※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

犯罪都市ソドム?にてリロイを拾い育てた人物。本名はレオン・ファルファクス?という名だが、その名は既に捨てており、現在はアレクサンドル・リュヴィールと名乗っている。性格は極めて苛烈で恐怖知らず。リュヴィールに育てられたリロイがあのような性格であるのも頷ける。そして男のダンディズムを象ったようなシニカルな人物である。

彼は子供の頃に闇の種族に襲われ頭部を負傷。それ以来、人間としての限界値たる制御装置が壊れ、爆発的な力が備わっている。その力の一端として空間や自然現象を掌握・操作する能力が備わっており、身体そのものが痛みを感じないという特異的な体質となった。しかしながら制御装置の解除は身体に相当な負荷がかかることから短時間でしか耐えられず、負荷が上限を超えると動けなくなってしまうために、実際は諸刃の剣といったところ。

リロイの少年時代では《鋼鉄の男》?という異名で通っていたが、その正体は《魔王》?と呼ばれ恐れられた伝説の傭兵、ヘイムダルその人であった。ヴァルハラの凄腕エージェントであった過去もあり、その当時、社長のイレーヌ・ウィンスレットとは浅からぬ関係にあった様子である。この頃にクライスト教団の枢機卿候補であるエッダ?と運命の出会いを果たすが、壮年期のリュヴィール?の台詞から幸いな顛末を迎えることはなかったようだ。ウィルヘルム派?枢機卿?を3人殺害し、教皇リーヴにまで迫った過去がどこまで関係しているのかは今のところ不明である。そして現在の彼の消息は不明であり、リロイ?との別れがどのように描かれるのか、今後のEX.に期待したい。