Dissatisfied wives waiting to spring trap on hapless hubbies

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。




"Dissatisfied wives waiting to spring trap on hapless hubbies"

「満たされない妻たちは不幸なダンナが罠にかかるのを待つ」

(2006年9月9日配信)

From April 2007, a new law goes into force that gives wives claim to up to one-half of their husband's retirement pension in the event of separation or divorce, the actual percentage based on mutual agreement, out-of-court mediation or legal settlement.
2007年4月から、妻が別居または離婚の際に夫の最大1/2の年金を請求する権利を与える新しい法律が施行される。実際の割合は夫婦間契約、法廷外仲裁または裁判によって決められる。

Shukan Post (9/15) notes an interesting statistical phenomenon: Japan's divorces peaked at around 290,000 in 2002 and then began declining, reaching the 260,000-level in 2005.
Actually, notes Toshihiro Nagahama, chief economist at the research division of Dai-ichi Mutual Life Insurance, this decline started at the same time the new law was passed in June 2003, and the general consensus is that women are biding their time for the law to go into force next April, after which the number of divorces may "explode."
週刊ポスト9月15日号は統計に表れている興味深い現象について注目している。日本における離婚件数は2002年の約29万件をピークに減少しており、2005年は26万件台になっている。
事実、第一(相互)生命保険(経済研究所経済)調査部の主席エコノミストの永濱利廣 (Nagahama Toshihiro) 氏は、この減少は2003年6月にその新しい法律が可決されたと同時に始まっている、そして女性たちはその法律が施行される4月を好機として待っていおり、その後離婚件数は”爆発的に増える”というのが一般的なコンセンサスであると特に言及する。

Out of the total number of divorces, as many as 42,000 cases may involve divvying up of the husband's pension.
総離婚件数中、夫の年金を折半することになる離婚件数は4万2000件に及ぶであろう。

Another harbinger of this likelihood comes from a source at a private detective agency.
この予想のもうひとつの前ぶれが、ある私立探偵社の情報から現れる。

"Since around May of this year, we've been getting a sharp rise in requests by wives to track their husbands' activities," says Toshiyuki Sakai, a private investigator.
"The clients are not only interested in uncovering their husband's marital infidelity, but also want to know if they spend large amounts going out drinking at cabarets or in gambling casinos.
I suppose their aim is to use this information as ammunition at the divorce hearing."
「今年のだいたい5月以降、我々に依頼される妻からの夫の素行調査が著しく増えている、」と私立探偵サカイ トシユキ氏は言う、
「そのような依頼者たちは夫の浮気を暴くのに興味があるだけでなく、夫たちがキャバレー通いまたはカジノでの博打に大金を注ぎ込んでいないかについても知りたがっている。
私は妻たちの狙いは離婚調停のときの糾弾材料としてこの情報を使うことにあると思う。」

Is your marriage likely to fall casualty of the new statute?
Shukan Post provides a 10-point checklist of warning signs that may indicate a split is imminent.
あなたの夫婦関係はこの新しい法律の災難を被りそうだろうか? 
週刊ポストは離婚の危機が迫っていることを示す10の危険信号のチェックリストを用意した。

1. She becomes sullen, and her responses to what you say seem listless and indifferent.
1.あまり喋らなくなった、そして返事が無関心で、素っ気ない。

2. She refuses invitations to go out shopping or eating together, but without stating any reason.
2.買い物や食事に誘っても理由も言わず断る。

3. She stops nagging you about trying to keep healthy, such as complaints about your drinking or smoking.
3.飲酒や喫煙などに文句言うなどの健康維持努力についてがみがみ言わなくなる。

"If she doesn't complain, even if you drag yourself in the door very late when coming home from drinking, don't make the mistake of thinking to yourself that she's become more tolerant or open-minded," warns Sanae Kameyama, a journalist who often writes about divorce.
"The greater apathy a wife shows toward her husband's behavior, the worse the situation may have become."
「飲んで帰宅が大変遅くなってベロベロになって玄関を入ってきてさえも妻が愚痴を言わくても、彼女がより寛容になったとか心が広くなったとが考えるような間違いをしてはいけない。」と離婚についての著書が多いジャーナリストの亀山早苗 (Kameyama Sanae) さんが警告する。
「夫の行動に対して妻が無関心になればなるほど、事態はますます悪化しているかも知れない。」

4. The meals she prepares contain more ready-made or semi-prepared items from the supermarket.
4.食事にスーパーの出来合いやそれに近い食材が増える。

5. She stops meeting your parents or other relatives.
(This may portend preparations for a complete break in family relations.)
5.あなたの両親や親戚と会うことがなくなる。
(これは家族関係の完全崩壊の準備の予兆だろう)

6. You see her engaging in stealthy conversations with your children.
6.子供たちと陰でコソコソ話す光景が多く見られるようになる。

7. She changes her hairstyle or devotes more efforts to creating a fashionable appearance.
("Changes like this may mean that she's begun to search for another man," says Ms. Kameyama.)
7.髪型を変えるまたはファッションを気にするようになる。
(このような変化は他の男を探し始めたことを意味するだろう、と亀山さんは言う。)

8. She begins searching for an attorney or marriage counselor.
("If you catch her reading books with titles like 'Independence' or 'Your second life,' this is a sign that trouble's brewing," notes Atsuko Okano, a marriage counselor.)
8.弁護士や結婚カウンセラーを探し始める。
(”独立”や”第2の人生”などのようなタイトルの本を読み始めたのを目にするのであれば、問題が醸成されつつあるサインである、と結婚カウンセラーの岡野あつこ (Okano Atsuko) さんは言う。)

9. She starts work at a new job or becomes a regular staff member at a company.
9.新しい仕事を始めたり、正社員になる。

10. She begins tallying up your personal assets.
10.あなたの個人資産を算定するようになる。

Positive replies to one to two of these, suggests Shukan Post, might mean she's giving consideration to a divorce.
From three to five, things could get very dangerous unless you show a more conciliatory posture toward your wife.
From six to eight, you're going to need counseling to hold the marriage together.
And if nine or ten, you can expect her to lower the boom at any moment.
週刊ポストの示唆によれば、1~2の質問が当たっている場合は、妻が離婚について考え出していることを意味する。
3~5の場合は、あなたがより妻をなだめるような姿勢を示さない限り、事は大変危険ものになり得る。
6~8の場合は夫婦関係を維持するための話し合いが必要になるだろう。
そして、9~10の場合は、妻にいつ厳しいことを言われてもおかしくない。

Does this mean there's nothing a husband can do to get back in his wife's good graces?
If you care enough to try to head off the looming disaster, there are things you can try.
"It might be hard to get a conversation started, but you can make use of opportunities such her birthday or your wedding anniversary to take her to a restaurant, or invite her to take a trip with you," Ms. Okano suggests.
これは夫には妻の愛情を取り戻す術はないことを意味するのか? 
もしあなたが差し迫った災難を回避するための努力に十分に配慮するならば、いくつか試せることがある。
「会話を始めることは大変だろうけれども、食事に連れて行ったり、夫婦旅行に招待するために、彼女の誕生日や結婚記念日などの機会を利用することができる。」と岡野さんは提言する。

But taking her overseas may not be a good idea.
しかし、海外旅行に連れて行くのは良いアイデアではないだろう。

"It will just highlight your inability at foreign languages and make you look bad," Okano adds.
Middle-aged couples are not immune to the 'Narita divorce,' phenomenon, where something bad happens on an overseas trip and they split upon return to Japan."
「それは、あなたに外国語能力がないことを際立たせ、格好悪く見せるだけです。」と岡野さんは付け加える。

Be as it may, the picture that's emerging is that many of the postwar baby boomers who will be retiring at age 60 from 2007 are facing the dismal prospect of no job, no wife, and only half a pension.
That's not much of a future to look forward to, Shukan Post sighs.
そう言ったものの、浮かび上がってくる情景は2007年から60才定年を迎える戦後団塊の世代の多くは仕事もなく、妻もなくそして年金も半分しかないという暗い前途に直面するというものである。
それはあまり期待するべき将来ではない、と週刊ポストはため息をつく。

(By Masuo Kamiyama, People's Pick contributor.)
September 9, 2006

###

Dissatisfied wives waiting to spring trap on hapless hubbies


納品:7/15 (SpilyayA5)

拡散状況

CRNジャパン(日本の子供の人権ネットワーク)
http://www.crnjapan.com/articles/2006/en/20060909-alimonypension.html
Orient Expat
http://www.orientexpat.com/forum/index.php?showtopic=9510


関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。