※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

約5000年前に起きた、闇の種族と人類の世界の覇権をかけた戦い。
当時の文明は今よりもはるかに優れた技術を誇っていたが、突如現れた闇の種族に、人類はなすすべなく敗戦を繰り返した。

人々は、数少ないデータを元に対闇の種族の兵器の研究を始めた。
従来の兵器では歯が立たない上級眷属にも通用する兵器を造る為、人々はそれこそ死に物狂いで研究を進めた。
その間に人口は10分の1以下にまで激減、大都市郡も闇の種族に奪われた。世界は闇の種族に蹂躙され、人類は種の存亡の危機にまで追い込まれた。
だが人々は、膨大な失敗と試行錯誤の果てに、ラグナロクを初めとする、ヴィーグリーズの遺産?を造り出した。人々はそれを手に持ち、世界の覇権と人類種の存亡をかけて闇の種族に最後の戦いを挑んだ。

かつてない激しい戦いの末に、人類はかろうじて勝利したが、人口は街一つ維持できるかどうかまでに激減し、幾世代にも渡った戦いによって、栄華を誇った文明も完全に崩壊した。
この戦いによって文明は原始レベルにまで退行し、前時代文明は時間と共に忘れ去られていった。