※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


きっちりとグレーのスーツを着こなし、何時もサングラスをかけているビジネスマン。
性格は非常に穏やかで、口調も丁寧であり、リロイの数々の無礼にものほほんと対応する。
よってリロイの苦手なタイプである。
一方で顔色も変えずに仲間のアシュレイを殺したり、クレーンでリロイとマレーネ?の間に鉄球を放り込むなど平然とえげつないことを行う面もある。

母親が《闇の種族》、父親が人という生まれであり、生まれつき目が銀色の淀みになっているため、いつもサングラスで目を隠している。
が、リロイと出会うと嫌がらせで大抵一度はサングラスをダメにされる。
しかし、サングラスの予備を数枚常備しているらしく、怒らず慌てず隅でサングラスを交換しているようだ。

ヴァルハラのエージェントとしてのキャリアは長く、リュヴィールがヴァルハラにいた頃には既にそこで働いていたので見た目より相当歳をとっているのは間違いない。

趣味は料理に絵画。何故かクレーンの免許を持っている。

ランディとはまた別の得体の知れない男。