Exposed genitalia makes breakthrough on Japan's silver screens


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。




Exposed genitalia makes breakthrough on Japan's silver screens

露出された生殖器が、日本の銀幕に突破口を開く

Exposed genitalia makes breakthrough on Japan's silver screens 2005,8,5
Shukan Post 8/12   By Ryann Connell
露出された生殖器が、日本の銀幕に突破口を開く 2005,8,5
週刊ポスト8/12    ライアン・コネル記
1
Japanese moviegoers will finally be able to see fully exposed genitalia on the silver screen for the first time ever later this month, according to Shukan Post (8/12).
今月の末から、日本人映画ファンはとうとう、まったく初めて銀幕上に完全に露出された生殖器を見ることが可能になった。週刊ポスト(8/12)より。
2
Japan's Eirin, the name commonly used for the Administration Commission of Motion Picture Code of Ethics, has traditionally taken a hard line against the display of reproductive organs on celluloid, requiring moviemakers to blot them out of view by using a digital mosaic.
日本の映倫(「映画倫理委員会」の通称)は、映画フィルムに生殖器官の表示することに対して、伝統的に厳しい方針を採ってきていて、デジタルモザイクを使うことによって性器を視界から隠すことを、映画製作者に要求してきた。
3
Renowned director Nagisa Oshima, who was at the helm for "Merry Christmas Mr. Lawrence," was involved in a decades long battle with Eirin over the depiction of genitalia in his controversial 1976 flick "In the Realm of the Senses."
「戦場のメリークリスマス」の総指揮をした高名な映画監督・大島渚は、彼の論議を巻きおこす1976年の映画「愛のコリーダ」における生殖器官の描写に関する、映倫との十年に及ぶ長い戦いに巻き込まれている。
4
Oshima claimed the famously revealing movie was art, but Eirin insisted it was pornographic and censors sliced through the movie.
Even when given a re-run in Japanese theaters five years ago, Eirin still make adjustments to 15 parts of the movie.
このよく知られている露出している映画は芸術だと大島は主張したが、映倫はこれを性的なものであると主張し、検閲官はこの映画を切り裂いた。
五年前に日本の映画館で再上映が行われた時でさえ、まだ映倫はこの映画の15箇所を修正した。
5
The closest genitalia have come to being screened publicly in Japan was the briefest of glimpses of a male member that pops up when two football players clash in Oliver Stone's "Any Given Sunday" in 1999.
これまで、日本においておおやけにスクリーンに映し出されたもっとも近接撮影された生殖器は、1999年のオリバー・ストーンの「エニイ・ギブン・サンデー」における、フットボール選手二人が衝突したときに飛び出した男性の体の一部のポロリであった。
6
But, with the Japanese premiere in late August of "Kinsey," local moviegoers will get their first unadulterated glimpse of both male and female reproductive organs.
しかし、「キンゼイ」が8月末に日本でプレミア試写会されることで、日本の映画ファンは初めて、男性と女性両方の繁殖器官をはっきりと一瞥することになるだろう。
7
"We discussed it quite a bit internally before deciding the scene where the organs appear is really important for the overall movie and that we wanted it to be screened uncut and without a mosaic," a spokesman for Shochiku, the distributor of "Kinsey," tells Shukan Post.
「性器が表示される場面は映画全体にとって本当に重要であり、この映画をカットせずモザイクなしで上映させたい、と決めるまで、私たちはこれ(「キンゼイ」)について内部でかなり議論しました。と「キンゼイ」の配給会社・松竹のスポークスマンは週刊ポストに語る。
8
Eirin, which has a strict policy of prohibiting the display or genitalia or pubic hair, has bent when it comes to "Kinsey," a biopic of U.S. sex academic Alfred Kinsey.
性器やあそこの毛の表示を禁じる厳しい方針を採用している映倫は、合衆国の性研究者アルフレッド・キンゼイの伝記映画については、方針を曲げた。
9
"It's not on screen for long and, overall, we decided that the scene did not touch on Eirin's regulations," a spokesman for the movie ethics committee tells Shukan Post.
「なんといっても、性器が長い間スクリーンに映っているわけではないし、私たちはその場面は映倫の規制規則に抵触しないと判断しました」と、映倫のスポークスマンは週刊ポストに語る。
10
"Kinsey" tells the story of the academic's study of the sexual practice of some 18,000 white Americans in the 1940s and '50s.
The academic later wrote up his findings in "The Kinsey Report," which made him famous throughout the world.
「キンゼイ」では、1940年代と1950年代に行われた、およそ18000人のアメリカ白人の性行為の学術的な研究の物語が描かれている。
この研究者は後に研究成果を「キンゼイ・レポート」の中に書き上あげ、それにより彼は世界中で有名になった。
11
The scene in "Kinsey" where the genitalia are displayed features Liam Neeson as the title character explaining the reproductive act to a group of university students.
The scene is depicted as an earth-shattering moment in Kinsey's life because it prompts him to realize that existing sex education is insufficient and he begins his study to find data to back up his demand for improvements.
生殖器が表示されている「キンゼイ」の場面は、リアム・ニーソンが演じている。タイトルとなっている主人公役で、大学生の集団に性行為について説明しているところだ。
この場面はキンゼイの生涯においてあっと驚く瞬間として描かれている。なぜならそれは、既存の性教育は不十分であることを彼が理解することを促し、そして改善のための彼の要望を支持するためのデータを見つけ出すための彼の研究を、彼は始めたのだから。
12
Japanese sex educationalists are hoping "Kinsey" will reveal more than mere members.
日本の性教育者たちは、「キンゼイ」が試写会会員以外の人たちにも見てもらえることを望んでいる。
13
"There's nothing dirty about the scene where the genitalia are displayed. In fact, I thought it showed how serious an academic Kinsey was. This movie does not just show Kinsey's life, it also has the added value of sparking discussion about modern sexuality. There aren't too many academics like Kinsey nowadays. And, no matter how open we've become about sexuality, there are still many areas that remain taboo," Japan's foremost sexologist Kim Myung Gan tells Shukan Post.
"There's a chance that showing this movie without a mosaic may deepen discussion about sex education. Hopefully, this movie could establish a precedent for how sexuality is depicted."
(By Ryann Connell)
August 5, 2005
「生殖器が表示される場面に関して、何もいやらしいことはありません。実際、これはキンゼイがいかに真剣な研究者であったかを示している、と私は思います。この映画はただ単にキンゼイの人生を描いているだけではなく、現代のセクシャリティーには未だにタブーとされている事柄がたくさんあるという、議論の火付け役という付加価値を持っています。と、日本の最高位の性科学者・Kim Myung Gan(原文のママ)は週刊ポストに語る。
「モザイクなしでこの映画を見せることにより、性教育についての議論を深めるかもしれないという可能性があります。願わくば、この映画がセクシャリティーの描き方の先例を打ち立てますように」(ライアン・コネル記)
2005年8月5日

参考資料

映画倫理委員会
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%98%A0%E7%94%BB%E5%80%AB%E7%90%86%E5%A7%94%E5%93%A1%E4%BC%9A
大島渚
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E5%B3%B6%E6%B8%9A
愛のコリーダ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%84%9B%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%80
オリバー・ストーン
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%B3
エニイ・ギブン・サンデー
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%8B%E3%82%A4%E3%83%BB%E3%82%AE%E3%83%96%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%87%E3%83%BC
キンゼイ(愛についてのキンゼイ・レポート)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%84%9B%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6%E3%81%AE%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%BC%E3%82%A4%E3%83%BB%E3%83%AC%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%88
松竹
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BE%E7%AB%B9
キンゼイ・レポート
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%BC%E3%82%A4%E5%A0%B1%E5%91%8A
Kim Myung Gan(キム・ミョンガン)
http://www.kimmyonggan.com/
http://spysee.jp/%E3%82%AD%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%83%9F%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%82%AC%E3%83%B3/1603757/
  • 1950年、神戸生まれ。
  • 75年から‘89年まで、京都精華大学にて文化人類学と韓国語の講師を務める傍ら、性について独自の研究を重ね、「性人類学」という独自の分野を開拓する。
  • 槇村さとる(漫画家)とは事実婚関係。

拡散状況

Orient Expat
http://www.orientexpat.com/forum/index.php?showtopic=3252
英語版のWikipedia
http://en.wikipedia.org/wiki/Sakura_Sakurada
中国語サイト
http://blog.yam.com/jostar2/article/367687
英語サイト
http://briandavidphillips.typepad.com/brian/2005/08/kinsey_uncut_.html
http://www.theforum.com/showthread.php?t=51707
http://www.jxbb.com/animeclub.old/phpBB2/viewtopic.php?t=630


関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。