Japanese bondage documentary 'Bakushi' knot suitable for faint-hearted

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。




Japanese bondage documentary 'Bakushi' knot suitable for faint-hearted

日本の緊縛ドキュメンタリー映画『縛師』は、気弱な人達にとっては『一筋縄』ではいかない

Japanese bondage documentary 'Bakushi' knot suitable for faint-hearted 2008,05,27
Shukan Shincho 5/29  By Ryann Connell
日本の緊縛ドキュメンタリー映画『縛師』は、気弱な人達にとっては『一筋縄』ではいかない 2008,05,27
週刊新潮 5/29     ライアン・コネル記
1
Japanese moviegoers face the possibility of being bound to their seats by a flick celebrating one of the country's most revered and racy traditions -- rope bondage, according to Shukan Shincho (5/29).
日本の映画ファンは、日本で最も尊ばれていて独特な伝統の一つ――緊縛(縄によるボンデージ)――を世に知らしめる映画によって、客席に縛り付けられてしまう可能性に直面している。
2
"Bakushi," the name given to the professional rope bandage artists and the documentary to be shown in Tokyo's Shibuya on May 31, has already been viewed by rapt audiences at well-known international film festivals like Rotterdam and Buenos Aires.
「縛師」――プロフェッショナルな緊縛アーティストにつけられた呼称でもあり、5月31日に東京の渋谷で上映されたドキュメンタリー映画につけられたタイトルである――は、ロッテルダムやブエノスアイレスなどのよく知られた国際映画祭において、恍惚とした観客によって鑑賞されてきた。
3
The documentary follows some of Japan's most famous bakushi as they go through the, er, ropes of kinbaku, the practice of rope bondage.
このドキュメンタリーは、日本で最も高名な縛師達が、えーと、一連のキンバク、すなわち縄によるボンデージの実践をするところをフィルムに収めている。
4
"The first time I ever saw kinbaku was when I was working as the assistant director on a blue movie. I wonder what was enjoyable about it," Ryuichi Hiroki, the 54-year-old director of "Bakushi" tells Shukan Shincho.
"I've got no interest in kinbaku myself. But I like how the bakushi and his models can communicate through a single piece of rope, even though there's no actual conversation between them. I wanted to capture this communication on film."
「わたしが初めて緊縛を見たのは、ポルノ映画の助監督の仕事をしていた時でした。それの何がおもしろいのか、私は不思議に思いました」と、「縛師」の監督・廣木隆一(54)は週刊新潮に語る。
「私自身は緊縛に興味はありません。しかし、実際には一切会話をしていないにも関わらず、いかに縛師とそのモデルが一本の縄を介してコミュニケーションするのかが、私は好きです。私はこのコミュニケーションをカメラに捉えたかったのです。」
5
Hiroki's main subjects are Chimuo Nureki, Haruki Yukimura and Go Arisue, all among Japan's most famous bakushi.
廣木の主要な被写体は、濡木痴夢男、雪村春樹、そして有末剛だ。皆、日本で最も有名な縛師である。
6
"Speaking in terms of sado-masochism, the bakushi is the sadist, but they have to understand a masochist's mentality as well," Hiroki says.
"In a way, the bakushi are also masochists themselves because they're forced to respond to the demands of the women they're working on. I really like that paradox."
「サディズムおよびマゾヒズムの観点から言うと、縛師はまさにサディストですが、彼らはマゾヒストの心理をも熟知していなければなりません」と廣木は言う。
「ある意味では、縛師自身もまたマゾヒストなのです。なぜなら、彼らは自分が縛っている女性の要求に応えることを強いられているのですから。私はこの矛盾がほんとうに気に入ってます」
7
Kinbaku, the weekly argues, is a truly unique Japanese practice.
週刊新潮は論ずる:緊縛は真に特異な日本の慣習なのだ、と。
8
"Other countries have bondage, where they use stuff like rubber suits and leather belts, but it's pretty rare to use ropes to tie people up. I guess it comes from Japan's culture of using ties for clothes like kimono, or furoshiki (wrapping cloths)," Hiroki says.
"When I show this overseas, people always come up and ask me if all Japanese are like the people in the movie."
「他の国にもボンデージはあって、ゴム製のスーツや革ベルトなどが使われています。しかし人間を縛り上げるために縄を使うことは極めてまれです。これは、着物などの服の帯紐やフロシキ(包装につかう布)を使用する日本の文化に由来しているのではないかと思います」と廣木は言う。
「私がこの映画を海外で上映すると、いつも人々がやってきて、日本人はみんな映画に出てきた人達みたいなのか、と私にたずねます」
9
A woman working to promote the movie says she finds the practice of kinbaku to be alluring.
この映画の販促をするために働いている女性は、緊縛の実践にはうっとりさせられる、と言う。
10
"I'm a little bit jealous (of the models)," she tells Shukan Shincho.
"Being able to communicate without words is sort of wonderful... Not that I'm into this kind of stuff, mind you." (By Ryann Connell)
「私はちょっぴり(モデル達に)嫉妬しています」と彼女は週刊新潮に語る。
「言葉を使わずにコミュニケーション出来るなんて、なんだか素敵かも……。あっ、でも、私がこういったことに熱中しているわけじゃないですよ、念のため」(ライアン・コネル記)

参考資料

廣木隆一
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BB%A3%E6%9C%A8%E9%9A%86%E4%B8%80
濡木痴夢男
http://smpedia.com/index.php?title=%E6%BF%A1%E6%9C%A8%E7%97%B4%E5%A4%A2%E7%94%B7
雪村春樹
http://smpedia.com/index.php?title=%E9%9B%AA%E6%9D%91%E6%98%A5%E6%A8%B9
有末剛
http://smpedia.com/index.php?title=%E6%9C%89%E6%9C%AB%E5%89%9B

記事の影響


拡散状況

AsianOffbeat
http://www.asianoffbeat.com/default.asp?display=1791
fuckedgaijin
http://www.fuckedgaijin.com/forums/showthread.php?t=20742
Japanese Style Noodles
http://www.japanesestylenoodles.com/waiwai/archive20080527
SeekJapan
http://www.seekjapan.jp/news/other/2008-05-28
crazy-rubber & friends
部分転載:http://www.crfriends.de/index.php?module=pnForum&func=viewtopic&topic=3391&start=330
英語サイト
http://www.thesexcarnival.com/2008/05/links-for-2008-05-28/


関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。