もの悲しい詩人/Tragic Poet

泣いてもいいが、私は涙を奪われている。叫んでもいいが、私は声を奪われている。だから、私は書くのです。

"I would weep, but my tears have been stolen; I would shout, but my voice has been taken. Thus, I write."

ウルザズ・レガシー




名前: