第二次ネバーランド大戦


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

魔導世紀1030年に勃発した世界大戦。
シンバ帝国の独裁的・差別的制度によって不当な扱いを受けてきた
魔族や地方民族の怒りを発端とし、
人と魔族が共存するネバーランド皇国の建国のきっかけとなった。


経緯


魔族の反乱と各勢力の反応


前大戦終結から13年後の魔導世紀1025年、
それまで独裁的な政治を敷いてきたソルティ帝がソードマスターのクライスによって暗殺され、
帝国は混乱の兆しを見せ始める。
そして魔導世紀1030年、人民階級制度などによって差別的扱いを受けてきたネウガードの魔族たちが
ついにトータスブルグへ侵攻。
それとほぼ同時期にヘルハンプールでも魔族の娘ロゼが反乱を起こし、
再び人間と魔族の対立構造が生まれた。

ソルティ帝亡きあとは帝国軍第3師団の団長アフランが実権を握っていたが
彼に従うのを良しとしない元老院の元議長ディプや西部方面軍の総司令ケイ・ファルオン
今回の魔族の反乱を好機と見て独立。
また、各地の総督や太守たちも分断した帝国を見限り、独自判断で軍を動かし始める。
こうして総勢24の勢力が入り乱れる大戦が始まった。

さらに、魔導世紀1032年には前大戦で大陸進出を諦めた北方の島国ホルノス政府軍
再び大陸への侵攻を開始している。


終戦までの流れ


様々な勢力が争いを繰り広げる中、ロゼ率いる魔皇軍新生シンバ帝国軍を打ち破り、大きく勢いを伸ばす。
同じ魔族勢力であるブラッディフォースをはじめとした各地方勢力を次々に統合し、
また好戦的でない勢力に対しては不可侵条約を結ぶことで、順調に支配域を拡大させていった。
これに対し、大陸東部で拮抗していたシンバ帝国軍ソルティ解放軍
同盟を結んで魔皇軍へ対抗する。

しかし同盟の裏で、ソルティ解放軍の君主ディプ
隙を見てシンバ帝国軍の本拠地を占領せんと画策していた。
以前からディプを信用していなかったアフランはこの企みにいち早く気づき、
先手を打って解放軍の本拠地ペトゥンを攻撃。
これによりソルティ解放軍は滅亡した。

一方の魔皇軍ロギオンフラウスター兵団と同盟を組み、
帝国の本拠地ゴルデンへの挟撃の準備を進める。
同士討ちで味方を失ったシンバ帝国軍はこれを凌ぎ切る事が出来ず、ついに壊滅。
こうして大陸統一がなされ、ロゼを君主とするネバーランド皇国が設立された。
なお、終結年は明かされていない。


その他の勢力


ブラッディ・フォース

 魔皇軍の申し出を受け統合。

ゴブリン兵団

 君主ビッグママが伴侶探しのために失踪。空いた領土は魔皇軍に吸収される。

ギュフィ王国軍

 王子ギュフィ四世を人質として引き渡すことで魔皇軍と不可侵条約を締結。

ジグロード自治軍

 魔皇軍に降伏。君主メトロノーゼは退位。

新生シンバ帝国軍

 シンバ帝国軍の分断工作と魔皇軍の攻撃により滅亡。ケイ・ファルオン戦死。

聖神コリーアの民

 魔皇軍の攻撃により滅亡。コリーア戦死。

知恵猫魔法兵団

 軍の領土通過を許可することで魔皇軍と不可侵条約を締結。

飛空騎団ルニカ

 魔皇軍に降伏。

ルネージュ公国軍

 魔皇軍に降伏。

デザートガード

 魔皇軍に降伏。

旅団・八眼蟲

 表向きには魔皇軍によって滅んだことになっているが、
 実際は孤児の安全確保を条件に君主アリーが土地を明け渡している。

ガレオン自由軍

 魔皇軍の侵攻を受けるが特に応戦せず敗走。そのまま君主カシュルールが部下とともに失踪した。

グリッサ公国軍

 影武者の王が魔皇軍の降伏勧告を受諾。この決定に反対した真王は処刑された。

カエルフォース

 シンバ帝国軍の攻撃により滅亡。

ムロマチ軍(東方四天同盟)

 戦争中に盟主鈴魚姫が出奔。空白状態になった土地をシンバ帝国に占領される。

トライアイランド解放軍

 魔皇軍と不可侵条約を締結。

ドウム戦闘国家

 君主ガイザンの活動停止により滅亡。

ホルノス政府軍

 魔皇軍に統合されたブラッディ・フォースの攻撃により滅亡。リューハイン事故死。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。