Chinese lathered up over Liu Longnian's lewd lessons in lusty lingo

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。




Chinese lathered up over Liu Longnian's lewd lessons in lusty lingo

劉隆年の性的に興奮させる言葉遣いによる猥褻なレッスンにカッカとなった中国人

Chinese lathered up over Liu Longnian's lewd lessons in lusty lingo 2008,3,29
Shukan Shincho 4/3   By Masuo Kamiyama
劉隆年の性的に興奮させる言葉遣いによる猥褻なレッスンにカッカとなった中国人 2008,3,29
週刊新潮4/3      カミヤママスオ記
1
"Wo xiang yongbao ni" (I want to hug you). "Hao shufu a" (It feels great).
"Wo xiang yongbao ni" (私はあなたをハグしたい)。"Hao shufu a"(これって気持ちいい)。
2
The above are certainly useful phrases in any language.
But as Shukan Shincho (4/3) reports, the 239-page Chinese-language phrase book by Liu Longnian, titled "Otoko to Onna no Kaiwa-shu" (Selected Conversations between Men and Women, publ. Natsume-sha, 1,365 yen) has already unleashed a deluge of disapproval by fellow Chinese, who see it as nothing more than a seduction manual.
上述したものはたしかにどの言語においても便利なフレーズである。
しかし週刊新潮(4/3)の記事によると、「男と女の会話集」(男女間の会話を選んだもの、ナツメ社出版、1365円)という書名がつけられた劉隆年による239ページの中国語フレーズブックはすでに、同朋の中国人から大量の非難に晒されている。かれらはこの本を誘惑マニュアル以外の何ものでもないとみなしているのだ。
3
At first glance, it may very well seem just that.
Some other examples, which are written in simplified Chinese "kanji" (ideographs) and "hanyu pinyin" (romanization) -- plus a Japanese "katakana" pronunciation guide -- include "Luozhe wo" (Hold me close), "Wen wo" (Kiss me); "Ganjue hao ma?" (Does it feel good?); "Wo bu xing le, kuai chu lai le" (I can't hold back any longer, I'm coming); and "Zai dengdeng, bie na me kuai" (Hold on, not so soon).
一見しただけでは、この本はなんの変哲もないと思えるかもしれない。
カンジ(表意文字)の簡体字と「漢語ピンイン」(ローマ字)--さらに日本語の「カタカナ」発音ガイド付き--で描かれた例文は他に、"Luozhe wo"(私をしっかり抱いて)、"Wen wo"(私にキスして)、"Ganjue hao ma?"(これ気持ちいい?)、"Wo bu xing le, kuai chu lai le"(もう我慢出来ない、イクよ)、"Zai dengdeng, bie na me kuai"(待って、早すぎる)などがある。
4
Many Chinese who have learned of the book's existence became so incensed they were moved to post acerbic remarks on the Internet.
この本の存在を知った多くの中国人はとても頭にきて、かれらはインターネットに辛辣な批評を投稿した。
5
"This book is to help Chinese women improve their Japanese so they can work (as prostitutes) in Japan," one mutters.
「この本は日本で(売春婦として)働けるように中国人女性の日本語を向上させる役に立つものだ」と、あるものは不平を言う。
6
And this: "For the rest of my life I will hope and pray that 500,000 Japanese women will be forcibly taken to China and made to work as prostitutes.
The first 200,000 should go to northeastern China, and after that, the next 150,000 should go to the city of Nanjing."
そしてこうだ:「私の人生が終わるまで、50万人の日本人女性が強制的に中国に連れられてきて売春婦として働かされることを、私は望み祈るだろう。
最初に20万人が中国の北東部に行って、そのあとは、次の15万人が南京市に行くべきだ」
7
That's a pretty strong reaction for a mere book, sighs Shukan Shincho.
たかが本一冊にこれはちょっと強すぎる反応だ、と週刊新潮はため息をつく。
8
"Before, we issued various Chinese-language texts," says an unnamed editor at Natsume-sha, the book's publisher.
"But readers were requesting more practical conversation guides that helped men converse with women.
「以前、私達は様々な中国語テキストを発行しました」と、「男と女の会話集」の出版社であるナツメ社の名指しされていない編集者は言う。
「しかし読者は女性と会話する男性を助ける、より実践的な会話ガイドを要求し続けてきました。
9
"Also recently, many Chinese women are coming to Japan, and some take jobs working in bars and so on. The book was also aimed at facilitating their work."
「また最近は、多くの中国人女性が日本にやってきていて、酒場などで働く職に就いてきています。この本はまた、彼女たちの仕事を容易にするためという狙いもありました」
10
Actually, the magazine explains, Liu's book goes well beyond the function of a one night stand phrasebook for hookers and their johns.
Its contents run the full gamut of relationships, starting from the first meeting to going out on dates, proposing marriage, the wedding ceremony, pregnancy and child-bearing.
新潮は説明するのだが、実際、劉の本は売春婦とその客の一晩だけの関係用フレーズブックの役割の域を超えている。
最初の出会いから、デート、プロポーズ、結婚式、妊娠にいたるまで、恋愛関係でのありとあらゆる状況をこの本は網羅している。
11
But response by Chinese has nonetheless been overwhelmingly negative, and a continuous stream of visceral reactions keep popping up on web sites.
だがしかし、中国人による反応は圧倒的に否定的なもので、感情をあらわにした一連の反応の流れがウェブサイト上に現れ続けている。
12
"Down with Japan!" ranted another one. "Let's wipe out those little Japanese and annex their islands as a province of China."
「日本をぶっつぶせ!」と怒鳴り散らすものもいる。「あの小日本を全滅させて、やつらの島を中国の属州として併合しよう」
13
"These kind of anti-Japanese flame messages on the web are nothing new," shrugs a Japanese journalist based in China. "Anything that serves to annoy or agitate people is enough to generate angry outbursts.
「ウェブ上では、この手の反日メッセージの炎上はちっとも新しいものではありません」と、中国を拠点とする日本人ジャーナリストは肩をすくめる。「人々を苛立たせたり煽動したりする事になるものはなんでも、怒りの発露を生み出すのに十分なのです」
14
"In the 2005 film 'Memoirs of a Geisha' (titled 'Sayuri" for distribution in Japan), rumors flew that Japanese actor Koji Yakusho engaged in a sex scene with Chinese actress Zhang Zhiyi," the reporter continues.
"This was viewed as a national insult and generated a deluge of criticism.
「2005年の映画'Memoirs of a Geisha'(日本での興行タイトルは'SAYURI')の中で、日本人俳優・役所広司が中国人女優チャン・ツィイーとベッドシーンを行ったという噂が飛びました」とジャーナリストは続ける。
「これは国辱物とみなされ、大量の批判を生み出しました」
15
"Anyway that film was not shown in China. Because of that country's strict one-child policy, the ratio of males to females is out of whack, and in the future there's likely to be a severe shortage of marriageable women.
「いずれにせよあの映画は中国では公開されませんでした。中国の厳格な一人っ子政策のために、女性に対する男性の割合がうまくあわないので、未来において結婚相手としての女性の不足が深刻なことになりそうだからです。
16
"It may be that these angry outbursts reflect people's worries that women will be taken out of China by Japanese males," he explains.
「これらの怒りの感情のほとばしりは、女性が中国から日本人男性に取られてしまうだろうという人々の心配を反映したものかもしれません」と、彼は説明する。
17
But one harrangue concerning Liu's allegedly lusty language book, at least, took a somewhat different tack.
Apparently written by a young Chinese woman, it reads: "So what? Even though you Chinese males outnumber Japanese by a factor of 10, despite the much larger land area and vast resources, your personal assets are only one-tenth that of Japanese men."
しかし、少なくとも、劉の好色とされる言語の本について、いささか異なった見地からの熱弁がひとつある。
どうやら若い中国人女性によって描かれたもので、こう読める。「だから何? あなた達中国人男性は日本人を十倍の数で圧倒しているのに、ずっと広い国土と膨大な資源があるにもかかわらず、あなたの個人的資産は日本人男性のそれの十分の一だけじゃない」
18
Whatever the country, cringes Shukan Shincho, women can be truly frightening creatures.
(By Masuo Kamiyama, contributing writer)
週刊新潮は身をすくめていう。どんな国であれ、女性は真に恐るべき生き物になりうるのだ。
(寄稿ライター・カミヤママスオ記)

参考資料

ナツメ社出版
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8A%E3%83%84%E3%83%A1%E7%A4%BE
劉隆年
http://www.amazon.co.jp/劉-隆年/e/B004LTV2N0
SAYURI
http://ja.wikipedia.org/wiki/SAYURI
役所広司
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BD%B9%E6%89%80%E5%BA%83%E5%8F%B8
チャン・ツィイー
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%84%E3%82%A3%E3%82%A4%E3%83%BC

拡散状況

Japanese Style Noodles
http://www.japanesestylenoodles.com/waiwai/archive20080329
英語サイト
http://www.docudharma.com/diary/5599


関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。