Date rapist fiend fancies himself as a true womanizer

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。


ページ作成者より(7/23):
自動翻訳を使い、一部のみ修正した段階です。まだ、翻訳の準備段階であるため、翻訳の修正をよろしくお願いします。
翻訳のスピードを上げるための試案として、自動翻訳を使ってページを作成。最小限ですが、翻訳の修正をしています。

納品:7/24


記事対訳

"Date rapist fiend fancies himself as a true womanizer"
「デートレイプ常習者は自分が女たらしだと思い込む」
http://www8.atwiki.jp/mainichi-matome/?cmd=upload&act=open&page=%E9%81%8E%E5%8E%BB%E8%A8%98%E4%BA%8B%E7%BD%AE%E3%81%8D%E5%A0%B4&file=WaiWai%20Archive%20index%202003%20July.html

(2003年7月23日配信)

Japan's weeklies can carry some pretty sick stories, but few have stooped so far as the exclusive interview Asahi Geino (7/31) has run with a self-professed date rapist.
日本の週刊誌はかなり病的な話題を掲載するが、「アサヒ芸能」(7月31日号)の話好きなデートレイプ常習者への独占インタビューほど下劣な記事はあまりない。

Though it hardly has a reputation for impeccable veracity, the men's weekly claims that a 25-year-old man it identifies only by the pseudonym Masanori Kurokawa has made it a habit to drug and violate unsuspecting women.
根も葉もない記事ばかりの雑誌という評判だが、その男性週刊誌の話では、クロカワ マサノリという仮名の25才の男が、疑うことを知らない女性に薬物を飲ませて乱暴することを繰り返していたらしい。

"I only ever use drugs when it looks like a woman I've spent a lot of time and money on is going to get away from me.
I hate all the small talk you have to go through. Everybody around me is doing it.
If you think about it, (rape) is just another way of picking up a woman," the self-proclaimed date rapist tells Asahi Geino.
「多くの時間とお金を使った女性が逃げ出しそうなときだけドラッグを使うんだ。
おれは苦痛な世間話はすべて大嫌いでね。周りの連中はみんなそうしている。
考えてみれば、レイプは女性を引っかけるもっともなもう1つの方法なのさ」と話好きなデートレイプ常習者は「アサヒ芸能」に語る。

Kurokawa, according to the weekly, dresses in the regulation dark suit of the salaryman and speaks in a calm, reassured voice that provides an appearance belying the demon he really is.
週刊誌によると、クロカワはサラリーマンの普通の黒いスーツを着て、穏やかに安心感を与える声で話すので、見た目では、本当は悪魔であるようには思えない。

"Chatting up is the easiest way to find a woman.
I aim for women who turn up to a club or pub alone.
They've got nothing better to do and that's why they're there.
I never go near anybody I know.
There are repercussions to deal with, you know," he tells the weekly.
"I offer to pay for her if she'll join me.
Once we start drinking, I just go along with what she says until the conversation gets interesting.
Once I know she's drunk, I wait until she heads off to the toilet and then I slip some sleeping pills into her drink."
「声をかけるのが女性を見つける最も簡単な方法だね。
一人でクラブやパブにやってくる女性を狙うんだ。
彼女たちは他にすることがないからそこにいるのさ。
おれのことを知っている相手には決して近づかない。
やりにくい過去があるからね」と彼は週刊誌に語る。
「女性から一緒に飲もうといわれたら、支払いは私が持つ。
飲み始めてしまえば、会話がおもしろくなるまで彼女が言うことに付き合っていればいい。
彼女が酔ったことがわかれば、彼女がトイレで席を離れるまで待ち、そして睡眠薬を彼女の飲み物の中にこっそりと入れる。」

"I can't go into too much detail, but the drugs I use are prescription drugs sold over the Internet.
They cost from 5,000 yen to 6,000 yen for a pack of 10.
I've bought several different types, but I only use one or two pills at a time.
I use the pills depending on how well they work.
The women are all drunk, so the pills start to take effect after about 15 minutes.
That's when I invite them out to some other place, but actually use that as a ruse to get them into my car."
「あまり細かいことは言えないけど、おれが使っている睡眠薬はインターネットで販売された処方薬でね。
1パック10錠で5000円から6000円。いくつか違ったタイプのを買ったことがあるけど、おれは1回に1錠か2錠しか使わない。
効き目によって睡眠薬を使いわけるんだ。
女性たちはすっかり酔っ払ってるから、睡眠薬はだいたい15分で効き始める。
ちょうどそのころに別の場所に行こうと彼女たちを誘う。でも、実は、彼女たちをおれのクルマに乗せてしまう口実なんだ。」

"Normally, I would only ever do them in a hotel.
That way, when they wake up, they'll think they came here with me because they were drunk.
They weren't actually drunk, but it's vital to make the women think what they've done has been consensual."
「いつもは彼女たちをホテルに連れて行く。
そうすれば、彼女たちが目覚めると、酔っぱらったからおれといっしょにここに来たんだろうと思うのさ。
彼女たちは実際は酔っぱらっていないけど、極めて重要なことはこうなったのが合意の上だと彼女たちに思わせることなんだ」

"I always use a condom.
That makes it look more as though it was consensual.
But the only reason I really use a rubber is because I'm scared of picking up some sort of disease."
「いつもコンドームは使ってる。
そうすればいっそう合意の上のように思えるからね。
でも、本当にゴムを使う理由はただあの手の病気をもらうのが怖いからなんだ。」

Kurokawa then goes on a long and detailed spiel about how over the past year he has raped some 30 women from schoolgirls to those in their 30s. >Experts warn his warped ways could lead to jail.
それから、クロカワは、この1年間でどうやって女子学生から30代の女性までの約30人の女性をレイプしたか、長々と詳細に語り続けた。

"Even if he takes these women to hotels, simply drugging them to have sex is the equivalent of rape," Nihon University law professor Hiroshi Itakura tells Asahi Geino.
"And if he has committed several counts, he could face a jail term of anywhere from two to 20 years upon conviction."
「たとえ、彼がその女性たちをホテルに連れて行ったとしても、セックスをするために睡眠薬を飲ませることだけで強姦に相当する」と日本大学法学部イタクラ ヒロシ教授はアサヒ芸能に言う。
「そして、彼が数件の(強姦)罪を犯していたならば、実刑で2年から20年の禁固刑に直面するでしょう。」

Not that Kurokawa seems particularly perturbed.
クロカワはことさら不安がっているようには見えない。

"Rape?
No, it's just a difference of opinion.
If the women didn't like me, they wouldn't drink with me when I first approached them.
Women want to have sex with guys, too.
All I'm doing is drinking with someone and we gradually develop a mutual lust for each other," he says.
「レイプだっていうのか? 
それは見解の相違だね。
女性たちがおれを気に入ってなかったなら、最初に彼女たちに近づいたとき、彼女たちは一緒に飲まなかったはずだろう。
女性たちもまた男たちとセックスしたがってる。
おれがしてるのは誰かと飲むことだけで、次第にお互いに快楽に溺れたくなるんだ」と彼は言う。

Rape case numbers in Japan have skyrocketed annually since 1997.
But these are only ever the reported instances and the real numbers are, without doubt, far higher than has been publicly disclosed.
The situation is also worsened by the presence of men such as Kurokawa, who mistake successful wooing of a woman with rape.
But Kurokawa sees no need to change his ways.
1997年以降、日本でのレイプ事件件数は毎年急増している。
しかし、被害届実績数があるだけであり、実際の件数は、疑いなく、公表された件数よりもはるかに高い。
そのうえ、クロカワのような(女性がレイプをせがんだと良いように勘違いする)男たちの存在によって、状況は悪化している。
しかし、クロカワは彼のやり方を変える必要があるとは考えない。

"I don't feel anything in particular," the fiend tells Asahi Geino.
"I'll keep picking up women this way until I get sick of it.
I don't know how long it'll take before it gets boring, though."
「特に何も感じないね」とその鬼畜はアサヒ芸能に言う。
「飽きていやになるまで、このやり方で女性たちを引っかけ続けるつもりさ。
自分でウンザリするまでどれぐらいかかるのかわからないね」。

July 23, 2003


記事のトピック

  • レイプ犯罪を助長する内容を含む。


関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。