任侠伝 渡世人一代記 攻略@wiki ゲーム詳細

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ゲーム詳細




Q.これってどんなゲーム?

「首都高バトル」「剣豪」「玉繭物語」など、代表作に統一感のない素敵メーカー
元気株式会社 が2006年3月2日にリリースした自称「侠気(おとこぎ)アクション」。
一応完全新作ではあるが、同社の人気作「風雲新撰組」「風雲幕末伝」の流れをくむ
演出・システムを採用しており、実質「風雲」シリーズの外伝であるという見方もある。



風雲シリーズなら、新撰組や維新志士は出てくる?

出ません。
システムそのものは「風雲」シリーズの進化系にはなっているが、
物語は東海道にある架空の町が舞台になっており、「幕末」はまだ先の話の模様。
在の人物はNPCでは歌川広重や平賀源内などの文化人、仲間として使えるのは清水の次郎長や
ゲスト参戦の国定忠次らがいるが、本筋にはほとんど絡んでこない。

史実ものをやりたければ他の風雲シリーズや剣豪等の作品がオススメ。
風雲ファンへのサービスなのか、幕末後期に活躍するあの人の幼年時代も出てくるが、
割とぞんざいに片付けられる。

登場人物はほとんど元気オリジナルキャラだが、丹下左膳などの架空の侠客や、
時代劇の主人公をモチーフにしたと思われるキャラも多数登場しているので、
時代劇ファンなら別の楽しみもアリ。

時代劇を意識したのか全体的にストーリーはライトテイストだが、饒舌になりすぎない語りや、
独特の「間」など、演出方法が「風雲~」シリーズに酷似しており、前作を新撰組や幕末志士への愛着を
抜きにしても楽しめた人ならオススメ



Q.子安が主人公って本当?

本当です。
主人公(デフォルト名『風来の蓮次』)の声優はゼクス・マーキス(新機動戦記ガンダムW)、
脳噛ネウロ(魔人探偵脳噛ネウロ )、猿飛佐助(戦国BASARA)、高橋涼介(頭文字D)等、
2枚目から3枚目まで幅広くこなす名優、子安武人氏が担当しています。

今作では粋と侠気(おとこぎ)を愛する熱血漢という氏の芸風では珍しい役を演じており、
また名脇役に定評のある子安氏がゲームの主役を演じているという点でもファンにとっては貴重な1本かも。
特に今作における見せ場の一つでもある「もろ肌見せ」システムは絵染めの種類によってセリフが変わり、
子安ボイスによる迫力の啖呵は一聴の価値あり。

他にも水樹奈々、皆川順子、竹内順子などの新鋭やベテランが脇を固め、キャストは割と豪華。



Q.自由度は高いの?

「任侠」というインモラルな世界観の為箱庭ゲーと勘違いされがちだが、
面セレクト形式の完全ミッション制なのでGTAや喧嘩番長的な自由度を求めているなら
全く性質の異なるゲームだと思った方がいい。

逆にパターンを理解できればアクションゲームとしての難易度は低い為、
武器の選択による戦闘スタイルの組み換えや、着せ替えなどといった要素で
時代劇の雰囲気をある程度自由に楽しむ事はできるが。

また、プレイヤーの行動により物語の展開やエンディングが若干変化する。