暴走する「援助交際」世界を覗く


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。




Young studs riding their rods all the way to the bank

銀行のためならどのようなセックスでも許してサオを使いこなす若き精力絶倫男たち

暴走する「援助交際」世界を覗く

*1
0
暴走する「援助交際」世界を覗く  1998,12,13
Young studs riding their rods all the way to the bank
Spa! 12/16   By Ryann Connell
銀行のためならどのようなセックスでも許してサオを使いこなす若き精力絶倫男たち
SPA! 12/16    ライアン・コネル記
1
Enjo kosai, a euphemism for prostitution that literally translates as compen-sated dating, shook the nation's foundations for much of last year.
Perhaps the most shocking aspect of enjo kosai was that it was carried out by high school girls who would charge older men a few thousand yen for a good time.
Then, local governments started to crackdown on the practice, bolstering previously toothless anti-prostitution ordinances to put enjo kosai clients behind bars and perpetrators back into classrooms.
The hard-line measures appeared to have worked, at least as far as high school girls are concerned. But it seems, accord-ing to Spa!, while police and authorities kept an eye on girls to stop them from getting involved in enjo kosai, high school boys have managed to escape the same fate.
文字通りには援助交際と翻訳できる売春の婉曲表現・エンジョコウサイが、昨年の大部分にわたってこの国の根幹を揺るがした。
エンジョコウサイのもっともショッキングなところは、楽しい時間のために数千円ぽっちを年長の男性に請求する女子高校生によってエンジョコウサイが行われていたことだったかもしれない。
そして、地方自治体はこの風習にたいして厳重な取締りを始め、かつては無力だった反売春条例を、エンジョコウサイの客を牢屋送りにして悪事を働いた者を教室に戻せるものにした。厳重な措置が、少なくとも女子高校生が関与している場合は、功を奏したかに見えた。
しかしSPA!によるとどうやら、警察や当局が女子高校生がエンジョコウサイに関わることをやめさせるために少女たちを注視していた間、同様の運命から男子高校生はなんとか逃げ出したのである。
2
“My clients are from their 20s to their 50s. Most of them work in the adult entertainment industry, but I've also had plenty of“office ladies”and housewives. If they're older than my mom, it feels a little strange, but I figure that getting paid for having sex is only something you can do a lot of while you're young, so I don't worry too much,”says Kazuhiro Konda, an 18-year-old boy paying his way through school engaging in enjo kosai.
「僕のお客は二十代から五十代です。彼女たちのうちのほとんどが成人娯楽業界で働いていますが、たくさんの『オフィスレディー』や主婦ともしています。女性が僕のママより年上の時は、ちょっと奇妙に感じますが、若いうちに結構できることなんて、セックスして金を支払ってもらうことだけじゃないでしょうか。だから僕はあんまり気にしません」と、エンジョコウサイを行うことで学校に通う金を得ている18歳の少年・コンダカズヒロはいう。
3
Shingo Obatake,a 19-year-old student,agrees with Konda that enjo kosai for guys is the way to overcome the lack of cash available to most boys their age.
19歳の学生・オバタケシンゴは、男のエンジョコウサイは彼らの年齢のほとんどの少年にとって、使える現金の欠如に打ち克つ方法であるということに点で、コンダと意見が会う。
4
“I only do it for the money. I got 100,000 yen one night just for feeling up a naked body. It was a guy's body, but as long as there's no sex involved with men, who cares. My first aim is to make money,”he says.
“Young women, old women, young men, old men. Who it is doesn't really matter to me as long as they're prepared to line my pockets.”
「僕はこれをお金のためにやっているだけです。私は裸の体を弄るだけで一晩あたり10万円手に入れました。それは男の体でしたが、男とセックスしないぶんには、どうでもいいです。僕のそもそもの狙いはお金をもうけることです」と彼はいう。
「若い女性、年取った女性、若い男性、年取った男性。相手が誰かなんて、相手が私のポケットの中身を増やしてくれる限りどうだっていいんです」
5
Yayoi Kajikawa, a 32-year-old housewife tells Spa! she has taken advantage of services offered by people such as Obatake.
And, she'll do so again.
Especially as the burdens of a husband who is 15 years older and the demands of raising their 4-year-old daughter have reduced their sex life to the stuff of memories.
オバタケのような人から提供されるサービスをうまく利用してきたと、32歳の主婦・カジカワヤヨイはSPA!に語る。
そして、彼女はまたそうするつもりだ。
とりわけ、15歳年上の夫という重荷と4歳の娘を育てなければならないことが、夫婦の性生活を、記憶の中のみの存在にしてしまったのだから。
6
“I met my high school boy at a family restaurant one day and fell in love with him at first sight. I went over to him and promised I'd pay him if he went out on a date with me. He agreed, so we met for dinner a couple of days later. We didn't have too much in common and the meal was a bit of a failure, but when I suggested we go to a hotel for double the price I'd offered for the date, he was all for it,”Kajikawa says.
“After that, it became a habit. I pay him 50,000 yen a week, for which he must go out with me at least once. He's still young, too, so he can get it up at least twice an hour. Until I met him, I didn't know how good it felt to licked all over my entire body.”(RC)
「私はわたしの高校生の少年とある日ファミリーレストランで出会って、彼を一目見て恋に落ちました。私は彼のところに行き、彼が私とデートするなら彼にお金を払うと約束しました。彼は受け入れたので、私達は2・3日後にディナーを食べに会いました。私達には共通点が少なく、食べ物はちょっと失敗でしたが、私達がホテルに行くならデートで提供する金額を二倍にすると示唆したら、彼に異存はありませんでした」とカジカワはいう。
「その時以来、それは習慣となりました。私は一週間につき5万円を彼に払いました。一週間のうちに少なくとも一回、彼は私とデートしなければならないのです。また、彼はまだ若いので、一時間につき少なくとも二回あれをやれます。彼に出会うまで、自分の体全体を舐めまわされることがいかに気持ちよく感じるのか、私は知りませんでした」(ライアン・コネル)

元資料

19981213-1.jpg 19981213-2.jpg 19981213-3.jpg


関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。