第10話 悲劇裏(ひげきのうら)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ったく、腑抜けちまったかと思ったら
今度は急に調査に没頭かよ
んなことより、やった諌山の意識が戻ったんだ
見舞いの1つくらい行ってやればいいのによ
そう言うな
殺人容疑、重度の障害、婚約の破断
そんな状態のまま
いつ目覚めるのか分からない昏睡状態
今の諌山を受け入れるには
相当の覚悟が必要だ
だからって
紀之は諌山を見捨てるようなヤツじゃねーだろう
だからだよ
半端な気持ちのままじゃ、会いに行けないんだろう
会うからには覚悟を決める
あいつなりのケジメなのさ
やはり、全部違う方向からか
黄泉、お前は誰にやられたんだ?
プルルル、ピッ
こいつは……あの時の……
黄泉>
どうして、何が?
プルルル、ピッ
黄泉!?
非常招集です
首都高5号線、北池袋付近に超自然災害源が発生
カテゴリーはB、種別は火車
黄泉が消えたの!
なっ……
黄泉がいなくなったの!
私が、私が悪いの!
おちついて、神楽ちゃん
まず、状況を詳しく説明して
処理班はただちに出動!
事情はわかったわ
すぐに調査班を派遣するから
はい
大丈夫よ
黄泉ちゃんはきっと見つかるわ
心配しないで。じゃ
ピッ
黄泉……
そんな、そんな事!
プップップ……
黄泉、出て……お願い
おかけになった電話番号は、電波が届かないか……
黄泉、無事なの黄泉!
黄泉!お願い、答えて!
黄泉!黄泉!
なんだこの渋滞は!
現場が高速だから、その影響が出てんじゃねーの?
あいつなりのケジメなのさ
それがけじゃなさそうだな
また市谷か
新型か?
うおっ
裏道抜けるぞ!
私、今まで黄泉を目指して戦ってきた
黄泉がいたから一緒に戦えたの
お母さんが死んで泣いていた時
黄泉が優しくしてくれたの
今度は、私が支えなきゃいけなかったのに……
神楽……
私、裏切ったの
だから、いなくなったんだ
神楽ちゃんは、そのお姉さんのことが好きなんでしょう?
うん
それなら、また信じてあげればいいじゃん
お姉さんも、神楽ちゃんのことが好きだったら
それできっと通じるよ
やっちん、ミク
誰だって、ぶつかったりすれ違ったりすることはあるんだしさー
きっとお姉さんだって、神楽ちゃんのこと、必要としてるよ?
うん
ほら、これでも食って元気出せー
お務め、あるんでしょう?
がんばれ、土宮神楽!
誰だ?
黄泉……
お前……何故……
うっうううう!
うあああああ!
命乞いなさい
な、何、だと……
いいわ、抉るから
うっ……
ん?
これはこれは
奥様には気の毒なことをしました
この災厄を放っているのは、お前だな?
今日は敵討ちですか?
そのような浅薄な感情は持ち合わせておらん
ただ、務めを果たすのみ
ふっ、つまらない人だ
フン!
逃げるか!
僕は戦うつもりはありません
ただ、成り行きを見届けるだけ
ふふふ……ふふふ……ふふふ
あー、うちもヘリ入れようぜ、ヘリ
都内に車で出動すること自体、ナンセンスなんだよ
ヘリ使うような緊急事態がしょっちゅうあってたまるか!
ならバイクにしたらどうだ?
紀之!
おめ、どこ行ってたんだよ!
黄泉の状況は?
いや、まだ何も
こっちは、手がかりを見つけた
あいつの無実を証明してやる!
紀之……
まずは目の前の仕事を片付ける
今は、これがお務め
フン!
プップップップッ
おかけになった電話番号は、電波が届かないか
電源が入っていないため、かかりません
プッ
よっ
あ、ノリちゃん
あいつは大丈夫だよ
でも!
大丈夫だ。あいつは戻ってくる
絶対に
うん
ノリちゃん?
ん?
ノリちゃんは、黄泉のこと、信じてる?
おれたちの知らない敵がいる
そいつが黄泉をやったんだ
まだ証拠とは言えないが、その可能性は見つけた
それじゃあ
もっと、信じてやるべきだった
ごめんなさい
きっと、私のせいだ
神楽
うおお!し、死体が!
カテゴリーDだ!
手持ちの武器で各個に応戦しろ!
一騎、なあ、どうなってる?
どうもこうもねえよ
魍魎の群れだ
起動中隊の遺体に憑りついたんだろう
うっ……・
いつの間に……
次から次へと
どうなっているんだよ、一体!
恐らく、裏で仕掛けてるヤツがいるんだ
仕掛けてるって、誰が?
黄泉をやったヤツだ
きっと、全てがそいつの仕業なんだ
うおあ!
何だ
新手か?
くっ……
プルルルル、プルルルル
おい……
嘘、だろ
プルルルル、プルルルル、ピッ
ハローゥ、神楽
どういう事なんだよ、なんで諌山が
分からん、分からんが
黄泉、どうして……
対策室より処理班へ
今より諌山黄泉を超自然災害源、カテゴリーAへと認定
これを除霊、排除せよ!
おい!
やっべえ、散れ!
黄泉
神楽!
ちっくしょお!
よせ!
大丈夫か?
うん
一騎!
んっ、悪い
おい……
何て1日だ
どっから湧いてきたんだよ
全員一か所に集まれ!
迎え撃つぞ!
飯綱!お前は諌山を追え
ああ、ここはオレ達が引き受けたってヤツだぜ
急げ!
私も行く!
え?
お願い!
ああ、ここはオレ達で充分だ
さあ、一発ぶちかますか!
来るぞー!
ごめんみんな、死なないで
こっちの台詞だ!
行くぞ!
何?
共同溝だ
共同溝?
地下を走るライフラインのトンネルだ
黄泉は、この中に
多分な
階段がある、降りるぞ
おうりゃー!
お前らは敵じゃねえんだよ!
桜庭!
なっ……フッ
ねえ、黄泉はどうなるの?
本当に、怨霊になっちゃったの?
本当に、もう戻らないの?ねえ?
言うな!
今は、言わないでくれ
ごめんなさい
トンネル、もう1つあるね
二手に別れよう
でも!
一匹連れていけ
何かあればすぐに片付ける
俺は向こうを探す
うん
ノリちゃんも気をつけて

やっぱり来たのね
病院では会いに来てくれなかったのに
黄泉
決心がつかなかった?
どんな顔をして会えばいいのかって
ふっ、そりゃそうよね
一生まともに動けなくて言葉も話せない
人殺しとなんか、付き合いたくないものね
そうじゃない!
お前をあんなにしたやつを探してたんだ
それで、お前との覚悟を決めるつもりだった
すまない
どーでもいいのに、そんなこと
今さら、どうでもいい
私を殺して?
人の世に死の穢れをまく者を退治するのが
私たちの使命
今の私は死の穢れよ
殺して
殺してよ
くっ…そんな
殺して
殺して
つまらないわね
乱紅蓮
あ……一騎!
よう、紀之、悪い
あなたが私を殺さないなら
私が彼を殺すわよ
よせ!一騎は関係ないだろう!
本当のことを言うとね?
邪魔だなぁって思っていたの
いつも私と紀之の時間に割って入ってきて
黄泉
ぐあー!
やめろ!
いいわよ、やめさせて
私を殺せば止められるわよ
ほら、早くしないと彼、死んじゃうわよ
一騎!
紀之、諌山を、殺れ
殺れ!もうこいつは手遅れだ
彼の言う通りよ
さあ、早くそれで私を殺して
そうだ、紀之、ダーツ好きだったわね
えっ
好きだったわよね、ダーツ
紀之、殺れ、紀之
ここがシングル、ここがダブル、ここがトリプル
紀之
ふっ
諌山、よせ、よせー!
ぎゃー!
やめろ黄泉!もうやめてくれ!
ねえ、ノリちゃんは黄泉を見つけたら戦うの?
殺すなら、おれを殺せ!
戦わないよね
ノリちゃんも黄泉のこと、好きだよね
黄泉!
お願い、黄泉を見つけたら、助けてあげて
殺して……殺して
紀之……
早く
殺してぇ!
紀之ー!
あいつは、もう来ないよ
あいつは、意気地なしだぁら
あっ
神楽……うっ……ガス
あ!
ドゴーン!
乱紅蓮!
この程度で、撒いたつもり?
それとも、殺すつもりだった?
あああ!
乱、紅……あああ!
痛いよね、神楽
でも大丈夫
すぐ楽にしてあげるから
どう、して
どうして、どうして、どうして
どうして、黄泉、お姉ちゃん
私を
姉と、呼ぶな!
これはこれは土宮どの
お父さん
まさかそなたが迷うとはな
フッ
迷いなんか、全て消えたわ
次回、喰霊-零- 運命の乱