Boy named 'Devil' rises up from hell after parents abandon him


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。




"Boy named 'Devil' rises up from hell after parents abandon him"

「悪魔と名付けられた少年は両親に見捨てられた後地獄から立ち直る」

(2006年8月15日配信)

It's all worked out to plan in a way because, from the moment he was born and perhaps even earlier, the poor little boy was destined to have a devilish life - literally, according to Shukan Shincho (8/17-24).
ある意味で緻密に計画されていた、なぜならば、彼が生まれた瞬間、そしておそらくそれさえよりも前から、その気の毒な小さな少年は悪魔のような人生を送ることが運命づけられていた-文字通り、週刊新潮(8月17-24日号)より。

The boy is Akuma, the Japanese word for "devil" and the name given to a child who caused a great fuss throughout Japan in the mid-'90s, embroiling even the Justice Minister into the fierce arguments that broke out over whether he could be named after the embodiment of evil.
その子は悪魔、"devil"に当たる日本語であり、その名前は、90年代半ばに日本全国での(法務大臣さえも悪の化身に因んだ名前を付けることができるのであろうかとういうことで突発した激しい議論に巻き込まれた)大騒ぎの原因となった、子供に付けられた。

Akuma, as we'll call the boy, is now a strapping young lad of 13 in his first year of junior high school, but he has sure had a devil of a time since he made headlines not long after his birth.
悪魔、我々はその子をそう呼ぶ、は今やたくましい13才の少年で中学1年生であるが、彼は生まれて間もない頃にメディアを賑やかせて以来、確かに酷い一時期を過ごした。

Back in July 1993, Akuma's father, then a 30-year-old hostess club operator in the Tokyo suburb of Akigawa, and his mother, a 22-year-old woman, made pen pushers across the country petrified when they registered his birth using the name "Akuma."
1993年7月に遡り、悪魔君の父親(当時30才、東京都郊外秋川市 *1 ホステスクラブ経営)と彼の母親(22才)はその子の出生届に「悪魔」という名前を登録したことから、全国の”暇で役立たずども(の市役所職員)”を驚愕させた。

Akigawa City Hall officials initially accepted the application, but the Tokyo Legal Affairs Bureau rejected the name.
Akuma's dad filed a complaint against the bureau's decision and the spat went nationwide.
秋川市役所 *2 は当初その申請を受理したが、東京都法務局はその名前を却下した。
悪魔君の父親が法務局の決定に対して不服を申し立てた、そしてこのいざこざが全国的に知れ渡った。

"Until Akuma's official name could be decided, he officially didn't exist for months.
The only alternatives the father would accept used different characters, but still referred to his boy as Akuma," a reporter who covered the case tells Shukan Shincho.
"The father was saying he planned to call his next children 'Teio (Emperor)' and 'Bakudan (Explosion).'"
「悪魔君の正式名が決定できるまで、何ヶ月間も彼は公式には存在しなかったことになる。
唯一の選択肢として彼の父親は違う漢字を使うことを受け入れたが、それでも彼の子供を悪魔と呼んでいた、」とこの事件を取材しているある記者は週刊新潮に言う。
「その父親は次の子供たちを”帝王”と”爆弾”と呼ぶことを計画していると言っていた。」

Akuma eventually got a formal name and the topic that everybody had been talking about died down.
But that was when demons really started affecting the boy named after the Devil.
"He's irresponsible father couldn't keep his business afloat and went broke in 1994.
Two years later, his parents divorced," the hack says.
"Not long after that, the father was convicted of drug charges and sent to prison."
悪魔君はやがてある正式な名前が付けられ、そして誰もが話題にしていたこの話題も静まった。
しかし、悪魔たちが本当にその悪魔に因んで名付けられた子供に影響を及ぼしだしたのはその後であった。
「彼の無責任な父親は商売を続けることができずに1994年に破産した。
2年後、彼の両親は離婚した、」とタブロイド記者は言う。
「それからまもなくして、その父親は薬物使用により有罪となり収監された。」

A relative of Akuma's picks up the story.
ある親族の悪魔君について掻い摘んで。

"After the divorce, the father was awarded custody of the boy, but the boy was left alone when his dad was sentenced to serve time.
At about the time he was about due to go to kindergarten, he was put into a Boy's Home," the family member tells Shukan Shincho.
"He was on the soccer team all through elementary and junior high school.
He's only small, but he's good enough to be captain. He wants to become a professional soccer player.
He spends his summer holidays with relatives and always goes back to the Boy's Home with a really good tan."
「離婚の後、父親はその子の養育権を得たが、彼の父親は懲役刑の判決を受けたので彼は1人残された。
彼が幼稚園に行くようになる頃に、彼はある児童養護施設に入れられた、」とその親族は週刊新潮に言う。
「彼は小中学校の間ずっとサッカーチームにいた。
彼は少し小さいが、キャプテンとして良くやっている。彼はプロサッカー選手になりたいと言っている。
彼は夏休みには親戚たちと過ごし、いつも良く日焼けしてその児童養護施設に戻る。」

Akuma's dad has done his time, but has asked that his son remain in the Home because he doesn't have the money to look after him. His mother also remains off the scene.
悪魔君の父親は刑期を終えたが、彼の息子の面倒を見るお金がないので、彼の息子を施設にとどめておくように頼んでいた。彼の母親もまた蚊帳の外である。

"No kidding, huh? He's in the Boy's Home? I had no idea," she tells Shukan Shincho.
"I looked after him for a while when my ex-husband was arrested.
But all sorts of stuff went on and I had to give him up to the Home.
I thought my ex-husband's family was still looking after him.
I don't know what happened after that. I'm always praying that the boy is happy.
My ex-husband told me that when he turns 16, he would let me meet him if he wanted to see me.
Even if it's only once, I'd like to see what he looks like all grown up."
「まさか、は? 彼は児童施設にいるって? 知らなかった、」と彼女は週刊新潮に言う。
「元ダンナが逮捕された直後しばらくは、私があの子の面倒を見ていた。
でも、お金などすべてがなくなって、彼をその施設に入れなければならなかった。
私は元ダンナの家族がまた彼の世話をしていると思っていた。
そのあと何があったか知らない。私はいつもあの子が幸せでいることを祈っている。
元ダンナはあの子が16才になったら、もしあの子が私に会いたいというのなら、あの子に会わせてくれると言った。
たった一度でもいいから、あの子が大きくなった姿を見てみたい。」

(By Ryann Connell)
August 15, 2006
ライアン・コネル
2006年8月15日
###

Boy named 'Devil' rises up from hell after parents abandon him
The Mainich Shimbun - Waiwai article
August 15, 2006
Source: http://mdn.mainichi-msn.co.jp/waiwai/news/20060815p2g00m0dm009000c.html
http://www.crnjapan.com/articles/2006/en/20060815-boy_named_akuma.html

納品:7/17

拡散状況

CRNジャパン(日本の子供の人権ネットワーク)
http://www.crnjapan.com/articles/2006/en/20060815-boy_named_akuma.html
英語サイト
http://www.asianmc.net/index.php?showtopic=363


関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。