance.
パンジャは、典型的なスネカジリ女性は彼女たちの両親と暮らし、そして彼女の全ての給料をレジャーに使うのだと知らせます。
彼女は彼女のわずかな収入で一人で東京で暮らすことが可能だとは信じず、そして親が与える援助なしに収入の範囲内でやりくりする独立した片割れに尊敬を持ちません。
7
"These women are incredible.
Their strong attachment to material wealth amazes me," comments social critic Shunsuke Ashizawa.
He notes that the monthly salary most of these women take home is just short of 200,000 yen and that they should be able to live modestly with this income.
「それらの女性は信じられません。彼らの物質的な豊かさへの強い愛着は私をあきれさせます」
社会評論家のシュンスケ アシザワは批評します。
彼はこれらの女性の内のほとんどが自宅に持って帰る月々の給料は、たった20万円に達しておらず、そして彼女たちはこの収入で控えめに生活できるべきだと言及します。
8
"But they have always spent money freely since school days," observes the critic.
"They believe material wealth equals their value as a person."
Ashizawa tells Panja that these women will never change.
"They will continue to live the same way by replacing their parents with a husband." (TI)
「けれど、学生時代から、彼女たちは常に惜しみなく金を使います」
その社会評論家は観察します。
「彼女たちは、物質的な豊かさは彼女たちの人としての価値と等しいと信じています」
アシザワはパンジャに、これらの女性は決して変わらないだろうと語ります。
「彼女たちは彼女たちの両親を夫にすげ替えることで、同じように生活し続けるでしょう」(タケシイトウ)

参考資料

評論家 芦沢俊介
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8A%B9%E6%B2%A2%E4%BF%8A%E4%BB%8B
http://www.amazon.co.jp/gp/product/product-description/4757141920/ref=dp_proddesc_0?ie=UTF8&n=465392&s=books

元資料

822410.jpeg 823350.jpeg


関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。