Middle-aged mobsters shed a tear for the punch perm, the hairdo that lost its

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。




Middle-aged mobsters shed a tear for the punch perm, the hairdo that lost its clout

中年の暴力団員たちは、かつての人気を失った髪型・パンチパーマのために涙を流す

Middle-aged mobsters shed a tear for the punch perm, the hairdo that lost its clout 2008,05,23
Weekly Playboy 6/2   By Ryann Connell
中年の暴力団員たちは、かつての人気を失った髪型・パンチパーマのために涙を流す 2008,05,23
週刊プレイボーイ 6/2   ライアン・コネル記
1
Once a symbol of Japanese virility, the "punch perm" is in danger of extinction, according to Weekly Playboy (6/2).
かつては日本の男らしさの象徴であった「パンチパーマ」が、絶滅の危機にある。週刊プレイボーイ(6/2)より。
2
The punch perm, a hairdo of tightly packed curls, was once de rigueur among Japanese guys, especially the yakuza in the underworld's heyday during the decade from the mid-70s on.
きつくみっしりした巻き毛の髪型であるパンチパーマはかつて、日本人男性の間で、とりわけ70年代中頃からの十年間における裏社会の全盛期のヤクザの間で、ナウかった。
3
Now, though, guys with a punch perm are rarely ever seen.
しかし今では、パンチパーマをかけた男を目にすることは滅多にない。
4
"Punch perms used to be so popular guys would line up for hours to get one done. At the peak of their popularity, I was making up to 2.4 million yen a month just doing punch perms," Osaka barber and former national punch perm champion Takashi Kata tells Weekly Playboy.
"Now, I get about five or six customers a month who want punch perms. One of those will be in their 30s and all the rest are in their 50s at least."
「パンチパーマは以前とても人気があったので、男達はパンチパーマをかけてもらうために何時間も行列に並んだものです。パンチパーマの人気の絶頂時には、私はパンチパーマをするだけでひと月あたり240万円を稼ぎました」と、大阪の床屋で元日本パンチパーマチャンピオンのカタ・タカシは週刊プレイボーイに語る。
今では、パンチパーマにしてもらいたがる客はひと月あたり5人か6人くらいです。彼らのうちの一人は30代だと思います。そしてそれ以外は皆、若くても50代です。
5
While the hairstyle became synonymous with the yakuza and rode the wave of their popularity during the '70s and '80s,Osaka barbers' union boss Yuzo Matsui also blames the gangs for the punch perm's demise.
この髪型ははヤクザと同じ意味合いになって70年代と80年代の間に流行の絶頂に乗ったが、大阪理容組合のボスである松井義三はまた、パンチパーマの衰亡のことでヤクザを非難する。
6
"Even though a lot of ordinary men got punch perms at the height of their popularity, so did a lot of yakuza. Ironically, once the yakuza got in on the game, the hairstyle lost its mainstream appeal," Matsui says.
"Because so many yakuza had punch perms, people began to associate the hairstyle with the underworld and gave it a dirty image. Some golf clubs even banned people with punch perms from playing. Some places treated the hairstyle with the same scorn they showed for those with (gang-related) irezumi (tattoos)."
「パンチパーマの全盛期には多くの普通の男達すらパンチパーマをかけていました。多くのヤクザもそうしました。とはいえ皮肉なことに、ヤクザもパンチパーマをかけるようになると、この髪型は流行の主流としての魅力を失いました」と松井は言う。
「あまりにたくさんのヤクザがパンチパーマをかけたので、人々はこの髪型を裏社会と結びつけて考えるようになり、パンチパーマに嫌な印象を持つようになりました。パンチパーマをかけた人にプレイすることを禁止するゴルフ倶楽部もあります。(暴力団関連の)イレズミ(刺青)にたいして示したのと同じ軽蔑をもって、パンチパーマを扱うところもあります。
7
Now, even the yakuza are deserting the do in droves.
今、ヤクザでさえ大勢この髪型を見放している。
8
"I'd say punch perms started disappearing in the (yakuza) business about 15 years ago. I'd guess now that for every 100 yakuza in Tokyo, only about one would have a punch perm. Shaved heads were popular for a while, but now most yakuza prefer long hair. It's a trend, but let's face it: the punch perm is a pretty dorky look, right? If you got a punch perm now, everybody else would take the piss out of you," a wakagashira (lieutenant) from a major yakuza syndicate tells Weekly Playboy, adding that there are sensible reasons for why the punch perm has lot its, well, punch among punks.
私の考えでは、パンチパーマは約15年前に(ヤクザ)業界から消え始めた、と思います。今私は、東京のヤクザ100人につき約一人しかパンチパーマをかけていないのではないかと思います。しばらくのあいだは丸坊主が人気でしたが、しかし今、ほとんどのヤクザは長髪を好みます。これは流行ですが、ちゃんと現実を直視しましょう: パンチパーマってとっても変に見えますよね? もし今あなたがパンチパーマをかけたら、他の人は皆あなたをばかにするでしょう」と、有力なヤクザ暴力団のワカガシラ(若頭)は週刊プレイボーイに語り、なぜパンチパーマがチンピラの間でその、えーと、パワーを失ったのには、まっとうな理由がある、と付け加える。
9
"It's all because of the Anti-Organized Crime Law. If you're a yakuza, you can be arrested just for gathering in groups of three. Even if you only look like a yakuza, the cops can grab you at any time and check up on your record. It's not much fun, but there's absolutely no value in looking like a yakuza any more."
「すべて暴力団対策法のせいです。もしあなたがヤクザなら、3人で集会するだけで逮捕されることがあります。あなたがヤクザのように見えるだけで、警察はいつでもあなたを捕まえて前科を調べることができます。これはとても愉快とは言えないことですが、しかしもはや、ヤクザのように見えるということには完全に何の価値もなくなりました。
10
Even if there is a sudden resurgence among those with a craving for cramped and crinkly curls, very few hair stylists would be able to meet their needs, say experts like Koji Takahashi, the owner of a Tokyo barbershop that still proudly boasts of its ability to provide punch perms.
たとえ人々の中のちぢんでちぢれたチリチリ髪への切望が急に再燃したとしても、彼らのニーズを満たすことができる理髪師は滅多にいない、とタカハシ・コウジのような専門家は言う。タカハシは、いまだにパンチパーマをかける能力があることを誇らしげに自慢している、東京にある床屋のオーナーだ。
11
"Recently, you'd be lucky to find a barber who knows how to do a decent punch perm. You'd be surprised how much skill it takes: you need to do it thousands of times to get the practice right. If a useless barber tries to give one, they'll only end up burning the customer's scalp," Takahashi tells Weekly Playboy.
「最近では、ちゃんとしたパンチパーマのかけ方を知っている床屋を見つけられたら、ラッキーでしょう。パンチパーマがどれだけの技量を要求するかを知ればあなたは驚くでしょう: ちゃんとかけられるようになるまでには何千回もやってみる必要があります。もし役立たずな理髪師がパンチパーマをかけようとしても、お客さんの頭皮を焦がしてしまうのが関の山でしょう」とタカハシは週刊プレイボーイに語る。
12
"When I was young, I told the barber I didn't need money and worked for student wages so I could learn the technique, and then I practiced, practiced, practiced. Now, I'm confident I could give a punch perm with my eyes closed. Young people nowadays aren't interested in learning how to do punch perms, though. Even if you put on a practice session on your days off, nobody would turn up. If that's the case, we'll never be able to cram those curls again." (By Ryann Connell)
「私が若かったとき、私は床屋さんにお金は必要ではないと言って、見習いとしての賃金で働き、そしてパンチパーマの技術を習得することができ、そして私は練習して練習して練習しました。今では、目をつぶってもパンチパーマをかけられる自信が私にはあります。でも、こんにちの若い人達はパンチパーマのかけ方を習得することに興味を持っていません。たとえ休日に練習をしても、誰も現れないでしょう。もしそうだとしたら、私たちは決してまたあの巻き髪を押し込めることは出来ないでしょう。」(ライアン・コネル記)

参考資料

松井義三
http://spysee.jp/%E6%9D%BE%E4%BA%95%E7%BE%A9%E4%B8%89/1212682/
http://www.oskriyo.or.jp/main/rijicho.html

拡散状況

fuckedgaijin
http://www.fuckedgaijin.com/forums/showthread.php?t=20724
Japanese Style Noodles
http://www.japanesestylenoodles.com/waiwai/archive20080523


関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。