Foreign wives complain their samurai husbands no knights in shining armor

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。




Foreign wives complain their samurai husbands no knights in shining armor

外国人妻は、サムライの夫がちっとも輝く鎧をまとった騎士ではないと不平を言う

Foreign wives complain their samurai husbands no knights in shining armor 2005,11,23
AERA 11/28   By Ryann Connell
外国人妻は、サムライの夫がちっとも輝く鎧をまとった騎士ではないと不平を言う 2005,11,23
AERA 11/28    ライアン・コネル記
1
After a yearlong, whirlwind romance over the Internet, American Michelle Yamamoto married her 11-years-younger Japanese husband.
When he raced to the United States with a proposal and ticket back to Japan, she gleefully accepted the offer.
インターネット上での一年に及ぶ目まぐるしいロマンスの後、アメリカ人のミシェル・ヤマモトは、11歳年下の日本人の夫と結婚した。
彼が合衆国までプロポーズと日本に戻るチケットを携えて駆けつけてきたとき、彼女はその申し出を嬉々として受け取った
2
But, Yamamoto tells AERA (11/28), the moment they arrived back in Japan, her husband changed dramatically.
There was no longer any of the handholding and gentle kisses they had shared Stateside.
Instead, the 38-year-old American says her husband shunned her attempts at affection,saying only "somebody might be looking."
しかし、ヤマモトはAERA(11/28)に語るのだが、二人が日本に到着した瞬間、彼女の夫は劇的に変化した。
合衆国ではお互いにしていた、手をつなぐことや優しいキスが、もはや無くなってしまった。
その代わりに、この38歳のアメリカ人は言うのだが、彼女の夫は「誰かが見てるかも」と言うだけで、彼女の愛情表現の試みを避けるようになったのだ。
3
Soon, their once thriving sex life started to dry up, as daily romps became once every 10 days and then only once every two weeks.
When Yamamoto confronted her spouse about his failure to perform, he said only that he was too tired.
She worried that he no longer found her attractive.
すぐに、二人のかつてはお盛んだった性生活は無くなり始めた。毎日乳繰り合っていたのが十日ごとに一回になり、そして二週間ごとに一回になった。
夫がヤるのを失敗したことで夫に文句を言ったとき、彼は自分は疲れすぎているのだと言っただけだった。
彼女は、もはや夫から魅力的だと思われていないのでは、と心配した。
4
Yamamoto finally confronted her hubby, who said his problems stemmed from the 70 hours a month overtime he was putting in that drained him of any energy to put out.
Yamamoto suggested Viagra and their connubials are now back on track.
とうとうヤマモトが夫に不平を言うと、彼は自分の問題は、ヤるためのエネルギーを吸収してしまう、彼がしているひと月当たり70時間の残業に由来するするといった。
ヤマモトはバイアグラを提案し、今では二人の夫婦生活は再び軌道に乗った。
5
"I thought it was a given that couples would talk about anything, but I was surprised that my husband was so reluctant to put his thoughts into words," Yamamoto tells AERA.
"It took two whole years before our conversations included everything from our problems to politics and religion."
「カップルがどんなことについても話し合えるということは、当たり前のことだと思っていました。しかし、夫は考えを言葉にすることにあまりに乗り気でなかったため、私は驚きました」と、ヤマモトはAERAに語る。
「二人の問題から政治・宗教まで、あらゆることを議論できるようになるまで、たっぷり二年間かかりました」
6
International marriages are, AERA says, skyrocketing yearly, the 39,007 cross-cultural couples who tied the knot last year almost 10 times more the number of Japanese and non-Japanese marriages in 1975.
And it's men who are making up the Japanese parts in 80 percent of international marriages now, but many foreign women, like Yamamoto, are finding that marriage to a Yamato Danji -- a typical man from the Land of the Rising Sun -- is not quite a bed of roses.
AERAによると、国際結婚は年々急増しており、去年結婚したカップルの数は、1975年に日本人と日本人ではない人との結婚の数とくらべてほぼ十倍になった。
そして今、国際結婚のうち80パーセントでは男のほうが日本人だが、多くの外国人女性は、ヤマモトのように、ヤマトダンジ(日のいずる国の典型的な男性)と結婚することは生易しいことではないと気づきつつある。
7
Canvassing members of the Association of Foreign Wives of Japanese found that the most common expressions non-Japanese women used to describe their Japanese spouses were sincere, enthusiastic about their work and calm.
But there were also less than positive descriptions.
日本人を夫にもつ外国人妻の会の調査員が見つけたところでは、非日本人女性が日本人の夫を表現するときに使われるもっとも一般的な表現は、誠実、仕事熱心、そして穏やかであった。
しかし肯定的とはいえない表現もあった。
8
"When we're overseas, he's really affectionate, but he shows me no affection in Japan. It's like he doesn't love me anymore," an Australian woman tells AERA.
「私たちが海外にいるときは、彼は本当に愛情豊かですが、日本では私にまったく愛情表現を見せません。まるで彼はもはや私を愛していないみたいです」と、あるオーストリア人女性はAERAに語る。
9
A 40-year-old New Zealander has trouble with her hubby, too.
He comes home late at night and has many business trips, leaving their three kids almost entirely in her care.
40歳のニュージーランド人もやはり、彼女の夫についての問題を抱えている。
彼は、三人の子供の世話をほとんど全部妻にまかせて、夜遅く帰宅してしょっちゅう出張旅行をしているのだ。
10
"On weeknights, it's like I'm a single mother. I'm used to it now and it's made me much stronger," she says.
"No matter what country you're in, I think all women moan about their husbands. I think our problems are less about cultural differences and more about the differences between men and women."
「平日の夜は、まるで私がシングルマザーのようです。今では慣れてしまい、私はずっと強くなりました」と彼女は言う。
「どの国にいようと、すべての女性は夫のことで嘆くものだと思います。私たちの問題は、文化の相違というよりは、男女間の相違なのだと思います」
11
Julia Maeda, a 34-year-old Briton, has few problems with her Japanese husband, having spent the last seven years training him.
When they first met, he had never cooked a meal for himself, nor could he sew a button onto a shirt.
Now, he cooks and changes the kids' diapers.
34歳のイギリス人であるジュリア・マエダは、この七年間日本人の夫を教え込んできたので、彼との間にほとんど問題はない。
二人が始めてあった時、彼は自分のために調理した経験が一度もなく、ボタンをシャツに縫い付けることもできなかった。
今では、彼は調理し子供たちのオムツも代える。
12
"I told him that I wanted to become his partner, not his mother," she tells AERA.
"I let him know that he'd have to help with the housework and bringing up the kids." (By Ryann Connell)
November 23, 2005
「私がなりたいのはあなたのパートナーで会ってあなたの母親ではない、と私は彼に話しました」と彼女はAERAに語る。
「彼も家事と育児の手伝いをしなければいけないことを、私は彼に悟らせたのです」(ライアン・コネル記)
2005年11月23日

拡散状況

CRNジャパン(日本の子供の人権ネットワーク)
http://www.crnjapan.com/articles/2005/en/20051123-mn-foreign_wives_complain.html


関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。