第14話 いきものの記録


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アキラ「業界の噂によると、ミゼットシリーズが発売禁止になったのは、隠し撮りや、盗み聞きに悪用できるからだそうです」

フミエ「あたしはパン!絶対にパン!」

アキラ「ぼくはどっちでもいいよ〜」

フミエ「ダメ、あんたもパン」

フミエ父「日本人は、ご飯に納豆!」

フミエ「嫌!納豆食べろって言うなら、これからパンしか食べないわよ?これでもう納豆は食べさせられないわよね〜。パンに納豆なんてありえないもの」

アキラ「ぼく毎日パンなんて嫌だよ〜」

フミエ「あんたもパンにしなさーい」

フミエ母「まーた屁理屈言って。じゃあ文恵は夏休みの間ずーっとパン」

アキラ「えー。毎日なんて嫌だよー」

フミエ「子供じゃあるまいし、ワガママ言わないのー」


フミエ母「文恵、アキラー、夏休みだと思って、いつまでも寝てないの」

フミエ「あー。毎日パンじゃ飽きるわー」

フミエ母「ほらみなさい。ママの言った通りでしょう?」

フミエ「なんかさー、もっといいもの食べさせようよー。可愛い子供にはさー」

フミエ母「自分で言ったんでしょう? 残さず食べないと、大きくなれないわよ。はい、あなた」

フミエ父「ホラみろ。だからパパみたいに、ご飯にしておけばよかったんだ」

フミエ「アキラ、これあげる」

アキラ「んっ!んーん!んっ!」

フミエ「残さず食べないと、大きくなれないわよ。ごちそうさまー!」

アキラ「んー!んー!んー!」


アキラ「これはミゼット。ぼくが飼っている小さな電脳ネコです。親指くらいの大きさで、ちょっとした特技があります。普通のペットマトンは見た映像や聞いた音声を記録できません。プライバシーや著作権上の理由だそうです。でも、このミゼットだけは、それを回避できるパッチが流出してしまい、録画や録音ができます。もちろん、ぼくもパッチを当てています。だから、サッチーに見つかったら、即座に消去されてしまいます。でもこいつは賢いし、すばしっこいから、そんなヘマはしません。もちろん、この品種は発売禁止になっています。今も飼っているぼくは、とてもラッキーです。だって……
こういう映像を残せば、いざという時、姉をやり込めることが出来るからです。これがぼくの姉、文恵です。今日は、姉とその友達の生態の記録を紹介したいと思います。
あ、申し遅れました。ぼくがアキラ。小学校4年生です。
姉は慎重120。体重27キロです。6年生にしては小さいです」

フミエ「最近増えたわよねー、球ちゃん」

ヤサコ「球ちゃん?」

フミエ「知らないの?球体だから球ちゃん。で、仕事は何?」

ヤサコ「あ。ペットが壁の中に入っちゃったの。穴があったんだけど……すぐに消えちゃったの」

フミエ「ふーん……」

ヤサコ「あの、私小此木優子って言うの。よろし…」

フミエ「えいっ。ふう……空間が古いわね……。料金は200メタだけどいい?」

ヤサコ「メタ?メタって何?」

フミエ「あんたメタバグも知らないの?ほら、さっき渡した……」

ヤサコ「ああ……」

フミエ「そうそれ。それでちょうどです」

アキラ「姉は非常にガメつい性格です。特にメタバグが枯渇してからというもの、ぼくやミゼットが見つけてきたクズバグも、すぐに巻き上げます」

フミエ「そしてこいつが……このミッションの主役よ」

アキラ「これはオヤジ。姉のしもべです。オヤジはちょっと変わったペットマトンで、古い空間での耐久性が、とても強いのです」

フミエ「仕事だオヤジ!あとはメタタグを貼って!」

アキラ「メガばあだけにもらったメタタグだけでは、長持ちしないような古い空間に潜って、メタバグを取ってきます。メタバグは、出処不明の電脳物質で、子供の間でだけは、通貨の価値があります。この人はヤサコさん。この間、大黒市に引っ越してきた、すごくいい人です。本名は優しい子、と書いて優子なんだけど、それを訓読みしてヤサコ、ってニックネームです。全然関係ありませんが、ぼくは、優しい女の人ってすごく憧れてしまいます」

ヤサコ「ごめんね、遅れちゃって」

ヤサコ「うっ……デンスケ!」

フミエ「ハァハァ……わあ!」

ヤサコ「今度は何!?」

フミエ「いよいよ、サッチーのお出ましだわ!」

サッチー「ぼくサッチー、よろしくね」

アキラ「これはサッチー。大黒市が最近導入した強力なウィルス駆除ソフトです。でも、すごく馬鹿なので、普通の電脳ペットやいたずら道具を持っている子供にも、容赦なくフォーマット光線を撃ってきます。あ。フォーマット光線というのは、ぼくが勝手につけた名前なのですが、光線をあびると、ペットマトンは死んでしまうし、メガネのユーザーは、メガネサーバーに入っているOSの情報を壊されてしまい。OSの自動修復が始まると、お年玉2年分くらいが強制的に引き落とされちゃいます。姉は対抗手段として、額からビームを発射するソフトをインストールしています。もっとも、サッチーは命じられた仕事をしているだけなので、罪はありません。姉の逆恨みです。ちなみに、郵政局のサッチーは学校や神社に入れません。なぜなら、学校は文部局、神社は文化局の管轄だからです。縦割り行政さまさまです。」

ヤサコ「勉強になるわー。って京子!」

キョウコ「うんち!」

ヤサコ「逃げて!」

ハラケン「待て!」

アキラ「この人は、ハラケンさんです。ハラケンさんはぼけっとした感じで、4年生のぼくから見ても頼りない人です。それなのに、驚くべきペットを飼っていたのです。そう、あれはバス墓場にメタバグ狩りに行った時でした」

ハラケン「待て!」

フミエ「ハラケン!」

ハラケン「おすわり。お手。さあ、今のうちに逃げよう!ぼくの言うことを聞くのは1分だけなんだ」

ヤサコ「あ、あなた一体……」

フミエ「何者なの……」

アキラ「あろうことか、サッチーはハラケンさんのペット、正確にはハラケンさんのおばちゃんのペットだったのです。でもこれは大した事件ではありません」

フミエ「あんた!ダイチに!駅ビルのこと!チクったろう!」

アキラ「許してお姉ちゃーん!」

ヤサコ「お姉ちゃん!?」

フミエ「そう、我が愚弟、アキラよ」

アキラ「一生の中で、一番嫌な思い出です。トラウマになりそうです。ぼくは、将来検事か弁護士になって、そして姉を訴えて、必ず有罪にしてやります。こういう映像を全部残しておいて、裁判の証拠として効果的に使ってやるのです。ミゼットがいて、本当によかった」

TV「えー、という訳で、違法に盗撮盗聴された音や映像は、裁判の証拠としては、使えません」

アキラ「使えません……うっ、なんだってー!」

アキラ「今日は、朝から本当にうつです」

アイキャッチ

アキラ「裁判の証拠にするのはやめて、自由研究に使うことにしました。タイトルは生き物の記録です。姉も広い意味で生き物だからです。我ながらいいタイトルだと思います。姉の悪事に関しては一休みして、その周囲の人々目を向けたいと思います」

ヤサコ「京子!」

おばちゃん「この子たち、あんたの知り合い?」

ヤサコ「あ、はい。妹です」

おばちゃん「この辺は子供には危ないから、気をつけて。前にも事故があったの」

ヤサコ「あ、知ってます。あの、ありがとうございました」

フミエ「ヤサコー!あ、京子ちゃん、よかったー。あ!ストーカー!」

ヤサコ&フミエ「ああ、サッチー」

おばちゃん「待て!お手」

フミエ「ああ!」

おばちゃん「おすわり」

ヤサコ「あなたは……」

ハラケン「見つかったんだ。よかった」

おばちゃん「ケンちゃん」

ハラケン「あ、おばちゃん」

ヤサコ&フミエ「お、おばちゃん!?」

アキラ「この人はサッチーの飼い主、おばちゃんです。本名は原川玉子と言います。ハラケンさんのおばちゃんだから、おばちゃんと呼ばれています。この人が、大黒市にサッチーを導入させた、張本人だそうです。その人格は、姉を上回るもので、もしサッチーがいなかったとしても、謎と混乱を、ぼくらの街にもたらしたことでしょう」

ウチクネ先生「くぉらお前!こんな所で何やっとるー!……んですか?」

ハラケン「おばちゃん、助かったよ」

ヤサコ&フミエ「ハラケン!」

アキラ「全然関係ないのですが、む、胸の大きい女の人って、ぼく、すっごく憧れてしまいます。おばちゃんは、性格に関しては、姉と似ていますが、む、胸に関しては6年生にもなってペッタンコな姉とは、大違いです。姉はきっと、一生あのままです」


ナメッチ「こ、このー!」

アキラ「この人たちが、ぼくの所属していたクラブ、大黒黒客クラブのメンバーです。ダイチさん。ガチャギリさん。ナメッチさん。デンパさん。そしてぼく。しかし、重要なのはこの人たちではありません。戦っている相手です。

この人がイサコさん。ヤサコさんと同じユウコという名前ですが、字が違って勇ましい子と書きます。名は体を表すとはよく言ったものです。すごく勇ましい人です。全然関係ありませんが、ぼくは勇ましい女の人ってすごく憧れてしまいます。それはともかく、駄菓子屋で売っている電脳兵器をつぎ込んだこの戦争ごっこはイサコさんの圧勝に終わりました。水面下では、姉とイサコさんも同時に戦っていたようですが、忙しくてぼくは気づきませんでした。でも、イサコさんはその両方に買ったのです!すごい人です。そして、姉からの電脳情報では、このイサコさんは駅ビルの空間を破壊して、大量のメタバグを引き出したという話です。姉とイサコさん、ヤサコさん以外は真相を知りません。でも、この後のイサコさんの活躍を見ると、本当じゃないかな、って思います。だって、遂にサッチーと一騎討ちをして。イサコさんは勝ってしまったんだ!

だから、イサコさんがその後黒客を乗っ取ってダイチさんを追い出しちゃった時も、ぼくはやっぱりなー、って思っちゃいました」

イサコ「それも、単なる小学生よ」

アキラ「ダイチさんには悪いけど、でも、イサコさんはサッチーより強いし、ちょっと怖い人だなあって思っていました。それで、ミゼットにちょっとイサコさんを調べさせてみたんです。……そしたら」

イサコ「おじさん!」

イサコおじ「よく来たねぇ」

イサコ「どう?もう退院できるの?」

イサコおじ「まだ、かかりそうなんだ」

イサコ「おじさん聞いて!もうすぐお兄ちゃんが戻ってくるの!」

イサコおじ「そうかいそうかい。うれしいね」

イサコ「冗談じゃないのよ?」

イサコおじ「わかっているよ」

アキラ「ちょっと、意外なものを見てしまいましたが。イサコさんも普通の子供なのかな、って。少し安心しました。でも、やっぱり何かをたくらんでいそうです。

さて。今日もミゼットを情報収集のために、路上に放っています。どんな映像を持ち帰るか、楽しみです。言い忘れましたが、ミゼットシリーズには同じ種類に出会うとジャンケンをするという、デモが仕込まれています。もっとも、発禁になってから。同じ種類には滅多に出会わず。ジャンケンの機会はほとんどないようです」

アキラ「あ、ミゼット。今日もご苦労さん。どう? 何か見つけた?」

アキラ「おや?これはミゼットと同型かなぁ。あれ?あれー?何で途中から撮れてないんだろう。こんなこと、はじめてだ。まあいいや。姉貴の生態日記の編集でもしようかなー」

フミエ「全部聞こえてるっちゅーの。姉をナメんなよ?」

ハラケン「ハッ!」

猫目「危ない!赤信号だぞ」

ハラケン「すみません。友達がそこにいた気がして」

猫目「怪我がなくてよかった。キミのそれ、電脳メガネかい?」

ハラケン「え……あ、はい」

猫目「気をつけた方がいい。特に横断歩道は。最近、おかしな事故が増えてるんだ。君と同じメガネの子がね。それじゃ」

ハラケン「あ、あの……!」

猫目「ん?

すごいじゃないか。よくここまで調べたね。君、小学生なんだよね?自由研究でイリーガルを?大したもんだ」

ハラケン「さっき、事故のこと言ってましたよね」

猫目「ああ」

ハラケン「何か、事故と関係のある方ですか?」

猫目「ああ、いや、この街で起きた出来事を、いろいろ調べてるだけなんだ。個人的にね」

ハラケン「さっき言ってた、メガネの子供の事故、どう思います?」

猫目「あー、君のレポートにもあるけど、一番有力な説は電脳ナビが誤作動したというものだね。何らかの作用で」

ハラケン「その、何らかのっていうのは、もしかして」

猫目「イリーガル」

ハラケン「はい……」

猫目「確かに。電脳ナビの事故現場では、よく黒い影が目撃されているんだ。イリーガル自体が正体不明の今、事故との関係も都市伝説の域を出ない。ただ、これはぼくの仮説なんだが、もしイリーガルが、自然発生した電脳生物だとしたら。こう考えられないだろうか。住処を追われ、絶滅の危機に瀕している生き物。あるものはペットや電脳機器の中に逃げ込み、あるものは無害化して新しい生き物との共存をはかり、自分たちが帰ることの出来る場所、安住の地を探しているのかもしれない。だが、もしその仮説が正しいとしても、それは今起こりつつあるもののほんの一部に過ぎない。今この街で起こっている、何かのね」

ハラケン「どういうことですか?」

猫目「ぼくの仮説では、事故そのものは、単なる偶然だったんじゃないかって。真相は別な場所に隠されているんじゃないかって。ぼくはきみのことを気に入った。だからきみのために一つ忠告をしておこう。これ以上、深入りするな」

ハラケン「あなた……」

猫目「あまり深みにはまると、自分の意思では戻れなくなってしまう。きみの友達の」

ハラケン「あなたは一体何者なんです!?」

猫目「自由研究は嘘だろう?」

ハラケン「何を……何を言って……」

猫目「会いたいんだろう。きみが探しているのはイリーガルではなく、その方法。自由研究のふりをして」

ハラケン「何の、ことですか?」

猫目「だが、ほどほどにしておきなさい。あまり深入りすると、きみも彼女のようになる。葦原かんなのように」

ハラケン「何故……カンナのことを……」

猫目「きみは電脳コイルという言葉を知っているか?」

ハラケン「電脳、コイル?」

猫目「知らないなら、4年前の出来事を調べてみるといい」

ハラケン「あなたは、一体何者なんだ」

猫目「君たちの安全を守るものだ。ぼくの忠告を、軽んじないほうがいい」

イサコ「もうすぐよ。もうすぐ会えるわ。お兄ちゃん」


ヤサコ「次回、電脳コイル 駅向こうの少年 お楽しみに」

13話へ 15話へ