MR-C3024

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


マイコンボード ピンと電圧

基板上、サーボに繋がるコネクタの真ん中のピンにはバッテリーの電圧が直接、上のA/Dポート、通信関係のポートの真ん中のピンには、5Vが出ています。電圧監視の為の分岐をする場合は、空いているサーボコネクタの真ん中から取り出すと基板とかにハンダ付けをしなくてもすみます。


ATmega128のピン・MR-C3024コネクタ関係

基板パターンとATmega128のピンとボード上コネクタとの接続関係のまとめです。

Servo
S0-5      
S6-11   
S12-17     
S18-23          [PA0-7], [PB0-7],  [PC0-7] 計24本
EXT
ETX                 [PE0]       
ERX                 [PE1]
LCD                [PE2]
PWM0             [PE3]
PWM1             [PE4]
PWM2             [PE5]
SDA                [PD0]
SCL                 [PD1] 
Comm
RXD                [PD2]
TXD                [PD3]
CLK                [PD5]
A/D
AD0-7            [PF0-7]
Othrer
BUZ                 [PG3]
LED                 [PG4]
REST               [チップ右下辺りにランドあり]
Not connected
                     PD4 (ICP1 タイマカウンタキャプチャ入力)
                     PD6 (タイマカウンタ1 外部クロック入出力)
                     PD7 (タイマカウンタ2 外部クロック入出力)
                     PE6 (タイマカウンタ3 外部クロック入出力/INT6)
                     PE7 (タイマカウンタ3 捕獲起動入出力/INT7)
                     PG0 (WR)
                     PG1 (RD)
                     PG2 (ALE)

名前:
コメント:


記載内容の正確さについての保証はありません・・・。 -しんぐ 2006.1.20

-
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|