Gals sell soles to give platform-shoe trend the boot


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。




Gals sell soles to give platform-shoe trend the boot

ギャルたちは厚底ブーツの流行をお終いにするためにソウル(靴底)を売る

Gals sell soles to give platform-shoe trend the boot 2001,04,24
Friday 5/4 by Ryann Connell
ギャルたちは厚底ブーツの流行をお終いにするためにソウル(靴底)を売る 2001,04,24
FRIDAY 5/4 ライアン・コネル記
1
Two years ago, young Japanese girls would just about sell their sole, er, soul to get their feet into platform shoes.
Thick shoes that elevated the wearer dozens of centimeters off the ground became all the rage as girls competed to see whose shoes could lift them further into the stratosphere.
In fact, so harsh was the competition, falls from women clad in the chunky footwear resulted in deaths.
But, Friday (5/4) says, girls have given platform shoes the boot.
It seems the "geekish" boots have gone the way of the dyed-hair, gaudily made-up girls who wore them but are now rarely seen on the streets of Harajuku and Shibuya.
2年前は、若い日本人のほとんどは、靴底(ソウル)、じゃなくて、魂(ソウル)を売ってでも、厚底靴の中に自分の足を突っ込んだものだった。
履いた人の体を地面から数十センチ上昇させる厚い靴は、誰の靴が成層圏にいたるまで高く持ち上げるかを見てみようと彼女たちが競争しため、大流行した。
実際、競争があまりに過酷だったので、この分厚い履物をはいた女性が落下した結果死んだほどだった。
しかし、FRIDAY(5/4)がいうには、少女たちは厚底靴を、古い靴を放り捨てるようにお払い箱にしたのだ。
どうやらこの風変わりなブーツは、髪を染めてケバケバしい化粧をした少女たち――かつては厚底ブーツをはいたが今では原宿や渋谷の通りではめったに見られない――と同じ運命をたどったように思われる。
2
But, the men's weekly says, the demise of the boots sparked Minute Japan, a shoe repair franchise, into action.
しかし、FRIDAYがいうのだが、厚底ブーツの絶滅は、靴修理のフランチャイズ・ミニットジャパンの行動に火を付けた。
3
According to Friday, for a fairly hefty fee of 4,000 yen a shoe, it will reduce the size of the bottom of a platform shoe to that of regular footwear.
And Minute Japan is getting so much business it may one day have to shoe, sorry, shoo potential customers away.
FRIDAYによると、一足あたり4000円というずいぶん法外な手数料で、ミニットジャパンは厚底靴の底のサイズを縮めて通常の靴のサイズにする。
そしてミニットジャパンはあまりに忙しくなったので、いつの日か未来の客をシュー、じゃなかった、シィーといって追い払わなくなるかもしれない。
4
"From about the start of this year we began to get a large number of inquiries from girls who wanted to know if we could thin out their platforms," a Minute Japan spokesman says.
"So we decided to offer the service permanently from February."
「今年の初め頃から、とてもたくさんの問い合わせが来始めました。それらは、私たちが上げ底を薄くして無くせるかどうか知りたがった少女たちからのものでした」とミニットジャパンのスポークスマンはいう。
「なので、私たちは2月からずっと正式にこのサービスを提供することにしました」
5
And it seems that despite the heavy bill they have to foot for the service, young women aren't going through much sole-searching to use it because it's still far cheaper than forking out money for a new pair.
どうやら、少女たちがこのサービスに支払いをしなければならないかなりの額の勘定書にも関わらず、若い女性たちはサービスを利用するためにこれ以上靴底を減らして探しまわらなくてもいいようだ。なぜなら、このサービスは新しい靴一足のために支払うよりも、まだずっと安いのだから。
6
"I never wanted to wear those boots again and thought I'd never be able to," says a 16-year-old Osaka girl who's just had her platforms flattened.
"I can wear these boots again. I'm really, like, happy, ya know."
「私はこのブーツをもうちっとも履きたくなかったし、履けないだろうと思いました」と、厚底ブーツのかかとを低くしたばかりの大阪の16歳の少女は言う。
「これでこのブーツをまた履くことが出来ます。わたしは、もう、とっても幸せなんですよ」
7
Despite the success of the business, Friday worries that with even teen-age girls choosing to have footwear fixed instead of buying new items, it could prove to be a heavy boot in the butt for the Japanese economy.
このビジネスの成功にも関わらず、ティーンエージャーの少女たちが新しい商品を買う代わりに靴を修繕してもらうなどといったことが、日本経済に重いブーツでケリを食らったような悪影響を与えることにならないか、とFRIDAYは心配している。
8
April 24, 2001
2001年4月24日

参考資料

ミニットジャパン(ミニット・アジア・パシフィック株式会社)
http://www.minit.co.jp/

拡散状況

英語サイト
http://www.syberpunk.com/cgi-bin/index.pl?page=news2

翻訳の変更

タイトル
ギャルたちは厚底ブーツを流行らせるために平底の靴を売る
→ギャルたちは厚底ブーツの流行をお終いにするためにソウル(靴底)を売る


関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。