09006

写真
群馬県和算研究会
復元想像図 NO IMAGES
奉納年 天保12年(1841)8月
掲額者 野村八右衛門吉久
緒元 縦63cm ×横180cm
問題数 2
奉納先住所 栃木県佐野市寺中町2337
奉納先名称 東光寺
別保管住所
別保管名称
文化財指定 昭和63年9月22日 佐野市指定文化財(有形民俗文化財)
拝観時注意事項

額文 現代文等
問1 今如図五本五色鉢植紅葉有其数拾五万二千令九拾六只云鉢毎
一色宛替五色同色之鉢無之而紅葉之色数問
答1 答曰百色紅葉
術1 術曰列鉢数定法六相乗得数帯縦開立法而一帯縦二帯縦開之商
得九十六之加入引方之四合問
問2 今如図左右長短之杭双方頭双方根筋違糸張其糸之行合之下有
山形三斜寸平積拾八歩只云従大斜寸而中斜寸者短三寸又云従
中斜寸而小斜寸者短一寸六分二厘各幾何問
答2 答曰中斜七寸
術2 術曰立天元一為中斜之加入只云数為大斜列中斜減又云数為小
斜之為自乗小斜冪列大斜之為自乗大斜冪列天元一之為自乗中
斜冪内減小斜冪余為因大斜名長股短股差之加入大斜冪為因大
斜二段長股之自乗為因大斜冪四段長股之冪寄甲位列中斜冪四
之得数以大斜冪相乗為因大斜冪四段中斜冪内減甲位余為因大
斜冪四段中鉤冪寄左列積倍之為因大斜中鉤自乗之為因大斜冪
鉤冪就分四之亦為因大斜冪四段中鉤冪与寄左相消得開方式
三乗方翻法開之則合問
粤安永之頃有当邑永瀬三郎右衛門者讃仰算道自尤□□□□
屡慕之以得伝其後自文化之頃奉仕小堀候春秋及三十余歳今
辞仕帰旧里惜怨嗟師名之朽廃而因懸伝之一術備後□□□
当村大原住
八十一翁
野村八右衛門
吉久
天保十二年辛丑年八月下澣

額文は「栃木の算額」による。

名前:
コメント: