Spicy Anita caught with finger in honey pot

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。




Spicy Anita caught with finger in honey pot

「セクシーなアニータ 蜂蜜を盗んで捕まる(売春手配容疑で逮捕)」
(2003年7月10日配信)

By Ryann Connell
Staff Writer

July 10, 2003

週刊文春 2003/07/10 (p.35-36) との検証

  緑の文字は全て週刊文春 2003/07/10 (p.35-36) との検証結果です。
  検証内における引用は全て上記より。
  引用元タイトル:チリ人女性が告発「私たちはアニータに日本で売春させられた」

  +のボタンを押すと、引用元記事との検証結果が見られます (Java Scriptの実行を許可して下さい)。
  特に記載のない部分については、元記事とほぼ同内容です。
+ ...
1
Anita, the Japanese taxpayer cheater, is back in hot water again, this time not so much for her ill-gotten hoard, but because of women she is supposed to have whored, according to Shukan Bunshun (7/10).
週刊文春(7月10日号)によると、日本の納税者を騙した詐欺師、アニータがまたやっかいな状況になった。
今回は不正蓄財ではなく、アニータが女性を売春させたというのだ。
+ ...
2
"For the first five days, Anita stayed with us and taught us all about the job. She picked up my first customer. He was a Japanese guy about 25. He was a nice guy. I had a boyfriend in Chile, so I'd had sex before, but it was the first time I'd ever acted as a prostitute. I felt sick and scared. Thinking about it makes me want to cry," says Claudia Rios, one of the two women accusing Anita Alvarado of bringing them to Japan to serve as sex slaves.
「最初の5日間、アニータは私たちといっしょに居て、私たちにその仕事のすべてを教えてくれたの。彼女は私の最初の客を選んできたわ。
25才ぐらいの日本人の男。とてもいい男だった。チリにボーイフレンドがいたから、セックスはしたことはあったけど、売春婦として仕事をしたのはその時が初めてだった。私は気分が悪くて怖かった。思い出すと、泣きたくなるわね」とクラウディア・リオスは語った。
彼女は性奴隷として奉仕させるために日本に連れて来たとしてアニータ・アルバラードを非難している2人女性のうちの1人である
+ ...
3
Chilean Anita first gained notoriety in Japan after she received the lion's share of 1.4 billion yen her Japanese husband Yuji Chida embezzled from his former employer, Aomori Prefectural Housing Supply Public Corp. She spent the money lavishly in her homeland, where she has become a star, referred to as the "Chilean Geisha," and producing a CD, a collection of nude photos and a best selling biography.
チリ人のアニータは最初、日本人の夫青森県住宅供給公社元職員の千田郁司が同公社から横領した14億円の大部分を受け取り、甘い汁をすった後に日本での悪名を得た。彼女はその金を母国で湯水のように使った。母国ではスターになって、"チリ人芸者"と言われるようになり、CDやヌード写真集とベストセラー伝記を出版した。
+ ...
4
But Anita's good fortune seems to have deserted her. She's now embroiled in a series of bitter legal battles to keep her ill-gotten gains. And now lifelong friends Claudia and Joanna Escobar have gone public to expose Anita for acting as a madam.
しかし、アニータの幸運から見放されたのだろう。彼女は現在、彼女が不正利得を守るために一連の厳しい法廷闘争に巻き込まれている。
そして今、長年の友人であるクラウディアとジョアンナ・エスコバルはアニータが(売春婦の)女主人を務めていたことを暴露するために公表した。
+ ...
5
"I've known Anita since I was nine as we grew up in the same part of (the Chilean capital of) Santiago. She prostituted me when I was only 19, back in 1997. She had just returned from Japan for second time. She told us she was about marrying Chida and wanted to enjoy her last moments as a single woman, so we had a huge party for about 10 girls. Anita asked me then if I was interested in going to Japan and told me she would lend me the money for a ticket if I was," Claudia tells Shukan Bunshun. "Anita told me I could work in a restaurant Chida owned. I would get paid 2,000 dollars a month. It was a dream-like sum. I was a little worried, but told Anita that I would go. Joanna, myself and another woman who later pulled out of the trip said we would go. Joanna had also grown up with Anita. Joanna, Anita, myself and two guys traveled as a group together."
「アニータのことは9才のときから知っているわ。サンティアゴ(チリの首都)の同じ地域で育ったからね。1997年、私がまだ19才のとき、彼女に売春をさせられたわ。彼女はちょうど日本から2度目の帰国をしていた。彼女は私達に千田さんともうすぐ結婚することになったから、残り少ない独身の時間を楽しみたいと私たちに話してた。
それでそれで、私たちは10人ぐらいの女の子で大きなパーティーを開いてあげたの。アニータはその時に私に日本に行きたくないかと聞いて、そしてもし興味があるなら飛行機代を私に貸してあげると言うのよ」とクラウディアは週刊文春に話した。「アニータは私に千田のレストランで働けるというのね。私は一ヶ月で2000ドル稼げるはずだった。それは夢のような金額だわ。少し悩んだけど、行くって答えた。ジョアンナと私ともう一人が行くって言ったんだけど、もう一人は旅に行くのをやめてしまった。ジョアンナもまたアニータと一緒に育った。ジョアンナ、アニータ、私、そして2人の男で一緒に旅をした。」
6
After initially being refused entry to the United States, where they planned to get a connecting flight, the group, with the addition of Anita's 8-year-old daughter from an earlier liaison, finally arrived at Tokyo's Narita Airport in September 1997, entering Japan on three-month tourist visas. They stayed for a week at an apartment belonging to a Peruvian, never leaving the premises until they finally boarded a bullet train for Nagoya.
最初に日本への乗り継ぎのために向かったアメリカで入国を拒否された後、婚前に生まれたアニータの8才の娘を含む一行は、ようやく1997年9月に東京の成田空港に着き、3ヶ月間の観光ビザで入国した。彼女たちはあるペルー人のアパートに一週間滞在した。最終的に名古屋行きの新幹線に乗るまで、彼女たちは部屋から出なかった。
+ ...
7
"On the day we arrived in Nagoya, we stayed at the apartment belonging to a Chilean girlfriend of Anita's. The day after that, we shifted to an apartment Anita had set up for us. Nobody had been living there, but Anita bought all the furniture and we started to inhabit the apartment," Claudia says. "That night, we were taken by taxi to a place called Nayabashi. Here, they told us for the first time that we were expected to work as prostituted to repay the money for our trip. We were made to be streetwalkers. The restaurant job was all a lie. And Anita, who up until then I thought had been kind, suddenly did a complete about-face. She became like a witch. We couldn't get home, so we had to do what she said. Anita had ties with local yakuza. Anita told us that we had to return 3 million yen within three months. We also had to pay the local yakuza protection money to be allowed to turn tricks on the streets."
「名古屋に着いた日、私たちはアニータのチリ人女友達のアパートで過ごしたわ。次の日、私たちはアニータが私たちのために用意してくれたアパートに移動した。そこには誰も住んでいなかったんだけど、アニータが家具を全て買い揃え、私たちはそのアパートで暮らし始めたわ」とクラウディアは言う。
「その夜、私たちは納屋橋という場所にタクシーで連れて行かれた。その場所で、彼らは、私たちが旅費を返すために売春婦として働くことになるって、私たちにこのとき初めて言った。
私たちは流しの売春婦にされた。あのレストランでの仕事は真っ赤な嘘だったわけ。そして、その時までは優しいと思っていたアニータは急に態度を変えたわ。彼女は魔女のようになってしまった。私たちは国に帰ることができないから、彼女の言うことを聞くしかなかったわ。アニータは地元のヤクザと繋がりがあった。
アニータは私たちに3ヶ月で300万円返さないといけないと言った。私たちは同じくその地元にヤクザに街でお客を取れるようにするための見かじめ料を払わなければならなかったわ」
8
Nagoya's Nayabashi ranks along with Tokyo's Okubo, Ikebukuro and Kinshicho districts as havens for South American prostitutes in Japan. About 50 streetwalkers serviced Nayabashi at the time, the vast majority of them Colombian. Claudia and Joanna were the only Chilean prostitutes. They paid the yakuza 4,000 yen a day so they could ply their wares.
名古屋の納屋橋は、東京の大久保、池袋そして錦糸町地区と同じように、日本の南米人売春婦たちの天国という位置づけだ。当時、50人ぐらいの流しの売春婦が納屋橋で商売していた。
彼女たちのほぼ全員はコロンビア人だった。クラウディアとジョアンナが唯一のチリ人売春婦だった。彼女たちはそこで商売できるように、1日4000円をヤクザに払った。
9
"On slow days, I did two guys, while a busy day could see me service as many as nine. I couldn't pay back the 3 million yen in three months. It took me six months in the end. Anita's visa ran out during that time, so she left Japan. We had to give our money to her male friend. When I'd paid off my debts, I worked a little bit longer to save up some money for myself. But my visa had run out, so I was arrested and deported in September 1998," Claudia says.
「暇な日には2人、忙しい日には9人の相手をしたわ。3ヶ月で300万円を返すことができなかった。結局、私の場合、6ヶ月かかったわ。
アニータのビザはその間に切れたから、彼女は日本から出国していた。私たちは自分たちのお金を彼女の男友達に渡さなければならなかった。
自分の借金を払い終わったとき、自分のためにいくらか貯金するためにほんの少し長めに働いた。
でも、ビザが切れていたから、1998年9月に私は捕まって強制出国になったわ。」とクラウディアは言う。
10
Joanna, elder by three years, was less fortunate.
3才年上のジョアンナは運がなかった。
11
"I was arrested much earlier, but somebody had already stolen my passport, so I was locked away for one month. I couldn't return all my debts to Anita. I fell 300,000 yen short and had no chance to make any money for myself," Joanna tells Shukan Bunshun. "Anita was pretty dumb at school, but she was a nice girl. Her family members are strict Catholics, so she couldn't do anything bad. When we got to Japan, Anita was never violent, but she harped on to me every day about the money I owed her. I thought that Anita was my friend, but she betrayed me."
「私はもっと早く捕まったんだけど、誰かが私のパスポートを盗んでいたので、1ヶ月間収監されることになったわ。私はアニータに借金の全部を返すことができなくてね。30万円足りなかったけど、自分のためのお金を稼ぐチャンスがなかったわ」とジョアンナは「週刊文春」に言う。「アニータは学校ではすごく頭が悪かったけど、良い子だった。彼女の家族は敬虔なカトリック教徒だったから、彼女は悪いことは全然できなかった。私たちが日本に来て、アニータは決して暴力をふるったことはなかったけど、彼女は私に毎日私が彼女に借りているお金のことについてくどくど言ってきた。私はアニータは友達だと思っていたけど、彼女は私を裏切ったのよ。」
+ ...
+ ...


###


この記事が米州機構の日本への人身売買についての報告書の文書中に引用されました。
内容としてはコネルの記事の中では比較的普通な記事です。しかしながら、まずタイトルが扇情的であり、記事本文でも「"sex slave"(性奴隷)
として"serve"(給仕する、奉仕する)させた」という言葉を使っています。
なお、記事にある通り、アニータは売春を強制した容疑でチリ司法当局に逮捕されましたが、証拠不十分で釈放されています。
また、文春の元記事中で言及されているテレビ局「カナル13」は、アニータに訴えられ、約1億5千万円を支払う結果となっています。
ANITA ALVARADO – CHILE’S GEISHA TAKES A LOW PROFILE -- The Santiago Times
http://www.santiagotimes.cl/santiagotimes/2008061713969/news/feature-news/index.php?option=com_content&task=view&id=14377&Itemid=43
アニータ・アルバラードさん、「チリの芸者」と呼ばれて-独占インタビューその3(上記記事の和訳)
http://www.web-tab.jp/article/4025

納品:7/25

なぜ米州機構に引用されたのか

107 コピペ New! 2008/08/29(金) 00:47:52 ID:WHlT9E5T0
892 :反共 ◆RB63svig2o :2008/08/28(木) 00:00:50 ID:ej4qPjUh0 
>>862 
>日本が人身売買国家認定されているという現状は、諸外国から日本が 
>北朝鮮などと同等に扱われることです。『北朝鮮の拉致被害者は気の毒だけど、 
>日本だってやってるじゃん』という見解です。 

狙いはピンポイントでここだ。 

923 :名無しさん@九周年:2008/08/28(木) 00:16:34 ID:W0h2p2KR0 
>>892 
なるほど。 
訂正記事書けないわけだ、今までコツコツ積み上げてきた苦労が水の泡だものね。 
ゆるせんな。 

933 :名無しさん@九周年:2008/08/28(木) 00:19:18 ID:kcck6k0O0 
>>923 
そう、エクアドルの人狩りも、ベラルーシの奴隷市場も、ベトナムの買春行為も 
すべて、真実扱い 
エクアドルの人狩りの犯人逮捕を願って告訴状を提出してみようかな~ 

955 :名無しさん@九周年:2008/08/28(木) 00:30:43 ID:lKWk0cpw0 
>>933 
その記事が書かれたのは、2003年7月5日 
OASの人身売買レポートに引用された sex slaves の記事が書かれたのは 
2003年7月10日 

ライアン・コネルが自身で記事を選んだというより、誰かの指示で記事を書いたと考える方が自然 
ひょっとしてカミヤマ・マスオの指示?それならば、ライアンコネルが有給休職3ヶ月という軽い 
処分で済んでいるのも納得できる。半分は手間賃、半分は口止め料かなw 

109 コピペ2 New! 2008/08/29(金) 00:48:35 ID:WHlT9E5T0
>>107 続き 

968 :名無しさん@九周年:2008/08/28(木) 00:38:52 ID:obXZ9L+D0 
>>955 
数年前に日本が性奴隷云々で米国から非難決議を受けたニュースがあって怪訝に思ったが、 
そういうカラクリか。 

わずか5日後に日本への非難決議のソースとしてレポートに引用された記事は、 
「そのレポートに引用させるために書かれた」疑いがある。 
何せ記事から記事を引用するわけではない、米州機構へ提出するレポートだからな。 

だとすると政治的な工作、陰謀の類そのものじゃないか。 
あの毎日新聞ならやりかねない。 
西山事件の時も外務省から盗んだ情報を記事にするんじゃなく、 
社会党の議員に提供してたんだからな。 
昔から政治工作が好きなんだ毎日新聞は。 

986 :名無しさん@九周年:2008/08/28(木) 00:50:43 ID:EvdPP9dQ0 
>>968 
>わずか5日後に日本への非難決議のソースとしてレポートに引用された記事は、 
「そのレポートに引用させるために書かれた」疑いがある。 
何せ記事から記事を引用するわけではない、米州機構へ提出するレポートだからな。 

ということはレポート書いたフェミも仲間か 

ひでえマッチポンプだな 

988 :名無しさん@九周年:2008/08/28(木) 00:55:43 ID:W0h2p2KR0 
>>968 
性奴隷決議の協力者だったのか! 
訂正できないわけだ。 
  • マッチポンプ説は検証が必要です。現在の情報では、記事の後の1年後のレポートであるため、時間にずれがあります。

sex slaveについての考察

158 名前:文責・名無しさん[sage] 投稿日:2008/08/30(土) 11:35:53 ID:Mw51ODwM0 
んで、売春を強制させられているんだから十分sex slaveだ、という意見も出るかもと思いまして、 
後、個人的に非常に関心がありましたので、sex slaveの定義をさぐってみました。
皆さんの参考程度にしてください。この国のグーグルでsex slaveを検索して最初の100件を読むだけの簡易調査。
件数カウントしていません、爪甘いです。 

エロ関係や曲やアートなどは飛ばして読んだ所、sex slaveを使用する記事はほとんど人身売買によって売春を強要
された内容で、以下の共通点があります。 

不衛生な部屋で監禁、時にはそこでそのまま売春 
組織の人間によるレイプと暴力の繰り返し 
隙を見て逃げ出すか、警察の強制捜査で救出→保護 
借金漬け 
パスポートを取り上げられる 
逃げると本人と家族を殺すと脅迫、実際に殺されるケースも 

どの記事にもこれらのことが全て書かれているとは限りませんが、監禁されるというのは全てのケースで触れられて
いました。 
(つづく) 
159 名前:文責・名無しさん[sage] 投稿日:2008/08/30(土) 11:56:42 ID:Mw51ODwM0 
(つづき) 
また、身内などに監禁されて繰り返しレイプを受けるという事件にも 
sex slaveという言葉が使用されていました。 
オーストリアで実父に24年間監禁されてレイプされ続け7人子供を産んだ事件が 
飛び抜けて件数が多かったです。 

この二つのことから、sex slaveという言葉を使用するには監禁という要素が必要だと言えます。 

ロシアの立ちん坊、家族を養うために売春をさせられているイラクの少女の記事にもsex slaveが使われていましたが、 
単に使ったという感じが強かったです。 
従軍慰安婦も3、4件ヒットしました。 
後、イスラムの一夫多妻制やハーレムもsex slaveになるかも?な記事もありました。 

とにかく、チリ人の2人は断じてsex slaveではないし、多分そんなに強制的に売春やらされてなかったんじゃないか
なあ、と元記事を読む限り、そう感じました。 

記事のトピック

  • アニータの斡旋による売春斡旋を雑誌からの伝聞として紹介。
  • 「性的奴隷」(sex slave)としてつれられてきたとの記述が特に問題。
  • この表現がコネルによるものか週刊文春によるものかが焦点。(その後、検証が行われました。)
  • 米州機構が日本への人身売買に関する報告書で引用。詳細は米州機構が公式文書にてライアン・コネルの記事引用。(マッチポンプ説は未検証のため、注意。)

この記事に関連したサイト


拡散状況



関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。