12裏 宝箱

宝箱について


宝箱は基本的に4つのグレードに分けられており、高ければ高いほど中身のアイテムも豪華なものになる。
それぞれのグレードになる確率は以下の通り。
グレード 確率
グレード4 5%
グレード3 35%
グレード2 40%
グレード1 20%

各グレード毎の入手アイテムはクエスト、ダンジョンによってまちまちである。

目利きについて

スキル「目利き」を持っているメンバーがいる場合、上の確率から (パーティの合計スキルレベル÷2、最大20)% だけ グレード4に加算 され、 グレード1から減算 される。
例えば、スキルレベル合計が30だった場合、グレード4になる確率は5+15=20%、グレード1になる確率は20-15=5%となる。
なお小数点以下は切り捨てになるため、合計スキルレベルが奇数の場合は実質1レベルだけ損をする。

ちなみに目利きは他のスキルと違い、キャラ個人単位のレベルの上限が設定されていない。(他は大抵15が上限)
そのため、最大で1人につき27レベルまで稼げる。(所持スキル9+武器3×2+アクセサリ4×3)

宝箱の中身の決定について

宝箱の中身が決定されるのはクエスト開始時、及び魔王城の各フロア潜入時。 宝箱を開ける瞬間ではない
当然目利きが発動するのもこのタイミング。したがって、クエスト開始後やフロア潜入後は目利き装備はすべて外しても大丈夫。


ナックルの桃石、弾道の石について

2つとも発見事例が少なすぎて半ば都市伝説扱いになっているアイテムだが、魔王城40~50Fの宝箱から1/2200(≒0.045%)の確率で入手可能。
正確にはグレード4になった際に1/110の確率なので、目利き40にすれば 1/440(≒0.23%) まで上げられる。
弾道はともかくナックルは石1つにつき+1しか上げられないので、仮にナックル7の投手を作りたいならこの確率を7回通す必要がある。


超特殊能力、威圧感パーツについて

結論から言うと、宝箱からの入手は絶対にできないようになっている。
テーブル自体は存在するが、作った側のプログラムミスでそのテーブルには辿り着けないようになっているのがその理由。
もっとも、一部の超特殊能力はイベントで手に入る上、ランダムやけど「強い特殊能力」でもこれらの能力はつけることは可能やからそこまで致命的ではないかもしれない。