それでもフィリピーナにはまる男たち

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。




Japanese guys find loving Filipinas leads to heartbreak

日本の男たちは、フィリピーナを愛することは失恋に繋がるということに気がつく

それでもフィリピーナにはまる男たち

*1
0
それでもフィリピーナにはまる男たち 1999,10,03
Japanese guys find loving Filipinas leads to heartbreak
Shincho 45,October By Mark Schreiber
日本の男たちは、フィリピーナを愛することは失恋に繋がるということに気がつく
新潮45 10月号 マーク・シュライバー記
1
How do I love thee? Let me count the drinks.
Perhaps the businessman,whom Shincho 45 refers to as "Nomura," should have kept better tabs on his bar bills.
After becoming infatuated with a hostess at a so-called "Filipino Club" in Tokyo's Ikebukuro district, he appeared, waif-like, each evening at opening and stayed until closing.
Every visit cost him some 60,000 yen. This routine went on for four straight months, until he exhausted most of his funds.
我は汝をいかに愛すか?飲み代を数えさせてくれたまえ。
おそらく、新潮45が「野村」と呼ぶビジネスマンは、バーの彼の明細を帳簿につけておけばよかったのにしなかったのだろう。
東京池袋のいわゆる「フィリピンクラブ」のホステスに首ったけになってから、彼は毎晩、宿無しのように、開店ととも現われ閉店するまで居座った。
来るたびに彼は六万円くらい支払うことになった。
このパターン化した行動は、彼の蓄えの大部分を使い果たすまで、四ヶ月続けておこなわれた。
2
These outlays, incidentally, failed to result in physical consummation of their relationship, which captivated Nomura all the more. Her modesty, he marveled, surely stemmed from deep religious conviction.
Who could resist such a virtuous woman?
ついでにいえば、これらの出費は物理的な彼と彼女の間柄の終焉という結果に終わり、そのためなおさら野村は心を捕らえられた。
彼を驚かした彼女の慎み深さは、宗教的な深い信念に基づくものであった。
だれがこのような徳の高い女性に抗えるだろうか?
3
Finally, he surprised her with a diamond engagement ring.
After she accepted his gift, one of her co-workers finally took Nomura aside and whispered the bad news: "She's already got a Japanese husband."
最終的には、彼はダイヤの婚約指輪を渡して彼女を驚かせた。
彼の贈り物を彼女が受け取った後、とうとう彼女の仕事仲間が野村を脇へ連れ出し、悪い知らせを囁いたのである。
「あの子はもう、日本人の夫と結婚してるのよ」
4
An understandably angry Nomura demanded the return of his ring.
無理も無いことだが野村は怒り、指輪を返すよう要求した。
5
While Nomura might appear just another innocent victim of female guile,journalist Takeshi Yabe opines otherwise.
There seem to be lots of Japanese males with this goofy naivete that makes them willing patsies for such deception.
Why? At least partly, he suggests, it's from sympathy toward those who come from impoverished backgrounds.
But this misplaced attitude ignores the fact that millions of poor Filipinos manage to eke out survival by a combination of pluck and hard work.
And when not impeded by social and cultural barriers, they are capable of surprising economic vitality - as supported by data that show Filipino-Americans boast the highest average household income among all Americans of Asian descent.
野村は女の狡猾さによるうぶな犠牲者の一人に過ぎないのではと思える一方で、ジャーナリストの矢部武は違う方向の見解を述べる。
こんな幻想に喜んで騙されてしまう、間抜けで認識の甘い日本人男性は、たくさんいるようである。なぜだろう?
それは少なくとも部分的には、矢部が示唆するには、貧しい環境出身の人々に対する同情からである。
しかしこの見当はずれの考え方は、数百万の貧しいフィリピン人が決意と勤勉さを掻き集めて何とかして生計を立てて暮らしている、という事実を無視している。
そして社会的および文化的な障害に邪魔されなかった場合、かれらは驚くべき経済的なバイタリティーを発揮することができる――フィリピン系アメリカ人は、アジア人の子孫のアメリカ人すべてのうちで世帯収入の平均が最も高いことを誇っている。
6
Filipinos, moreover, are willing to make sacrifices - like the young woman named Rona who began working as a Roppongi hostess from age 20 and managed to put her four younger siblings through school.
その上、フィリピン人は喜んで犠牲を払う――二十歳のときから六本木のホステスとして働き始めて四人の弟妹を学校に入れ卒業させることができた、ロナという名前の若い女性のように。
7
Nomura and the many of his ilk, however, see themselves as knights in shining armor, whose mission is to rescue such women from poverty.
Coupled with a basic gap in their respective countries' economic levels, this creates a skewed perception, and what passes for affection may be no more than a consummately superficial relationship.
しかしながら、野村と彼の同類の多くは、自分は輝く甲冑をまとった騎士で、彼女たちを貧困から救うことが使命だと思っている。
このことが、彼たちと彼女たちのそれぞれの国の経済レベルの基本的な隔たりと相まって歪んだ認識を生み出すし、親愛の情だと思ったものは、これ以上ないほど薄っぺらな関係に過ぎなかったのかもしれないのだ。
8
The men drawn to Filipinas often have no luck relating to Japanese women, who have become more economically and psychologically independent - and therefore no longer obedient and compliant.
フィリピン人女性に引き寄せられる男たちは、日本人女性と交際する縁がまったくないことがしばしばである。
日本人女性は経済的にも精神的にも自立するようになってきた――そのため、もはや従順でも素直でもない。
9
"For some reason, men who feel inferior to Caucasian women and who don't get along with Japanese feel heroic around Filipinas," says a club manager, who adds that with their limited japanese-language ability, these women can only mouth the kind of sweet nothings customers like to hear.
「白人女性に劣等感があり日本人とつきあえない男性は、なぜか、フィリピン女性のまわりでは英雄のような気持ちになります」と、あるクラブのマネージャーはいい、日本語の能力が限られているため、クラブの女性が口に出せるのは客が聞きたいような甘美なたわごとだけなのだ、と付け加える。
10
"If you visit a bar four or five times and nothing happens, it means you're no more than a 'good customer' in her eyes," a knowledgeable businessman named Sato advises Shincho 45.
"My advice is to try out a different hostess,or just stay away from the club for a while and let things cool down."
「もしバーに四回か五回来店しても何も起こらなかったら、それは彼女の目には『いいお客さん』としてしか映らなかったということです」と、事情に詳しい佐藤という名前のビジネスマンは新潮45に教える。
「私の忠告は別のホステスを試してみろということです。そうでなければ、しばらくクラブに寄らないようにして事態を落ち着かせることです」
11
In Sato's view, if the lady has really taken a liking to you, it won't matter whether you patronize her club or not.
佐藤の意見では、もし本当にホステス嬢に好かれれば、彼女のクラブに訪れるかどうかは問題ではないそうだ。
12
Whether moved by love or more practical considerations, one thing that is certain is that more citizens of the Philippines are setting down roots in japan.
Although Filipinas in Japan on entertainment visas declined from about 53,000 in 1994 to 31,000 three years later, registered residents from the Philippines at the end of 1998 had soared to 89,645 - roughly triple the figure of 10 years ago.
愛によってあるいは実利的な理由によって動いたはともかく、たしかなことは、より多くのフィリピン市民が日本に根を降ろしている、ということである。
興行ビザで日本に入国しているフィリピン人女性は、1994年の約五万三千人から三年間で三万千人に減少したにもかかわらず、1998年末の時点で登録されている在日フィリピン人は、八万九千六百四十五人へと急増している――十年前の数字のおおよそ三倍だ。

参考資料

矢部武
http://www.shinchosha.co.jp/writer/3096/
http://www.php.co.jp/fun/people/person.php?name=%CC%F0%C9%F4%A1%A1%C9%F0&p=MTg0OQ==

元資料

19991003-1.jpeg 19991003-2.jpeg 19991003-3.jpeg


関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。