Pernicious patients leave harried healers in hospital hell

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。




Pernicious patients leave harried healers in hospital hell

悪質な患者が、苦境にある治療者を地獄のような状況の病院に置き去りにする

Pernicious patients leave harried healers in hospital hell 2008,05,29
Shukan Taishu 6/9  By Ryann Connell
悪質な患者が、苦境にある治療者を地獄のような状況の病院に置き去りにする 2008,05,29
週刊大衆 6/9     ライアン・コネル記
1
"Japan's doctors and nurses are being subjected to incredible and increasing amounts of violence at the hands of patients and their families," a reporter for a national daily tells Shukan Taishu (6/9).
「日本の医師と看護師は、患者とその家族のせいで、増大中のとてつもない量の暴力行為にさらされています」と、日刊全国紙の記者は週刊大衆(6/9)に語る。
2
Indeed, Japan's hospitals are in dire straits.
The All Japan Hospital Association noted that last year there were 6,882 reported cases of patient violence toward medical practitioners, and 52 percent of the 1,106 hospitals that took part in the association's survey record at least one incidence of abuse of medical staff.
実際、日本の病院は恐るべき窮境にある。
全日本病院協会(全日病)は言及する:昨年は患者による開業者に対する暴力の報告がなされた事例が6882件あって、全日病の調査に参加した1106の病院のうち52パーセントが、少なくとも一件医療スタッフにたいする虐待があったと記録した。
3
The majority of cases involved psychological abuse, but physical abuse and sexual harassment were also common.
What's more, these are only reported cases, of which just 5.8 percent of these incidents were passed on to the police.
事例の大多数は精神的な虐待にまつわるものだが、肉体的な虐待やセクハラもまたよく見られた。
その上、これらは報告されたケースだけにすぎず、そのうち警察に通報されたのは5.8%に過ぎない。
4
"Hospitals are a kind of service sector business. There's a tendency to try and deal with matters in-house rather than allow rumors to start spreading," the hack says.
「病院はサービス業の商売のようなものです。噂を広められるよりは、病院の中だけで問題を扱おうとする傾向があります」と記者はいう。
5
Medical journalist Shuji Maki says the profession has nobody to blame but itself.
医療ジャーナリスト・マキシュウジは、医療界が非難すべきは他の誰でもなく自分たち自身である、と言う。
6
"Behind the increasing violence are problems like poor explanations to patients and medical malpractice. This creates an awareness gap between patients and practitioners, which not only leads to an increase in violence, but also encourages a great amount of litigation as well," Maki tells Shukan Taishu.
「増加している暴力の背後にあるのは、患者に対する説明不足や医療過誤といった問題です。これによって患者と医療従事者の間に意識の落差が生まれ、暴力の増加を招くだけでなく、その上、多数の訴訟を助長しています」とマキは週刊大衆に語る。
7
Doctors, nurses and interns' complaints of horror patients read like a litany of terror.
One patient with a minor injury seeking after-hours treatment pelted a doctor with a can of soda and broke his cheekbone by slugging him in the face,merely because he was asked to come back the following day.
Another hurled a vase at a nurse, and a group of relatives made to wait too long started swinging around intravenous drips in protest.
モンスターペイシェント(恐るべき患者)についての医師や看護師やインターンによる申し立てからは、嫌になるほどたくさんの恐怖などが読み取れる。
開業時間外に治療してもらいに来たある軽症の患者は、缶入りソーダを医師に投げつけ、医師の顔面を強打して頬骨を折った――翌日出なおしてくれと尋ねられただけで。
別の患者は花瓶を看護師に向かって投げつけ、そして長く待たされすぎた親戚たちは、点滴を振り回して抗議し始めた。
8
Sexual harassment is also rife, with many patients taking the opportunity of being examined to do a bit of examining themselves as their hands wander over female nurses' bodies.
At least one nurse complained of a patient asking her to become his contracted lover following his discharge.
セクハラもまた蔓延っている:多くの患者が検査を受ける機会を利用して、彼らの手を女性看護師の身体の上を彷徨わせて、彼ら自身もちょっと検査するのだ。
少なくとも一人の看護師が、退院したら自分の契約愛人になるよう彼女に尋ねた患者のことで不満を述べた。
9
While it's common for hospitals overseas to have concrete policies in place to deal with physically intimidating patients,it's not quite the way things work in Japan yet.
海外の病院では、肉体を脅かす患者に適切に対処するための明確なポリシーを規定することが当たり前だが、けれどもこれは日本でも上手くいくやり方だとはどうも言えないようだ。
10
"Some hospitals in Japan have started employing security guards to combat violent patients," a writer for a medical journal tells the men's weekly.
"The biggest problem is that hospitals are chronically short-staffed. It's a fact that doctors or nurses have to deal with every problem they come up against by themselves."
「日本の病院のいくつかは、暴力的な患者に対抗するために、警備員を雇い始めました」と医学雑誌のライターは週刊大衆に語る。
「最大の問題は、病院が慢性的に人手不足だということです。医師や看護師は、かれらが直面することになる全ての問題に対してかれら自身で対処しなければならないのが現実です」
11
The writer warns that Japan's medical world is about to reach a point of no return.
このライターは警告する:日本の医療界はもはや後ろに引けない段階に達しようとしている、と。
12
"The work is poorly paid, has long hours and if patients are going to be violent, the medical profession is going to struggle even more to attract workers," the writer tells Shukan Taishu.
"Japan is suffering from a low birthrate as it is, so if patients suffer because young people don't want to become doctors or nurses anymore, then they've got nobody else to blame but themselves." (By Ryann Connell)
「この仕事は薄給で、夜勤があり、もし患者が暴力をふるおうとするとなると、医療関係機関はより多くの就業者をひきつけようと苦闘します」と、このライターはは週刊大衆に語る。
「現実として日本は出生率の低さに悩まされているので、もし若者が今後はもう医師や看護師になりたがらないことで患者が苦しむなら、それは患者の自業自得です」(ライアン・コネル記)

参考資料

全日本病院協会
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%A8%E6%97%A5%E6%9C%AC%E7%97%85%E9%99%A2%E5%8D%94%E4%BC%9A

拡散状況

Japanese Style Noodles
http://www.japanesestylenoodles.com/waiwai/archive20080529
SeekJapan
http://www.seekjapan.jp/news/other/2008-05-30


関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。