Hokkaido villages keep marriage vows all in the family

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。




Hokkaido villages keep marriage vows all in the family

北海道の村は結婚の誓いをすべて家族内で維持している


Close family relationships have always been a part of Confucian-influenced Japan, but sometimes the ties can be a bit too close, according to Jitsuwa Knuckles(May).
実話ナックルズ(5月号)によると、緊密な家族の関係はいつでも儒教の影響を受けた日本の一部だったが、ときにその結びつきは少しばかり緊密になりすぎることがありうる。

Cousins are legally permitted to marry under Japanese law, but the practice is generally frowned upon, except apparently for a small village in southern Hokkaido where it remains common practice for the children of brothers and sisters to grow up and inter-marry, the monthly claims.
いとこは日本法の下では法的に結婚を許されているが、その慣例は、一般に冷ややかな目で見られる。ただし北海道南部の小さな村は例外である。そこでは、兄妹や姉妹の子供達が大人になってから近親結婚する習慣が残っている。同月刊誌はそう主張する。

Incestuous marriage has a long history in Japan, with many samurai families made up of the offspring of siblings, but since the Emperor Meiji moved the country into the modern era from 1960s, attitudes have largely changed, though Hokkaido appears to remain a little different.
近親結婚は日本では、兄弟姉妹の子孫を構成した沢山の侍の家系で、長い歴史を持つ。明治天皇が国を1960年代から近代へ移行して以来、考え方は大きく変わったが、北海道は少し違ったままのようだ。

“Once Japan entered the Meiji Era (in 1868), the government actively encouraged people to emigrate to (than sparsely populated) Hokkaido and though the cities there filled quickly, there were still plenty of small villages that were nothing more than scattered settlements.
If people in those places wanted to get married, there was nobody else around bar family.
That’s what led to the high instance of marriages amongst cousins in Hokkaido,” a professor from an unnamed private university in Hokkaido tells Jitsuwa Knuckles.
「一旦日本が明治時代(1968年)に入ると、政府は人々に(より人口が希薄である)北海道への移住を積極的に奨励し、そこの都市はすぐに定員いっぱいになったが、まだ沢山の散在する集落しかない小さな村があった。
もしその土地の人々が結婚したいなら、まわりには家族を除いて他にいない。」と無名の私立大学教授は実話ナックルズに語る。

Marriages among cousins were apparently important for families to get the labor they needed to keep their farm afloat.
いとこ間での結婚は家族にとって彼らが自分達の浮動する農場を維持するのに必要とする働き手を得るために重要だったようだ。

“It was rare for small villages to get any news from outside filtering in and they remained very closed societies.
They didn’t have the ability to judge subjectively about whether it was right that their marriage partners were also relatives.
They had absolutely no idea that what they were doing was taboo,” the professor says.
“What wasn’t expected was that the practice became a custom before anybody really realized it, and was soon a tradition that people felt obliged to maintain.”
「小さな村々が外から漏れ込むどんなニュースでも手に入れるのはまれであり彼らは依然として非常に緊密な社会のままだった。
彼らは彼らの結婚相手もまた親戚であるということが正しいのかどうかを客観的に判断する能力を持たなかった。
彼らは自分達がしていることはタブーであることが完全に全く分からなかった。」と教授は言う。
「予想外だったのは誰かが本当に気づく前にその実践が慣習になったことであり、まもなく人々が維持のための義務だと感じる伝統になったことだ。

The professor continues: “Even now in part of Hokkaido, marriage among cousins continues, albeit in small numbers.
I’ve talked to children of parents who were also cousins.
They said their parents weren’t forced into their marriage and they had been a love match.
What is different about the area, though, is that even though they were relatives getting married, there was no outcry from other parts of family.”
教授はこう続ける:「現在でさえ北海道の一部では、少数ではあるが、いとこ間の結婚は続いている。
私はやはり親がいとこ同士だった子供達に話しかけたことがある。
彼らは自分たちの両親は結婚を強制されたのではなくとても愛していると言った。
地域によって異なることだが、彼らは親戚同士が結婚したとしても、他の家族からの激しい抗議はなかった。」

Others say the “kissing cousins” were in fact even closer still.
“They weren’t cousins. It used to marriages among brothers and sisters,” 36-year-old Hokkaido resident Soichiro Okumura tells Jitsuwa Knuckles.
“I heard this from my grandma, but it’s a true story that happened in the village where I grew up.
A woman filled out a birth certificate, saying one of her children actually belonged to her younger brother and his wife.
That girl grew up to marry her cousin (the son of the natural mother) which meant she was actually marrying her (biological) brother.
Management of the family registers wasn’t so good in those days.
“It was certainly common for the families to raise relatives’ children as their own, including filing the odd birth certificate where the names of the real parents weren’t always accurately filled in.
This also resulted in a number of sibling marriages when people thought they were only tying the knot with a cousin.
他の人は『キスするほどの仲のいとこ』は実際につい最近でさえも存在したと言う。
「彼らはいとこではありませんでした。以前は兄妹姉妹間で結婚したものです。」と北海道在住の36歳オクムラソウイチロウは実話ナックルズに語る。
「私はこれを祖母から聞きましたが、私が育った村で起きた本当の話です。
ある女性が、実際には自分の弟と彼の妻に属する子供を自分の子供だと言って、出生届を記入しました。
その少女は成長して、実際には自分の(生物学的な)兄との結婚を意味するのですが、自分のいとこ(産みの母の息子)と結婚しました。
戸籍謄本の管理は当時あまり良くありませんでした。
「その家族にとって、本当の両親が正確に記入されるとは限らない異様な出生届けに記入することを含めて、親戚の子供を自分の子として育てるのは確実に日常のことでした。
人々が彼らはただいとこと結婚するだけだと考えたとき、このことはやはり沢山の兄弟姉妹の結婚という結果になりました。

“The same pattern also led to cases where uncle married nieces, or so I’ve heard,” the private university professor tells Jitsuwa Knuckles.
“In there cases, though, it was a long time ago when births took place in the home and not under the guidance of a proper gynecologist in a maternity hospital like they do now.
Mind you, 40 years ago is still only a short time ago.
But, considering what was going on, I’m not surprised there aren’t too many reliable records left.” (By Ryann Connell)
「同様のパターンがまたおじが姪と結婚するケースを導いた、と私は聞いたかも知れない。」と私大教授は実話ナックルズに語る。
「しかし、それらのケースでは、それは現在私たちがするような適切な産科病院の婦人科医の指導を受けずお産を自宅で行った昔のことだ。
いいかい、40年前とはまだほんの少し前のことだ。
だが、し続けていたことを考えると、私は残された信頼できる資料があまりないのを驚かない。(ライアン・コネル)

2段落目最後の "the monthly claims" の部分が翻訳できませんでした。お手数ですが、どなたかフォローをお願いします。

追記

直しときました。直訳なら「その月刊誌は主張した」です。(20080719)

拡散状況

英語サイト
http://www.peoplesrepublicofcork.com/forums/showthread.php?t=101608


関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。