Japan's new national pastime? Panty peeking


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。




"Japan's new national pastime? Panty peeking"

「日本の新しい国民的娯楽?パンティのぞき見」

20060531p2g00m0dm013000c
Over the past few years, the careers of some of Japan's best and brightest young talents have been squandered as they were caught trying to catch sneaky glances at women's panties, Weekly Playboy (6/12) notes.
ここ数年、日本の高学歴の若い才能が、女性のパンチラを捕らえようとするために無駄遣いされてきた。週刊プレイボーイ。

At times it can seem as though panty watching is almost a national pastime and many men openly admit that they'd prefer to see a woman in her undergarments than totally bereft of clothes.
時々、パンティウォッチングはほとんど国民的娯楽のようにすら思われる。また、多くの男性が衣服が完全に取られた状態よりも、下着を着けた状態の女性を見る方が好きであると公然と認めている。

"The lure of women's panties runs very deep," T, a self-professed panty pioneer having traded and smelled hundreds of thousands of pairs of women's knickers, tells Weekly Playboy.
"That single piece of cloth covers up a woman's most intimate areas.
That changes the mere piece of cloth into a mysterious garment.
A woman's private parts are the part of her furthest away from a man, which makes them the most interesting part of her as far as men are concerned.
And it's those panties offering the woman's most interesting part, its last line of defense against the outside world.
That's why panties are romantic."
「女性のパンティの魅力は実に深いのです。」と何十万もの女性用下着を売買し臭いを嗅いできた自称パンティパイオニアのTは週刊プレイボーイに言う。
「あの単なる布きれは、女性の最も秘めた部分を覆っています。そのことが、単なる布きれを神秘的な衣服へと変えます。
女性の陰部は男性から最もかけ離れた部位であるからこそ、男性にとっては最も興味深い場所なのです。
そして、女性の最も興味深い部分における外界からの最後の砦となるのがパンティです。
だからパンティはロマンティックなのです。」

There are other opinions about the allure of undies.
下着の魅力については、別の意見もある。

"There's nothing romantic about the way some men see women's panties.
Those types who commit criminal acts just to get a glimpse up a woman's skirt are the ultimate masochistic-narcissists.
They're screaming out to the world that they're incorrigibly kinky," Hayama, a writer of erotica also well versed in psychology, tells Weekly Playboy.
"Recently, there's been a huge upsurge of masochistic narcissists who revel in the fact that women find them repulsive.
The growth is particularly noticeable among intellectuals and academics."
「ある種の男たちが女性のパンティを見るやり方は全くロマンティックではない。
チラ見をするがために女性のスカートをめくりあげるという犯罪行為を犯すタイプは、究極のマゾ的ナルシストである。
彼らは自分が救いようのない変態であるということを世間に向って大声で叫んでいる。」と心理学にも精通しているエロ作家のハヤマは週刊プレイボーイに語る。
「近年、女性が自分を拒絶していることで興奮するマゾ的ナルシストが急増している。
この増加は、インテリ層やアカデミック層において特に顕著である。」

Japan's briefs buffs generally hate skirts more than anything else.
Shrinks say they're not surprised.
日本の下着マニアは、総じてにスカートを何よりも嫌う。
それは驚かない、と精神科医はいう。

"Being able to catch a glimpse of something that you can't normally see provides an incredible amount of pleasure.
If women always went around dressed only in their panties, nobody would ever get excited, right?" psychologist Hideki Wada tells Weekly Playboy.
"Men are animals with an extraordinarily strong sense of curiosity.
If something is hidden, or they are forbidden from seeing it, they only want to get their hands on it even more."
「普段見ることができない何かを見ることができると、それは信じられないほど大きな喜びをもたらします。
もし女性が常にパンティしかはいてなかったら誰も興奮しないでしょ?」と心理学者のワダ・ヒデキは週刊プレイボーイに語る。
「男は、好奇心がとてつもなく強い生き物なんです。
もし、何かが隠されていたら、または、見るのを禁じられていたら、なおさらそれを見ようと思うんです。」

SOURCE: Ryann Connell on Mainichi Daily News

拡散状況

英語サイト
http://www.japanprobe.com/?p=140
http://www.outpostnine.com/forum/showpost.php?p=211926
http://sgforums.com/forums/2427/topics/205511
http://softnsweet.com/modules.php?name=News&file=article&sid=35
Blogger:その他
部分転載;http://astrandedgeek.blogspot.com/2006/06/others-weird-stuff-on-net_03.html


関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。