こぼれ話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


じゃんけん

=Lv5以上
なぎさ「あらあなたこんなところで何しているの?」
主人公「誰?」
なぎさ「私はなぎさ。怪物退治を生業とする陰陽師よ。」
主人公「陰陽師?でもちょうど良かった。ここの怪物たちを倒すのを手伝ってよ。」
なぎさ「いいわよ。私にじゃんけんで勝ったらね。」
主人公「じゃんけん?」

=じゃんけん終了後

主人公「勝ったわよ。これで仲間になってくれるのよね?」
なぎさ「仕方がないわね。準備してくるからちょっとだけ待ってって。」
主人公「あっ、ちょっと待ってよ。」
主人公「行っちゃった…。」





陣形

=Lv6以上
なぎさ「良かった。まだ生きていたのね。」
主人公「どこ行ってたのよ。早く手伝ってよ。」
なぎさ「分かってるわよ。それじゃあ【陣形】アイコンから私を配置してね。」

=陣形配置後

主人公「これで良いのよね。」
なぎさ「そうよ。生命力や防御力が高い人は前列が基本なの。」
なぎさ「でも油断しては駄目よ。後列を攻撃する技能だってあるんだから。」
主人公「じゃあどうすれば良いのよ?」
なぎさ「相手によって配置を変えるしかないわ。」
なぎさ「負けた時は相手がどこを攻撃してくるか判断して、配置を変えてみると勝てるかもしれないわね。」
なぎさ「戦闘中だからって気を抜いてニコニコしてたら先へ進めなくなるわよ。」
主人公「(戦いながらニコニコ?意味がわからないわね。)」


強化

=主人公Lv7以上
鍛冶師「【強化】システムが開放されました。」
主人公「えっと…。あなたは?」
鍛冶師「私は鍛冶師。装備の強化などを担当しています。【強化】アイコンをクリックして装備を強化してください。」
主人公「(とりあえず言うとおりにしておこう。)」

=装備強化後

鍛冶師「強化レベルは主人公レベルまで上げることができます。」
主人公「装備を強化するには私も強くならないと駄目ってことね。」
主人公「(でもお金かかるし、強化なんてたまにすれば十分よね。)」
鍛冶師「なお、お金をケチって強化せずに進むと余裕で死ねますので、常に上限まで強化することを心がけてください。」
主人公「…はい。」
鍛冶師「また、この先、制限レベル30以上の装備が手に入ったら、【鑑定】や【霊魂】での強化も忘れないで下さい。」
鍛冶師「余裕で死ねますから。」
主人公「…そうよね。大事なことよね。」



万葉杯・修練

=主人公Lv11
運営委員「あなた強そうね。【万葉杯】に参加してみない。」
主人公「万葉杯?」
運営委員「強さを求めるプレイヤー達が戦う場所よ。戦えば【名声】【栄誉】【修練値】が手に入るわ。」
主人公「私は別に名誉や栄誉のために戦ってるわけじゃないわ。」
運営委員「【名声】が高ければより強い人を仲間にすることができるのよ。」
運営委員「【栄誉】があれば冒険に役立つアイテムを手に入れることもできるわ。」
運営委員「【修練値】は内に秘められた能力を開放するために必須。」
運営委員「どれもこの日本を救うためには重要なことなの。」
主人公「そうだったのね。あなたも参加するの?」
運営委員「私はただの運営委員よ。でも機会があれば戦うこともあるかもね。じゃあバイバイ。」
主人公「説明ありがとう。バイバイ」



=主人公Lv後
運営委員「そうそう。【修練】のやり方はまだ知らないよね。
主人公「あっ、さっきの運営委員さん。」
運営委員「【鬼娘】画面の右側に【修練】タブがあるわ。」
運営委員「そこであなたの内に秘められた力を開放することができるの。」
運営委員「万葉杯でたくさん戦った後は【修練】を忘れないでね。」
主人公「ありがとう。早速やってみるわ。」


ダンジョン

=主人公Lv15後
冒険者「ねぇ、そこのキミ?そんな装備で大丈夫?」
主人公「え?」
冒険者「一度【ダンジョン】へ行ってみると良い。あそこでは強い装備が手に入るから。」
主人公「ありがとう。ちょうど今の装備じゃ心もとなかったの。じゃあ早速行ってみるわ。」
冒険者「【ハードモード】ならもっと強い装備と【謎の石板】が手に入るから、強くなったら行ってみるといいわ。」
主人公「謎の石板?何に使うの?」
冒険者「たくさん集めると、交換画面から最強と言われる装備と交換することができるの。」
主人公「分かった。【ハードモード】ね。覚えておくわ。」


孵化・餌・探査

=主人公Lv16後
主人公「なんだろうこの卵?」
ペット師「それは怪物の卵【庭園】で【孵化】させるとぺっとにできるニャン。」
主人公「わ!いきなり何よ!」
ペット師「私の事より早く【庭園】に行くニャン。」

=羽化作業後

主人公「このペット、何か役に立つのかな?」
ペット師「もっと先へ進めばお宝を拾って来てくれたり、戦闘中に力を貸してくれたりするニャン。」
主人公「そうなんだ。教えてくれてありがとう。でも誰?」
ペット師「じゃあまたペットの事で困ったことがあったら呼んでニャン。」
主人公「…。別に呼んだわけじゃないんだけど。確かに困ってたけどさ。」

=主人公Lv17後
ペット師「それはペットの餌じゃナイか?」
主人公「これ?さっき手に入れたんだけど。」
ペット師「それをペットにあげるととっても喜ぶから、早速【庭園】に行くニャン。」

=餌をあげる

ペット師「たくさん餌をあげると技能を覚えて戦闘についてくるようになるニャン。」
ペット師「でもペットは機嫌が悪いと力を貸してくれニャイから、餌はどんどんあげる良いニャン。」
主人公「色々ありがとうね。」

=Lv23以上
ペット師「そろそろペットが【探索】してくれる頃ニャン。」
主人公「あなた、いつもいきなり来るわね。」
ペット師「【庭園】で【探索】アイコンをクリックするニャン。」

=探索後

主人公「ペットが何か探しに行ったみたい。」
ペット師「見つけたアイテムは主に【交流の間】でプレゼントすればみんな喜んでくれるニャン。」
主人公「そうなんだ。じゃあペットには頑張ってもらわないとね。」
ペット師「急いでいる時は金貨を上げるとすぐに見つけてくれるニャン。ペットは金貨を集めるのが大好きニャン。」
主人公「えっと…、うん。」



交流の間

=主人公Lv24以上
さくら「あ~、私それ大好き。」
主人公「さっき貰ったこれのこと。こんなので良いならあげるわよ。」
さくら「わ~い、ありがとう。【交流の間】で待っている。」

=贈り物を贈った後

さくら「本当にありがとう。もっと集めたら強くなれる気がする。」
主人公「じゃあペットにはたくさん集めてきてもらおっと。」
さくら「同じ職業の技能ならここで覚えることができるから、それも忘れないでね。」
主人公「知らなかった。教えてくれてありがとう。」
さくら「どういたしまして~。ふっふふーん。」





協力プレイ

=主人公Lv29以上
ペット師「おめでとニャン。【協力プレイ】ができるようになったニャン。」
主人公「またペットのことで何か教えてくれるの?」
ペット師「【冒険】アイコンから【協力プレイ】を選べば他のプレイヤーと協力して戦えるニャン。」
主人公「ペットと関係なさそうだけど、戦うと何か貰えるの?」
ペット師「もちろんニャン。それに他のプレイヤーのお手伝いをすると【親切ポイント】も手に入るニャン。」
主人公「親切ポイント?」
ペット師「【親切ポイント】を集めると【協力プレイ】の交換画面からペットの餌なんかと交換できるニャン。」
ペット師「情けは人の為ならずニャン。」

      • メモし忘れ。(1月11日追記しました。確認後この行は消してもらってかまいません)