SS・3スレ目-004

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/07(火) 01:08:05.04 ID:rufBszQZ0
やっとできた……。おめえうぜーんだよ!ってくらい長いので、覚悟されたし。



火星「ダイモスー、ダイモスー!!…全く、どこに行ったんだ、あいつ。
   ねぇ、フォボス。ダイモス見かけてない?」

フォボス「フォボスしらないよ?」

火星「ま、夜までには戻ってくるか………」

────────────────────



火星「まだダイモスの奴は帰ってきてない?」

フォボス「フォボスみてないー」

火星(幾ら何でも遅過ぎるな………ちょっと太陽んとこにでも行ってみるか)

────────────────────

96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/07(火) 01:10:03.39 ID:rufBszQZ0
割り込んじゃってスマン。>>93の続き

太陽「やぁ、お師匠様w こんな時間にどうしたの?」

火星「……そのツラに一発お見舞いしたいとこだけど、
   ときにうちのダイモスがジャマしてないか?」

太陽「いや、うちには来てないけど………ダイモスがどうかしたのか?」

火星「……まだ、帰ってきてないんだ」

太陽「何だって!? ダイモスの様子に変わったところとか、
   何か手がかりとか無いのか!?」

火星「今朝から見かけてないんだ……昨夜も特に変わった所はなかった……
   あっ!? もしかして、あいつ……家出………したのかもしれない…」

太陽「なぜ家出する必要がある?」

火星「こないだ、朝稽古で結構酷い事してしまってな………あいつ、それで……」

太陽「ったく、お前は稽古のこととなると見境が無くなるからな…。
   まぁ、その辺は後でゆっくり話すとして、ダイモス捜索が先決だな。
   とりあえず、みんなに連絡してみよう」

火星「………あぁ」

────────────────────

98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/07(火) 01:10:32.20 ID:rufBszQZ0
太陽「……ダメだ、海王星だけ連絡が取れない」

水金地火木土天冥ハガ月「…………………」

天王星「まさか、海王星殿が………」

木星「ば、莫迦なことおっしゃらないで頂けます!?
   そんな証拠も何も無いのにお友達を疑うなんて莫迦なことは…」

天王星「し、しかし、昨晩、海王星殿宅から、怪しげな笑い声と共に
     ダイモスがどうのこうのと聞こえてきたでござるよ」

木星「そ、そんな、まさか……!?」

天王星「忍びは嘘をつかないでござる」

水金地火木土天冥ハガ月「…………………」

太陽「とりあえず、ここで議論したところで埒があかない。
   手分けしてダイモスを探すんだ。
   俺と火星は、海王星のとこに行ってみよう」

水金地火木土天冥ハガ月「わかった」

────────────────────


99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/07(火) 01:10:53.25 ID:rufBszQZ0
水星「ダイモスー!!」
────────────────────
金星「ダイモスーーー!!」
────────────────────
地球「ダイモスくーん!!」
月「ダイモスやーい!!いるんなら返事しれー」
────────────────────
木星「ダイモスー!!ダイモスー!!……もぅ、どこに行かれたのかしら」
────────────────────
土星「ダイモスく~ん!出ておいで~」
────────────────────
天王星「ダイモス殿~拙者と勝負するでござるよ~。だから出てくるでござる~」
────────────────────
冥王星「ダイモスくーん!ダイモスくーん!」
────────────────────
ガニメデ「ダイモス殿ー!!みなさま心配しておりますぞー!!」
────────────────────
ハレー「ダイモース!!ダイモース!!」


100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/07(火) 01:11:11.29 ID:rufBszQZ0
太陽「誰もいない………」

火星「ダイモス………どこ行っちゃったんだ………う、く、うっうっ」

太陽「ほら、しっかりしろ!君がしっかりしなくてどうするんだ!」

火星「でも!でも!ダイモスがぁ、ダイモスがぁっ!!」

太陽「火星!! 俺が知っている君は、どんな困難でも乗り越える事の出来る
   強い心の持ち主だ!!ダイモスは絶対に無事だ。
   だから、自分を見失うんじゃない!」

火星「うっ、う…………」

太陽「とりあえず、一度みんなと合流しよう」

火星「…………うん」

────────────────────

101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/07(火) 01:11:31.13 ID:rufBszQZ0
太陽「どうだった?」

一同 「……………」

太陽「そうか………」

ピピピピピ

太陽「!! 海王星からだ!!
   ……もしもし、海王星か!?」

海王星『電話く…たみいだ…ど、どうか…たー?』

太陽「ダイモスが、今、行方不明なんだ」

海王星『何だ…て?それ…ど…いう状況…の?』

太陽「磁気嵐の影響で通信品質がよくないな…。
   できれば直接遭って話がしたい。今どこ?」

海王星『えっと…うち…で…と40AU…らい』

太陽「よし、それじゃ君んちの前で落ち合おう」

海王星『わか…た』

────────────────────

102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/07(火) 01:11:48.92 ID:rufBszQZ0
海王星宅前

ガニメデ「……ダイモス殿、どちらに行かれてしまわれたのでしょう…。
     ま、まさか、神隠s」

木星「ガニメデ!! 口を慎みなさい!!」

ガニメデ「ハハ……これは、失礼致しました」

木星「………ちょっとお静かに………みなさん、何か聞こえません?」

??「お前は変なやつだ」

??「え~どうしてですか~?」

??「お前は男のくせに、男っぽくないからだ」

??「えへへ、それぇ、うちのお姉ちゃんにも言われちゃったよぉ~」

一同「!!」 火星「…ダイモス!?」


103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/07(火) 01:12:22.07 ID:rufBszQZ0
タタタタタタタ

火星「ダイモス!!」

ダイモス「はえっ!? え、え、どぉしてお姉ちゃんがこk」

ムギュー

ダイモス「……お姉ちゃん、くるしぃよ~。くるしいってば~」

火星「よかった………ダイモス無事でよかった………よかったよぅ、う、ううっ」

ダイモス「お姉ちゃん泣かないで~。ボクがフガイナイから泣いてるの?
     ごめんね、お姉ちゃん。ボクがんばるよぉ。だから泣かないでぇ」

火星「ダイモスは…うっ…何も悪くないだ、悪いのは全部…ッン…
   お姉ちゃんなんだ……。ごめんなさい、ダイモス、本当にごめんなさい…うっ
   ……こないだの稽古で…ん…お姉ちゃんはダイモスに
   とても酷い事をしてしまった…ダイモスに強くなって欲しい、
   ただそれだけの理由で、ダイモスの気持ちも考えずに…ぅ…
   許されてはならない事をしてしまった……。
   私は……ダイモスの姉を名乗る資格など、ないのだ……ぅぅっ」

一同「………………」


104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/07(火) 01:12:44.35 ID:rufBszQZ0
ダイモス「何行ってるの~お姉ちゃん。お姉ちゃんはボクのお姉ちゃんだよぉ。
     あのお稽古はちょっと辛かったけど、ボクは平気だよ~。
     だって、ボクはお姉ちゃんの弟で、つおい"ダンジ"だもん。
     だから、またお稽古つけてね」

火星「………ダイモス!!」 ムギュー

ダイモス「だ、だから、苦しいよぉ~」

海王星「………あれ、みんなどこにいるんだ?」

天王星「海王星殿が戻って参られたようでござるな」

土星「海王星ちゃーん、裏の方にいるよ~」

海王星「何だってまた、みんなして裏なんかに
     ……って、ダイモスいるじゃん!行方不明なんじゃなかったの!?」

土星「ここに、この変な子と一緒に居たんだよ~」

海王星「変な子?」

トリトン「おかえりなさい、マスター。
     マスターが留守の間、ダイモスと話してた」


105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/07(火) 01:13:09.69 ID:rufBszQZ0
太陽「しかし、なんでまたダイモスとトリトンが一緒に、
   しかも天王星の家に居たんだ?」

海王星「あー、多分、トリトンの仕業だ。こいつ、最近になって人を家に招待
     することを覚えたんだよ……。恐らく、火星んちを通りかかった時に
     偶然ダイモスを目にして、うちに誘ったんだろう。
     火星、ほんっとうにごめん。トリトンにはよーくと教育しておくから、
     どうか、このとーり!!」

火星「天王星が悪い事など、一つもない………私のほうこそ、
   みんなに多大な迷惑と心配を掛けた。本当にすまなかった。
   そして、ありがとう………」

ハレー「ま、ま、ダイモスも無事だったんだしさ、
    終わりよければ全てヨシ!そんな感じで幕引きしようじゃないか」

天王星「時に海王星殿。拙者、昨晩お主の「ダイモスーダイモスー」という
     声を聞いたのでござるが、一体何の事でござるか?」

海王星「ダイモス……?あー、それって「ダイナモ」の聞き間違いじゃないの?
     カッシーニ撃退装置を作るのにね、ダイナモが必要だったんだよ。
     で、さっきまでダイナモ調達に出てたって訳」

106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/07(火) 01:13:36.17 ID:rufBszQZ0
天王星「な、なんと……」

一同「……………ジィィィィィ」

天王星「はっ!? せ、拙者、修行があるので、これにてさらばでござる……」

────────────────────

太陽「ダイモスも、ああ見えてしっかりとした子じゃないか」

火星「そうだな……。私が気付かないだけで、成長してるんだな」

太陽「それはそうと、火星の泣き顔、可愛かったなー」

火星「き、貴様!あの非常時にそんなことを考えていたのか!!
   今日という今日は許さんぞ!!」

太陽「どうか、お手柔らかにお願いしますよ、おししょうさまw」

火星「!!!!!!!」

《一覧に戻る》
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  
メニュー

サイト内