For TV idols, an IQ isn't a plus


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。




For TV idols, an IQ isn't a plus

アイドルにとってIQの高さはプラスとは限らない

For TV idols, an IQ isn't a plus 2001,04,30
DaCapo 5/2 by Ryann Connell
アイドルにとってIQの高さはプラスとは限らない 2001,04,30
ダカーポ 5/2 ライアン・コネル記
1
Japan is going wild over idiots, according to DaCapo (5/2).
Though some would argue that dills have always dominated Japan's TV screens, it seems nowadays that a starlet's greatest virtue lies in being a bimbo.
日本は愚か者に熱狂している。ダカーポ(5/2)より。
脳タリンはつねに日本のテレビ画面を制覇してきたというものもいるが、こんにち、売り出し中の若手女優の最大の美徳は馬鹿女であることにあるように思える。
2
Some say the superiority of celebrities' silliness is sensible.
馬鹿っぽい有名人が蔓延するのは理にかなっている、という人もいる。
3
"They'll react to events in ways that're totally unexpected," TV Guide Editor in Chief Hidekazu Tanaka says.
"About 17 or 18 years ago, celebrities were just manufactured idols created by corporate suits. Even if they 'deigned' to answer any questions we reporters had for them, it was always in words their minders had fed them. Virtually no performer was capable of speaking in their own words. Then, times began to change and so did celebrities. People began demanding performers capable of anything. Now, they want celebrities who don't act like celebrities. It's a time when idiots reign supreme. If times are good, business is booming and people are busy going about their daily tasks, they can cope with the idea of manufactured stars. But in today's mindnumbing conditions, I suppose people want to see somebody goofy that will make them laugh."
「有名人は出来事に対して完全に意外なやり方で反応します」とTVガイドの編集者・田中秀一はいう。
「17、8年くらい前は、有名人は会社のおエライさんによって生み出されて製造された偶像に過ぎませんでした。たとえ彼らがありがたくも我々レポーターの質問に答えてくださったとしても、それはつねに、彼らのマネージャーが彼らに吹き込んだ言葉でしゃべられました。自分自身の言葉で話すことができる出演者は事実上誰もいません。そして、時代は変わり、有名人も変わりました。大衆は出演者にどんなこともできることを要求しはじめました。今では、大衆は有名人に有名人ぽくない行動をして欲しいと思っています。現在は愚か者が最高の地位を掌握する時代です。もし景気がよければ、商売は大繁盛し、人々は日々の職務に駆けまわって忙しく、作られたスターなるものにうまく付き合うことができます。しかしこんにちの退屈でつまらない状況では、間抜けなやつを見てそいつを笑いものにしたいのでしょう」
4
Renowned celebrity reporter Masaru Nashimoto says the popularity of nincompoops goes a bit deeper.
有名人レポーターとして名高い梨元勝は、バカ者の人気が深く浸透し過ぎだという。
5
Years ago, comedians and variety show performers would either calculate how to get a giggle or were manipulated in such a way that they'd get one. But people now are better off and feel better about themselves. Now, they don't want something made up. They're looking for real laughs," Nashimoto tells DaCapo.
"Also, I think that some people get a certain sense of superiority when they see how stupid a particular actress is, and can say to themselves, 'Hey, that famous actress doesn't even know that simple thing.' "
「数年前、コメディアンやバラエティーショーの出演者は、笑いの取り方を計算できるか、笑いを取れるよういじられるか、のどちらかでした。しかし今では人々は贅沢になってきて、自分がとても気分が良くなりました。今、人々は作られたものをほしがりません。人々は本物の笑いを探しています」と梨本はダカーポに語る。
特定の女優の馬鹿さ加減を見て自分自身に『ほら、あの有名な女優はあんなに簡単なこともわからないんだぜ』と言えるときに確かに優越感を感じる人もいると私は思います」
6
Psychiatrist Shizuo Machisawa sees celebrity stupidity in a similar sort of light.
精神学者の町沢静夫 *1 は有名人の馬鹿さ加減を同じような視線で観察する。
7
"If being dopey means acting childishly, I suppose it could have the effect of putting some people at ease. I think it's fair to say that there's something relieving about watching those silly women nowadays -- in a time when relationships with other people are so difficult to maintain. It used to be much easier to deal with other people. If somebody ranked higher than you, you bowed down to them. People's status determined the way that others reacted to them. Now, though, people are more concerned about everybody else, regardless of whether they rank higher or lower. Kids aren't respectful of their parents," Machisawa says.
"Growing numbers of people are suffering from Lunch Meeting Syndrome, that is, they're terrified by the idea of inviting somebody else to eat lunch with them. In a society making huge demands of its members to show such great concern for others, there's also probably a huge demand for inane twits who have the gift of automatically putting other people at ease."
「もし間抜けであることが行動が幼稚なことを意味するなら、それは誰かの気を楽にする効果がある、と私は思います。他者との関係を持続することがとても難しい時代であるこんにちでは、バカバカしい女たちをみると何か安心するものがある、ということは疑いないと思います。以前は人付き合いはもっと簡単でした。もし誰かが自分より上位だとランク付けされれば、その人には従いました。人々の地位は他者の反応の仕方を規定しました。ですが、今では、人々はみんなのことを気にし、相手のランクが高いか低いかは関係なしです。子供は親を尊敬しません」と町沢はいう。
「ランチミーティング症候群に苦しむ人の数が増大中です。つまり、ランチを共に食べるために他者を招くということを考えると彼らは怯えるのです。他者への関心を過剰に示すことを成員に強く要求する社会の中では、おそらく、他の人を自動的に気楽にする才能を持った馬鹿げた脳タリンに対して、膨大な需要があるのでしょう」
8
Machisawa can also see plenty of reasons behind why idiot icons are almost invariably women.
なぜ愚かな偶像がほとんどいつも女性か、という理由の背後にあるものをたくさん、町沢は見抜くことが出来る。
9
"People have this mindset that when it comes to work, the economy, or society, men must be in charge," he tells DaCapo.
"But, in Japan, aspects of society still haven't fully accepted women. That's why people can see them and feel comfortable watching them make idiots out of themselves."
職場や経済や社会では男性が仕切らなければならない、というマインドセットを、人々は持っています」と彼はダカーポに語る。
「しかし日本では、社会は未だ女性を完全に受け入れる状況になっていません。それが、大衆が彼女たちを見て彼女たちが馬鹿なことをするのを観察しながら心地良く感じる理由です。
10
April 30, 2001
2001年4月30日

参考資料

田中秀一
TVガイド編集長
梨元勝
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A2%A8%E5%85%83%E5%8B%9D
町沢静夫(マチザワ)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%BA%E6%B2%A2%E9%9D%99%E5%A4%AB

拡散状況

英語サイト
http://www.syberpunk.com/cgi-bin/index.pl?page=news3


関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。