Colorful cowboy strums suicidal tendencies away with his song

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。




Colorful cowboy strums suicidal tendencies away with his song

色どり鮮やかなカウボーイ、彼の歌をつま弾いて自殺傾向を追い払う

Colorful cowboy strums suicidal tendencies away with his song 2008,05,28
Sunday Mainichi 6/8   By Ryann Connell
色どり鮮やかなカウボーイ、彼の歌をつま弾いて自殺傾向を追い払う 2008,05,28
サンデー毎日 6/8    ライアン・コネル記
1
A Japanese cowboy wearing rainbow-colored trousers and a shining golden hat has made it his life work to travel around the country urging people not to commit suicide, according to Sunday Mainichi (6/8).
虹色のズボンをはき輝く金色の帽子をかぶった日本人カーボーイが、日本中を旅行して人々に自殺しないよう促すことをライフワークにした。サンデー毎日(6/8)より。
2
Over a period of 212 days last year, Paul Touten traversed Japan's 47 prefectures last year, putting on street performances in front of railroad stations everywhere and plugging his message to stop bullying and opposing suicide.
昨年212日間に渡って、登天ポールは昨年日本の47府県を縦断し、いたるところの鉄道駅の前でストリートパフォーマンスをし、いじめ撲滅の彼のメッセージを聞かせ、自殺はいけないといった。
3
Touten has become something of a minor celebrity performing his "Mountain Song" under a banner that reads: "Always make your heart a mountain." The climax of his performance is his famous "mountain pose," where he squats down and raises his arms to form a triangle with his head in a manner supposed to resemble a peak.
登天は、「いつも心にマウンテン」と書かれたバナーの元で彼の「マウンテンソング」を演じることで、ちょっとした二流有名人になっていた。彼のパフォーマンスのクライマックスは、彼の有名な「マウンテンポーズ」で、その時彼は、腰を落とし、上げた両手と頭で三角形を形作って、山の頂を模した形にするのである。
4
Most people pass by his street shows with nary a glance, but some stop and do the "mountain pose" together with the performer, often raising a smile as they do so.
ほとんどの人は彼のストリートショーを少しも見たりしないが、何人かは立ち止って――時には笑みを浮かべながら――このパフォーマーと一緒に「マウンテンポーズ」をするのだ。
5
Touten started his trek toward the end of 2006 following a barrage of media reports of children committing suicide.
The 32-year-old colorful cowboy gave up his job as a cable TV reporter to go on the odyssey.
子供たちが自殺しているというマスコミ報道が連続してなされたことを受けて、登天は彼の行脚を2006年の年末近くに開始した。
この32才の色鮮やかなカウボーイは、ケーブルテレビのレポーターの仕事を辞めて、大遠征をすることにした。
6
"I just think suicide is a really stupid way to die," Touten tells Sunday Mainichi.
"I wanted to do something that would get people feeling positive."
「自殺は実にバカげた死に方だ、と私は本当に思います」と登天はサンデー毎日に語る。
「わたしは人々をポジティブに感じさせる何かをしたかったのです」
7
Touten started out performing in live houses, but gave up that gig for the streets, where he was more likely to come into direct contact with the young people his message is directed toward.
One young girl who has a tendency to slash her wrists is certainly grateful for his performances.
登天はパフォーマンスをライブハウスでしはじめたが、ストリートのために、そのギグをやめることにした。ストリートでは、彼のメッセージを送りたいと思っていた若者たちと直接的に接することが、より出来そうだったからである。
リストカット僻のある一人の若い少女は、彼のパフォーマンスに対して確実に感謝している。
8
"I've been bullied before, so I'm really happy to know there are people out there like him," she tells Sunday Mainichi.
「私は前からいじめられていたんですけど、彼のような人がいるんだということを知って、とても幸せです」と彼女はサンデー毎日に語る。
9
Having completed his journey around Japan, Touten's most recent milestone was playing outside every one of the 29 stations on the Yamanote Line railroad track that loops around central Tokyo.
It was a tour that made him plenty of new fans.
全国行脚を達成しおえて、登天の最近の最もすごいパフォーマンスは、東京都心のまわりを循環する鉄道線路・ヤマノテ線の全29駅全てのすぐそばで演技したことだ。
このツアーによって、彼は非常にたくさんの新しいファンを獲得した。
10
"We've had some bullying at our company," one "office lady" who saw Touten perform says.
"I'd love him to come and put on a show at our office."
「私たちは会社でいじめられていました」と、登天のパフォーマンスを見た一人の「オフィスレディ」は言う。
「私は、私たちの事務所へ彼がやってきてショーを行うのが大好きでした」
11
Touten, meanwhile, says he's ready for anything if it means getting his message across.
一方で、登天は、もし彼のメッセージが伝わることならいつでもなんでもする、と言う。
12
"I'll gladly go to schools or companies to give lectures and show up at any sort of event. Rather than hurt each other over trifling matters, there's a mountain more enjoying stuff in life. I want to find happiness by being happy." (By Ryann Connell)
「どのようなイベントでも、レクチャ―をして出演するために、学校でも会社でも喜んでいきます。取るに足らない問題にかかずらってお互いを傷つけあうよりも、人生にはもっと楽しいこと・マウンテンがあります。私は幸せでいることによって幸せを見つけたいのです」(ライアン・コネル記)

参考資料

登天(登天ポール)
http://spysee.jp/%E7%99%BB%E5%A4%A9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%AB/1082426/
http://www.toutenpaul.com/

拡散状況

Japanese Style Noodles
http://www.japanesestylenoodles.com/waiwai/archive20080528
SeekJapan
http://www.seekjapan.jp/news/other/2008-05-29
英語サイト
http://hot-gossip.info/node/181


関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。