よじれた正義/Twisted Justice

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

オティエフの心の中では、被疑者の方に傾いていた。しかし裁判所においては彼は単なる見物人であり、ただ自分の手で死刑の書類に署名をするのを見ているだけだ。

In Otiev's mind, he ruled in favor of the accused. But in his courtroom he was only a spectator, watching his hand deliver the sign of death.

ラヴニカ:ギルドの都