寝息

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

自分の意識が覚醒するのを感じた。目を開けても周りは暗い。あまり寝た

気がしないのは、実際それほど時間が経っていないからだろう。

(一時間くらいかな・・・・・・)

成歩堂はぼんやりと思った。隣にいる御剣は熟睡しているらしく、規則正

しい呼吸が聞こえてくる。

その寝顔に穏やかな愛情を覚え、同時に先刻の激しい熱を思い出した。

どれだけ求めても、まだ足りないと思う。手を離せば消えてしまうので

は、と不安になることさえあった。

自分が御剣を想っているのと同じように、彼も自分を想ってくれているの

だと言える自信はある。

ただしそれは現在に関してのことで、これから先のことは何も言えるはず

が無い。

元々、この関係は信頼から派生したものだ。

(最後に、御剣の選ぶ人がボクじゃなくても・・・・・・)

その信頼まで失われたりはしないだろう。これだけは確信が持てる。

それでも、彼が自分の側にいる間は・・・・・・。

成歩堂は眠る御剣を抱き寄せ、再び目を閉じる。


この小さな寝息を守るのは、自分だけでいい。








|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|