孤独の都/City of Solitude

弧を描く花びらが、わたしにとっての地平線だった。新たなわが家は、草の尖塔と、かぐわしい花粉の枕に恵まれていた。
――フェメレフの哲人、ナイマ

"My horizon was the arcing petals, my new home resplendent with spires of weeds and pillows of fragrant pollen."
――Naimah, Femeref philosopher

ヴィジョンズ




名前: