ショートストーリー14

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

その31

太陽「お、ツインズ。おっス!」

レア「あー!! 太陽の」

パン「お兄ちゃん!!」

レア・パン『こんにちは~!』

太陽「相変わらず元気コンビだな」

レア「土星おねーさまにご用事?」

太陽「うん。近くまで来たから、顔出していこうかと思って・・・」

パン「太陽おにーちゃんも物好きです。この屋敷の外にある超高度セキュリティ
   エンケの間隙を無傷で抜けてきたです」

太陽「はは、もう慣れたカナ。コッソリと近づいて土星が驚くのを
   見るのが楽しみだし・・・、なんかちょっとドロボーっぽいカモだけど」

レア「太陽のお兄ちゃん・・・もしかしていずれは・・・」

パン「土星おねーさまのハートを」

レア・パン『盗む気ですね!?』

太陽「ぶッ! 唐突になにを言い出すかと思えb・・・」

土星「こら~~~!レア!! パン!! また太陽さんにちょっかいだしてるのね!!」

レア・パン『わわ!?土星おねーさま!!』

レア「太陽の」

パン「お兄ちゃん」

レア・パン『またね~~~』

土星「まったく・・・太陽さんも!来る時には連絡くらいくださいよぅ」

太陽「ゴメンゴメン。しかし土星、相変わらずお姉ーさんしてるんだね
   あんまし歳かわらなそうだけど・・・」

土星「決定的な違いがあります!!」

太陽「え、な・・・何が違うの?」

土星「・・・私は少なくとも惑星!あのコ達は小惑星(小学生)です!!」

太陽「だ・・・駄洒落オチかよ!?」

その32

オルクス「我の名前はオルクス
     太陽系の彼方、エッジワース・カーパーベルト天体の一つ
     人は皆、我のことを死神として畏れている
     そろそろ、このスレも終わりに近づいているか
     ここは早めに消えてもらわないとな…」

冥王星「…そ、そんなことさせないんだから!!」

オルクス「冥王星か…。EKB出身でありながら、あいつらと馴れ合いおって
     ふん、まあ裏切り者に用はないがな
     おまえも一緒に宇宙の塵になるがいい!」

冥王星「待って、もう少し待って!
     私、太陽くんや他のみんなと一緒にいれて楽しかった
     みんな、とっても優しくて暖かくて…
     だから、次スレ待ってください」

オルクス「…そうか、おもしろい
     わかった、次スレまで待ってみよう
     すばらしい絵師や文章師の登場を期待してるぞ」

冥王星「あ、ありがとうございます。
     私ももうちょっとがんばってみます!」

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  
メニュー

サイト内