戒律の制裁者


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『戒律の制裁者』

現状に蔓延る偽りの”平和”を塗り替えるという理念の下に集結した西洋・東洋に跨る超過激派組織。

構成メンバー一人一人が『何らかの負の概念や事象、感情』としての役割を有しており、そしてその役割に適応した魔術を操る。
特徴として、組織構成員のほぼ全員が魔術師としての凄まじい実力を有する。
前述のように操る魔術に統一性は『負』という部分しか存在しないが、”現世に蔓延る負の概念”という性質上、『原典(元ネタとなる逸話や伝説)』が存在する魔術の使用者が多い傾向にある。
多重に魔術組織に所属している者もいる。


「────『平和』だというのならそれで良いのか。



例えば、この『平和』について考えるとしよう。


『平和』が保たれているのだとしたら。

果たして、その状況下にある人間は必ずしも幸せであると言えるのか。

果たして、上からの圧力で抑え込む事で『平和』を保つ事は本当に『平和』であるのか。


『平和』の対義語は誰が言うまでもなく『戦争』である。

『平和』が『平和』では無いのなら……『戦争』で齎される『平和』もあるだろう。

逆に言えば偽りの『平和』が引き起こす『戦争』も存在するだろう。


────ならば我等は、『平和』を壊そう。

『平和』であるという間違った”戒律”の概念を裁き、そして覆そう。


───我等は”戒律の制裁者”。

司りしは理不尽と我欲。

────永遠に真なる、裁きの天秤である。」






【現時点構成員】

『偽善』──???(原典:桃太郎伝説、他より)
『死』   ──カタチ(原典:アステカ神話より)
『混亂』──???(原典:北欧神話より)
『屍愛』──ドライ・アデュン(原典:ギリシャ神話)
『無能』──SOMEONE(原典:広義に渡る為、明記不能)
『破壊』──ルーメン・エクス・オルメイジ(原典:オリジナル)