サイト内検索



MeNU


■ 共有情報
在庫表

■ お遊び
お絵かき掲示板

■ ODK本家メニュー
About Us
BBS[ 別窓 ]
Members[ 別窓 ]
Photo Album別窓

本家HP



WeaTHeR


-天気予報コム- -FC2-

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

シュラフ(寝袋-Sleeping Bag)について

(注意)ここに書かれている事は個人の感想に基づくものでそれを保証するものではありません。
参考程度として考えて置いてください。


シュラフの選び方


暖かさは素材の種類と量によって決まります。
シュラフのパッケージに耐寒温度が書いてあるので、それを参考にすればいいでしょう。書いてなくても店員が教えてくれるでしょう。 

ただし、耐寒温度はその温度で死なないギリギリの温度です。
快適に寝るには気温にプラス7~10℃ぐらいの耐寒温度のシュラフを選ぶ必要があります。
また、同じ素材と重さならジッパーが横にないモデルの方が暖かいですが、ジッパー付きのモデルのように暑い時に開けて寝ることができないので使える時期が限られます。一般的にはジッパー付きのモデルがお勧めです。

次に用途や時期による選び方です。

冬山登山など
激寒の中を山登りとかをしたいなら当然軽くて暖かいマミー型の羽毛シュラフなんかを買えば最高です。封筒型や化繊のシュラフでも暖かいのはありますが、サイズは大きくなってしまいます。モンベルや好日山荘、石井スポーツなどの登山用品店で買えます。20,000円~

登山や寒い季節のキャンプなど
そこまえいかなくてもいいから、暖かくコンパクトなものがいい場合には、上記のような登山用品店で売っているマミー型の化繊のシュラフがお勧めです。但し先立つものが・・・ 9000円~

夏場のキャンプなど
夏場にオートキャンプをしたりスキー場に夜中に到着して朝まで暖房の効いた車の中で寝れたらいいと言うことなら安物で十分でしょう。日曜大工センターなどで1000~2000円

シュラフの種類

大きく分けてシュラフには2種類あります。

マミー型
 これは昔ながらのシュラフで入った時に必要な部分だけを残したようなもん(足の方は狭くして肩あたりが広い)です。 特徴は必要な部分のみにしたことで軽くなることと狭くてチャックを閉めると首部分しか穴がない状態になるので暖かいシュラフができることです。
※但し、暖かいかどうかは素材にもよります

封筒型
 最近流行っているもので長方形です。 特徴は畳みやすいことと同じシュラフを2個持っていればニコイチに繋いで大きなシュラフが出来上がります。 但し、首部分は短い方の一辺分開いていますのでそこから外気が侵入するので激寒の野営には向きません。


シュラフの素材


シュラフの中綿の素材には主に2種類あります。

化繊
 ナイロンなどの化学繊維です。ある程度以上の値段のシュラフだと、暖かさを保ちやすい特殊な化学繊維が使われています。
 後述の羽毛に比べて少しかさばりますが、濡れても比較的乾きやすくメンテナンスが楽です。

羽毛(ダウン)
 水鳥の羽毛です。化繊のシュラフに比べて軽く寝心地もいいです。暖かさの必要な冬季用のシュラフによく使われます。ただし、大変高価です。また、一度濡れると乾きにくく、シュラフカバーとセットで使うなど取扱いに注意が必要です。

シュラフの付属装備


シュラフは単独ではなく、マットやシュラフカバーと組み合わせて使うと更に性能を発揮できます。特にマットは地面から伝わる冷気を防ぐために必ず必要です。

マット
定番は銀マット。1cm前後の発泡ビニールのマットにアルミを蒸着させたものです。安価(500円~)ですが、充分な性能があります。
また、お金に余裕がある人は、中綿が半自動で膨らむタイプのエアマット(6,000~15,000円)が寝心地がよくコンパクトでお勧めです。

シュラフカバー
シュラフを覆うカバーです。なくてもいいのですが、結露しやすい寒い季節のテント泊にはシュラフが濡れなくて便利です。
また、暖かい季節だとシュラフ代わりにこれ単独で寝る人もいます。
ただし、買うならゴアテックス製か、その他の防水通気素材のモノでないと中で結露してしまいますので注意してください。

シュラフのメーカー


モンベル
我らのモンベル。アウトドア用品ならなんでもあり、シュラフに大変こだわりを持っている。スーパーストレッチシステムという横に伸び縮みする特殊な縫製で快適に寝られる。ただし、持っている人も多く人数の多いキャンプではどれが自分のシュラフかわからなくなるという欠点もある。

お勧めのモデル
◎スーパーストレッチバロウバック
化繊のシュラフ。#0~#7まで型番があり、数字が小さい方が中綿が多く暖かいが、かさばる。
#3程度が春秋から夏まで使いやすい。(ただし、夏はジッパーを開けて掛け布団のようにして使う。)

◎スーパーストレッチダウンハガー
羽毛のシュラフ。バロウバック同様#0~#7まで型番がある。高価だが、その価値はあり。また、頭にULが着いたモデルは表地に薄い素材を使い大変軽い。ただし、値段はさらに高い!

イスカ
シュラフやマットに力を入れている。というか、それ以外の物はあまり作ってない。
少し高いけど、ダウンの質はピカ1らしい。いい仕事してはる。

お勧めのモデル
◎AIRシリーズ
羽毛のシュラフ。表地に薄い素材を使いとても軽い。


ナンガ
滋賀県にある。ここも寝袋専門メーカー。
知名度では上のメーカーに負けるけどダウンの質はもの凄いいいらしい。滋賀県のショップではよく勧められる。
ネットショップの別ページにあるアウトレット品が小傷でかなり安くなっているのでお勧め。欲しいモデルがアウトレットにない時はメールで問い合わせると答えてくれる。(中綿ダウン1kgのシュラフを15,000円程度で買った経験有りby Masato)
http://www.od-yamakei.co.jp/sleeping_bag/nanga.htm

BERG
スポーツ用品専門のMIZUNOが出しているアウトドアブランド。人間工学に基づいた快適なシュラフを出しているとか。

コールマン
オートキャンパー向きのメーカー。ガソリンストーブなどが有名。
シュラフは封筒型が充実しているが、かさばる。

スノーピーク
とても質の高いいい物を作っていて、調理器具とかはここので揃えたら最高。
シュラフはオートキャンパー向きのモデルが中心。コンパクトではないが、寝心地はよさそう。




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー