任侠伝 渡世人一代記 攻略@wiki 小ネタ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

小ネタ







ステータス関連


ステータスの意味


項目 詳細 成長上限
体力 ライフゲージ。0になるとゲームオーバー 300
腕力 攻撃力。
鍔迫り合いの強さにも影響
300
俊敏 素早さ。通常の移動速度と
ダウン時の起き上がりの速さに影響する
300
侠っぷり 町の人々に対する評判。
ある程度高いと店で値引きしてもらえたりする。
仲間に入れる時の必要条件にも影響?
300
器量 しごとで同行者を連れて行く時に消費する数値。
基本的に強い仲間程消費器量が激しい。
999

  • 基本的にどの能力値も敵を倒した分だけ成長するが、体力・腕力・俊敏については任務時間も関係している模様。
    任務時間が長いほど能力値が上昇するチャンスが出てくるので、速解きを目指す必要はない。

  • 「○○成長活性」の追加効果がある衣紋は第一章で一通り揃うので優先的に買い揃えていきたい。

  • 能力値プラスの道具を装備することで成長限界を越えて底上げできる。

  • 侠っぷりはしごとに失敗したり、無法をはたらくと下降するので注意。




武器・習得技関連


熟練・愛着


  • 熟練・愛着ともにカンスト時の表示は「極」になる

  • 愛着は技の習得には関係ない模様。

  • 逆にどれだけ熟練を鍛えても強い武器を装備して戦わないと新しい技を習得できない。
    素手ゴロは例外で、章を進める事によって習得可能技が増えていく。


戦闘関連


もろ肌ゲージを早く溜める


崩し・受けが決まると通常の攻撃よりもろ肌ゲージが多く溜まる。
絵染めの効果が腕力活性など早めに出したい物の場合は崩しを連発するといい。
崩し技・受け技に派生する必要はないので敵が少ない場合は派生させずに同じ敵に崩しを連発するのもひとつの手

ただし△ボタンの操作は連携技よりも、もろ肌見せが優先されるため、体力回復系の絵染めなど
発動するタイミングを限定したい物の場合、受け・崩しを連発しすぎるともろ肌を温存するために
連携技が出せなくなってしまうケースもある。


連携ゲージ


ほれっぷりが高いほど連携ゲージが溜まるスピードが上がる。
更に連携技を出すとほれっぷりにボーナス値が加算されるので積極的に狙っていきたい。


連携技のバグ?


丹下左善の固有連携技「快刀輪転」の連携技一覧での陣形表記は間違いである可能性が高い。
実際は二人で発動できる。
詳細は連携技一覧を参照


隠し武器


1周目クリア後、ばばやに「ムラマサ」「金キセル」が売り出させる様になる。
  • その為一周目では技のフルコンプは不可能。




博打


博打関連アイテム


開運のお守り 博打運小吉
幸運の賽 博打運大吉
打ち出の小槌 博打鴨葱

  • 「博打運○○」は博打中に一定確率で発動し、当たり目を教えてくれる追加効果。
    金稼ぎが格段に楽になるのでばばやの商品リストに並んだら最優先で購入するべし。発動確率は大吉の方が高い。
    ただし、周りが張った額や人数によってはアタリに賭けても損をする場合もあるので注意。

  • 「打ち出の小槌」の特殊効果「博打鴨葱」は 博打でハズレしか出なくなる
という罠アイテムなので
特殊な理由でもない限り装備する意味はない。

↑-「打ち出の小槌」の特殊効果「博打鴨葱」の真の意味は賭場に小槌が一人で参加する(主人公とは関係なく)ので
小槌とは違う方(丁なら半)に賭けると必ず当たる、という代物。 小槌が偶にどっちにも賭けずに黙り込むことが
あるが、連続で黙り込むことはないので、その場は流して次から賭ければ良い。 小槌=鴨葱


アタリを見極める


各キャラにはある程度勝率が設定されている模様。アタリを引きやすいキャラに便乗すれば
そこそこ高い確率でアタリを引く事が出来る。

  • 大槌・小槌は負ける確率が非常に高い為、逆の目に賭けるとよい


旧サイトより新氏の情報

仲間にしていても大槌、小槌が賭場に参加することがあります(セットで出るのも確認)
当然カモにすることができます。あとお蘭が嫁さんだと(4章限り)必勝なのはガイシュツでしょうが、その場合、
瞬時に取り分が多くなるほうに賭けるコツを身につけるとミソ限りまで2000両ほど稼げる場合もあります。




表示バグ


配当金が入るった時に所持金が所持限度額である99999両を越えると表示がマイナスになってしまう。
ただし見せかけのみで、更に賭けるか博打が終われば99999両に戻るので特に実害はない。
もっとも、それだけ金があれば博打に行く必要もないだろうが。