Schoolgirls sniff gold in pantie crackdown

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。




Schoolgirls sniff gold in pantie crackdown

「パンティー取締りの陰で、女子高生たちが金の臭いを嗅ぐ」

(2004年6月19日配信)

Naughty Japanese schoolgirls lost one of their greatest sources of pocket money earlier this month after the Tokyo Metropolitan Government outlawed the trade in soiled knickers from the underaged, according to Shukan Taishu (6/28). Tokyo's Burusera Ordinance, which takes its name from the Japanese-English contraction of the words "bloomer seller," bans the purchase of used panties from anybody under the age of 18, as well as any activities that would facilitate such a sale.
みだらな日本の女子学生たちは、今月はじめに東京都が未成年者の汚れたパンティーの売買を違法として禁止した後、彼女たちの最大の小遣い銭稼ぎ源を失った。週刊大衆6月28日号より。東京都ブルセラ条例("bloomer seller"の日本語略語から名付けられた)は18歳以下の青少年からの使用済みパンティーの購入、および、そのような販売を促進するような一切の活動を、を禁止した。

Offenders of the ordinance enacted June 1 face a fine of up to 500,000 yen.
6月1日に制定された同条例の違反者は50万円の罰金を強いられる。

"There were about 30 burusera shops, mostly in Shibuya and Shinjuku, but more than 10 of these have already shut down. A lot of online burusera sites have already stopped trading, too," adult entertainment industry writer Yukio Murakami tells Shukan Taishu. "Authorities have apparently cracked the whip. I think this probably means the end of burusera stores."
「渋谷と新宿を中心にブルセラショップは約30店あったが、10店以上がもうすでに閉店した。同じく、多くのオンラインブルセラサイトはもうすでに売買を停止した、」とアダルト娯楽産業系作家のムラカミ ユキオ氏は週刊大衆に言う、「当局は明らかに法のムチを振り下ろした。これはおそらくブルセラショップの終焉を意味すると思う。」

Burusera shops look bust and sordid schoolgirls appear out of pocket. But that doesn't mean the trade in soiled skids won't continue.
ブルセラショップは壊滅したと思われ、あさましい女子学生たちは損をしたようである。しかし、それはオリモノで汚れたパンティー売買が続かなくなると言うことではない。

"Underage sellers aren't punished under the ordinance, so the girls are pretty composed about the whole thing," says Gomez Yamada, a writer specializing on teen girl topics. "The ordinance may have shut down the burusera stores, but it has only sparked a thriving trade in schoolgirls using mobile phone sites to conduct direct sales to customers without needing a middleman. They'll arrange to meet in some dark spot like a karaoke box or beside a building, then remove and hand over their panties on the spot in exchange for payment. What's more, they're charging 5,000 to 10,000 yen a pair, about five times what they would have got from a burusera shop. Some girls are even happy the ordinance has come into effect because it's done away with the burusera shops that were eating into their profits."
「未成年の売り手たちはその条例では罰せられない、だから少女たちは総じて極めて冷静である、」と10代少女の話題を専門とする作家のヤマダ ゴメスは言う、「その条例はブルセラショップを閉鎖したであろう、しかし、それは仲介人を介さずお客の直接販売を可能にする携帯サイトを利用した、女子学生たちの儲かる商売に火を付けただけである。彼女たちはいくつかの人目につかない場所(カラオケボックスや建物の影のような)を待ち合わせの場所にしておき、そのような場所でお金と交換でパンティーを脱いで手渡すだろう。それどころか、彼女たちはパンティー1枚につき5000円から1万円を請求するだろう、これは彼女たちがブルセラショップから得ていた金額の約5倍となろう。ある少女たちにとってその条例が実施されればうれしいすらあろう、なぜならば、それは彼女たちの利益をピンハネしていたブルセラショップを潰すものであるからである。」

Panty selling girls have already found ways to circumvent the crackdown on selling skives.
パンティーを売っている少女たちはもうすでにパンティー販売取締の裏をかく方法を見つけている。

"We put photos of us in our school uniforms up for sale at about 4-5,000 yen each, then provide some dirty panties as a free giveaway to buyers. That way, we're selling photos," a 17-year-old schoolgirl identified only as Miss A tells Shukan Taishu.
「私たちは制服を着た写真を1枚4~5000円で売りにだす、それで何枚かの汚れたパンティーをサービスをして提供する。ようは、私たちは写真を売っているわけ。」と女Aとだけ名乗る17才の女学生が週刊大衆に説明する。

It could be an effective plan.
期待した効果がありそうなプランだ。

"Even the metropolitan government would have a hard time outlawing the sale of photos," a domestic news reporter on a major daily says.
「東京都と言えども写真の販売を不法行為として取り締まるには苦労するだろう。」と主要日刊紙の国内新聞記者は言う。

Another 17-year-old, referred to as Miss B, claims she can still make a yen catering to those who don't want a whiff of trouble, but would settle for something else.
女Bと言う別の17才は、トラブルに巻き込まれたくないけど、何か他のもので良いという奴らを対象にして、まだお金を稼ぐことができると主張する。

"You don't need to sell your panties. Now, the thing to do is just let the guys pay to smell the knickers you're wearing," she says. "Girls we call kagaseya (sniffers), get about 10,000 yen for a date with a guy. They take him into a karaoke box, then let him stick his head up their skirt and sniff between their legs to his heart's content."
「パンティーを売る必要はない。そこで、やることは奴らに着ているパンティーの臭いを嗅がしてお金を払わせるわけ、」と彼女は言う。「私たちが嗅がせ屋(sniffers)って呼んでいる女の子は1人のオトコとデートして1万円ぐらい稼ぐ。彼女たちはオトコをカラオケボックスに連れ込んで、オトコにスカートの中に頭を突っ込ませてそれで股間を心ゆくまでクンクン嗅がせてあげる。」

Schoolgirl specialist Yamada warns the enterprising entrepreneurs not to get ahead of themselves.
女子学生スペシャリストのヤマダはそんな先進的実業家たちは背伸びしないように警告する。

"Everybody starts off thinking that just selling their panties is not too bad, but about 90 percent of those girls end up prostituting themselves within six months, no, three months of making their first panty sale," he tells Shukan Taishu. "Lots of girls feel liberated by dropping their panties. Next thing they know, though, they've dropped their guard, too."
「みんなは彼女たちのパンティーを売っているだけなら全然悪くないと考えだすが、そんな少女の90%は最後には売春するようになる、最初のパンティーを売ってから6ヶ月以内に、いや違う、3ヶ月。」と彼は週刊大衆に言う。「多くの少女たちはパンティーを下ろすことによって開放感を感じる。しかし、次に彼女たちが知るのは、ガードも下ろしてしまったことである。」

※ 署名なし

June 19, 2004

###


編集中:7/17

拡散状況

CRNジャパン(日本の子供の人権ネットワーク)
http://www.crnjapan.com/abuse/aarticles/2004/en/20040619-waiwai_burusera.html
英語サイト
http://forums.beyondunreal.com/showthread.php?t=138192
Schoolgirls sniff gold in pantie crackdown (オランダサイト ノルウェー語)
http://www.vegan.nu/forum/index.php?iso=no&topic=18758&c=1
Mainichi - Schoolgirls Sniff Gold in Pantie Crackdown (スペインサイト Ecxite.スペイン)
http://directory.excite.es/regional/asia/japan/society_and_culture/issues


関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。