夜のチャイム/Chime of Night

ダヴォールに仕えに行かされる者は、たいていこういう楽器を持って行った。ダヴォールに、彼らの真の主が誰であるか思い出させるためであるかのように。

Many sent to serve Davvol carried such instruments, as if to remind him who their true masters were.

ウルザズ・デスティニー




名前: