ピースボート豪華世界一周を「惨憺旅行」にした責任者

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。




'Peace Boat' cruises aren't all they're cracked up to be

”ピースボート”クルーズは彼らの期待通りではない

ピースボート豪華世界一周を「惨憺旅行」にした責任者

*1
0
ピースボート豪華世界一周を「惨憺旅行」にした責任者 1994,10,23
'Peace Boat' cruises aren't all they're cracked up to be
Shukan Shincho 10/20 By Takeshi Ito
”ピースボート”クルーズは彼らの期待通りではない
週刊新潮10/20    タケシ・イトウ記
1
Traveling around the world on a luxurious ship is a dream for many.
But for a sizeable proportion of the 333 people who sought to realize this dream through a group called "Peace Boat," their once-in-a-lifetime trip turned out to be a cause for grave regret.
Shukan Shincho lends an ear to angry participants and reports on questionable aspects of a Peace Boat-organized voyage that made a trip around the world in 84 days over the summer.
世界中を豪華な船で旅することは多くの人々の夢です。
しかし、「ピースボート」と呼ばれる団体を通して、この夢を実現しようと試みた333人の人々の内のかなり多くにとって、彼らの一生に一度の旅は、深刻な後悔の原因となりました。
週刊新潮は、怒れる参加者たちに耳を傾け、そして夏の間の84日間を通して世界中を旅したピースボートの組織した船旅の、疑わしい側面について報告します。
2
At the beginning of the article,Shukan Shincho briefly introduces the organization.
Peace Boat is a group launched in 1982 by then Waseda University student Kiyomi Tsujimoto to "ponder about the future by looking at the past." In concrete terms,the group,consisting of an unfixed number of financial contributors, started out by chartering passenger ships and conducting tours to parts of Asia and the Pacific occupied by the defunct Japanese Imperial military to see and hear the nation's misdeeds firsthand.
記事の初めに、週刊新潮はその団体について簡単に紹介します。
ピースボートは、1982年に、当時、早稲田大学の生徒であった辻元清美によって、”過去を見つめることによって、未来について熟考する”ために立ち上げられた団体です。具体的には、固定されていない数の金銭上の貢献者から成るその団体は、旅客船をチャーターし、現存しない日本の帝国軍によって占領されたアジアと太平洋の一部へのツアーを、国家の悪行を直に見聞きするために実施したことにより始まりました。
3
While at sea,the group sponsors various lectures by invited experts,including scholars,journalists and grassroots activists.
According to Shukan Shincho,Peace Boat is now subject to extremely vocal complaints for what it had supposedly promised but failed to deliver on board the Bahamian-registered ship "Golden Odyssey" which it chartered for a globe-trotting voyage from June 9 to Aug.31.
海にいる間ずっと、その団体のスポンサーは、学者やジャーナリスト、そして草の根運動家を含む招待された専門家たちによる様々な講義をします。
週刊新潮によると、ピースボートは今、建前上は保証し、しかし期待に添わなかった、世界各国を航海旅行するために6月9日から8月31日までチャーターされたバハマ諸島に登録された船、”ゴールデン・オデッセイ”に乗せることついて、極めてうるさく求める訴えにさらされています。
4
The magazine reports that Peace Boat and its tour-coordinating wing,"Peace in Tour," raked in anywhere from 1,280,000 yen to 3,980,000 yen from each of the 333 people who traveled the whole distance on the passenger ship.
雑誌は、ピースボートと、それ自身のツアーを調節する下部組織、”ピース イン ツアー”が、全行程をその旅客船で旅した333人の人々のそれぞれから128万円から398万円の範囲で荒稼ぎしたと報告します。
5
Many of them joined the costly tours believing that they were going to experience the kind of luxury they had always dreamed of.
The Peace Boat tour brochure carried an elaborate picture of the ship as if to endorse such expectations.
彼らの多くは、彼らがいつも夢見ていた贅沢な経験をするだろうと信じて、その費用のかかるツアーに参加しました。
ピースボートのツアーパンフレットは、あたかもそういった期待を保証するかのように詳細な船の写真を伝えました。
6
But what was provided for passengers was totally different,the accusers say.
One of them informs Shukan Shincho that he lost 8.5 kilograms because he couldn't stand eating poorly-cooked steaks and the same salad dressing every day.
Another points out that an on-deck dining area was so crowded and noisy that it reminded her of a ship carrying refugees.
Others note poor maintenance of the ship.
One participant testifies that the ship listed so heavily that he feared it would capsize.
Another says his cabin had shower drainage clogged up and other cabins had water leaking from the ceilings.
しかし、船客に与えられたものは、何から何まで違ったと、告訴人たちは言います。
彼らの内の一人が週刊新潮に告げるには、彼は加熱調理が不十分なステーキと、同じサラダドレッシングを毎日食べることに耐えられなかったために8,5キログラム痩せました。
もう一人は、甲板にある食事スペースはとても混雑していて騒がしかったので、それは彼女に難民を運ぶ船を連想させたと指摘します。
他の人々は、船の整備不良に言及します。
ある参加者は、その船はとても大勢を乗せていたので、彼は、転覆するのではないかと心配したと証言します。
もう一人は、彼の船室は排水路のつまったシャワーを持ち、そして他の船室は天井から水漏れしました。
7
"I'm convinced Peace Boat is a bunch of merchants who use grass-root movements as a cover," says one passenger who was asked to give up his cabin,without a refund,to accommodate a double-booking error on the part of organizers.
"They didn't consider us customers.Whenever we complained,they said things like,'We are a nonprofit organization' and 'This ship belongs to everyone and you are only one participant.' I think those of us who stayed aboard for the three full months were plain suckers."
「私は、ピースボートは草の根運動をカモフラージュとして使う大勢の商人たちだと確信しています」主催者たちの一部のダブルブッキングの間違いを調節するために、返金なしに、彼の船室を明け渡すよう求められたある船客が言います。
「彼らは、私たちを顧客とは考えていませんでした。私たちが苦情を言う時はいつでも、彼らはこのように言いました、「私たちは非営利団体です」そして「この船は皆の所有物で、そしてあなたはたった一人の参加者にすぎません」。私は、私たちの中で三か月丸々を船に滞在した者は明らかな間抜けだと考えます」
8
Shukan Shincho asks Tatsuya Yoshioka,a chief member of Peace Boat, to tell the other side of the story.
Yoshioka defends the organization,saying that the group's tours are different from ordinary ones.
They offer no division between "those who serve" and "those who are served."
He goes on to claim that the food was respectable,the ship boasted a four-star evaluation in an industry journal and his group makes no profit at all.(TI)
週刊新潮は、ピースボートの主要メンバーである吉岡達也に、その話の他の側面を語るように頼みます。
吉岡は、その団体のツアーは普通のツアーとは違うと言って、その団体を弁護します。
彼らは「仕える者」と「仕えられる者」の間に仕切りを提供しない。
彼は、食べ物はちゃんとしたものであった、船は業界紙において優秀な評価を誇っていて、そして彼の団体は利益をまったくあげていないと、主張を続けます。(タケシ イトウ)

参考資料

ピースボート
http://www.peaceboat.org/index_j.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%94%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%88(Wikipedia)
辻元清美
http://www.kiyomi.gr.jp/
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BE%BB%E5%85%83%E6%B8%85%E7%BE%8E(Wikipedia)
吉岡達也
http://kamomiya.ddo.jp/C01h.html#yo
http://spysee.jp/%E5%90%89%E5%B2%A1%E9%81%94%E4%B9%9F

元資料

19941023-1.jpg 19941023-2.jpg 19941023-3.jpg

関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。