SS・2スレ目-013

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

570 :海王星の発明 :2006/02/05(日) 13:00:45.14 ID:bwYx+axa0
海王星「よーし、完成。さっそく起動!」

ピッ

トリトン「おはようございます。マスター、今日もお綺麗ですね」

海王星「よしよし、人格プログラムは正常みたい。」

太陽「海王星いるかー?・・・ってうわ!誰?」

海王星「どう?わたしの新発明の‘T-01’通称「トリトン」よ!」

太陽「トリトンよ!って・・この子機械なの!?
   見た目は俺たちと変わらないのに・・・」

海王星「そうよー。作るの苦労したんだから。あっ、トリトン、この人は太陽」

トリトン「太陽、ですね。記憶しました」

太陽「よろしく、トリトンさん」

571 :海王星の発明 :2006/02/05(日) 13:01:05.11 ID:bwYx+axa0
トリトン「こちらこそよろしく、太陽。なかなか男前だな。好みのタイプだ」

太陽「え!?」

海王星「ごめんねえ。詳しい人物データが入ってない人にはタメ口聞くようになってるのよ
   たぶん、知らない人にはついて行かないように設定した影響だと思うけど」

太陽「いや、それはかまわないけど・・・」

海王星「そう?じゃあ、太陽に対してはこのままでいいか」

太陽「あ、うん。それよりずいぶんハッキリとした性格だな」

海王星「そうねー。素直でいつでも冷静沈着な性格にしたからね。
    ハッキリとものを言うのはそのオマケみたいなものね。
    自分の感情を冷静に分析して思ったことを素直に伝える、
    ってカンジ」

太陽「すごいな。ちゃんと感情もあるんだ」

572 :海王星の発明 :2006/02/05(日) 13:01:23.37 ID:bwYx+axa0
海王星「そっ。苦労したんだから。詳しい話してもわからないと思うけど。
    好き嫌いとかは他の惑星たちのデータを総合して元にしてるから、
    太陽を好みのタイプに感じるのはあなたが皆に好かれてる証拠ね」

太陽「なんだか照れるな」

トリトン「照れた顔もかわいいな。
     それに先ほどのマスターとの会話を聞く限り性格もよさそうだ。
     ますます気に入った」    

太陽「!」

海王星「あっはっはwこりゃいいわ。さすがの太陽もタジタジね」

太陽「あ、ありがとう・・・トリトンさん」

トリトン「トリトン、でいいぞ。わたしと太陽の仲ではないか」

太陽「あ、わ、わかったよ、トリトン(・・・なんかやりづらいなあ)」

海王星「あっはっはw」

《一覧に戻る》
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  
メニュー

サイト内