神への捧げ物/Divine Offering

D'Haren stared at the twisted lump of metal that had been a prized artifact. The fight was getting ugly.

レジェンド

ダーレンは、もはやねじくれた金属塊にすぎない、かっての自慢のアーティファクトをまじまじと見つめた。争いはいよいよ手に負えなくなってきた。

D'Haren stared a the twisted lump of metal that had been a prized artifact. The fight was getting ugly.

クロニクル

スークアタの民は商いを信ずる。フェメレフの民は施し。そしてザルファーの民は鋼を。ケアヴェクよ、覚悟するがいい――いまや我らはひとつになった。
――シダー(将軍)ジャバーリー

"Suq'Ata believe in trade; Femeref, alms; Zhalfirins, steel. Be warned, Kaervek――now we are joined."
――Sidar Jabari

ミラージュ

空に流すこの苦痛の涙。それは
苦い滴ではなく、神に捧げられた水。
転がり落ちる悲しみの宝珠の、もはや
神なる一粒一粒に、別の叫びがこだまする。

These tears of pain I weep to the skies, Not bitter drops, but water made divine. Each gem of sorrow slips, no longer mine, But proffered thus to echo other cries.

第5版

「ファイレクシア人どもは無敵ではない。あきらめるな。勝つのは我らだ!」
――反乱軍のリーダー、ジュリアン

"The Phyrexians are vulnerable. Do not despair. We will prevail!"
――Juryan, rebel leader

ミラディン包囲戦




名前: