同級生編1

このページを編集する    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/02(木) 01:31:04.37 ID:oET8h49J0
ついに大阪でもホームレスに新薬の投薬がスタートした。
先の国会で成立したホームレス保護法には本当に感謝している。
国をあげてのプロジェクトだったから反対者もなんとか押し切る事ができた。
そして今日、行政代執行がおこなわれるんだ。

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/02(木) 01:34:11.15 ID:X3dPgoi0O
ちょっと待て、外見美少女でも中身ホームレスのオッサンだろ?

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/02(木) 01:35:45.40 ID:oET8h49J0
ホームレスが大阪城公園の広場のドーム型テントに追い込まれていく。
逃げ延びようとする奴も警察が片っ端からドームに放り込んでいった。
若いので2、30代年寄りなら70位のオッサンもいた。
全てをテントに放り込むと死亡毒マスクをした職員が赤色の新薬をテント内に充満させていった。
その時だ、同級生で高校まで同じだった奴がドームから逃げ出そうとしてまた中に戻されていた。

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/02(木) 01:36:42.00 ID:oET8h49J0
>>12
内面はお前らで調教しろ

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/02(木) 01:40:51.80 ID:oET8h49J0
「あいつ・・・・おやじの会社が倒産したって言ってたよな・・・」
少し切ない気持ちになったが俺は何もせずその様子を見守っていた。
新薬は即効性、性別、外見全てを書き換えてしまう。
おっさん達の汚らしいうめき声や怒号も10分、20分と立つうちに声が澄んできてアニメの声優さんみたいな声が聞こえてくる。


20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/02(木) 01:46:17.50 ID:oET8h49J0
そうなってくると俺たち清掃局もいよいよ準備を始めないといけない。
防護服に身を包み、その場でまた待機する。
「訓練どおりにやればいい」
上司とかが励ましてくれるがやはり気分の悪いものだ。
しばらくすると薬の散布が終わり、空気清浄機による換気が始まる。
「お願いします」
これが俺たちの仕事の合図だ。

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/02(木) 01:52:40.24 ID:oET8h49J0
ドームの中に入ると元ホームレスの美少女が1000人位大量に気絶している。
新薬の効果はすごいがこれ特有の産廃もでるから厄介だ。
仕事はまず大きなゴミ袋を右手に持って左手にカッターを持つ。
後は生え変わって抜け落ちたホームレス時代の髪の毛拾い集めたり。ホームレス時代に着ている汚らしい服を
カッターで裂いて真っ裸にすること。


24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/02(木) 01:56:39.48 ID:oET8h49J0
最初はみんな嬉しがるけどなれると退屈だ。
第一めんどくさい。夏なら薄着だが冬だと重ね着してる奴が多くてますますめんどくさい
パンツまでちゃんと脱がさなきゃならんし。
またこの服がきなねーのなんのって・・・・・・
まぁそんなこんなで順調に裸にしていき最後にパンツを裂くんだけどそん時に男時代の物がボロっと落ちてくる。
これの回収がもうたまらなくいや


25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/02(木) 02:01:14.02 ID:oET8h49J0
これは産廃として捨てるのにも許可が要るから別の袋に入れないといけないんだよ。
まぁそれは担当がやるから俺たちは身近な所に投げて集めておく。
モノを集め終わると今度はトラックの入る道確保せにゃならん。
もう1時間位経ってるけどまだ誰も昏睡状態。たまに意識回復してパニックおこして飛び出す奴いるけどそれは警察がなんとかするし


26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/02(木) 02:05:54.45 ID:oET8h49J0
換気が100%完了すると後は防護服を脱いでの作業だ。
真っ裸の少女を次々とトラックに乗せていく。この時に身体を傷つけないようタオル巻くんだけどそれもめんどくさい。
しかも最近は女性団体が騒ぎ出してパンティまではかせんとだめになったんだよね。
バケツに女性者パンティが山盛り入っってるからそこから一枚取ってはハカシの連続。


27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/02(木) 02:11:08.45 ID:oET8h49J0
大体1人で300人ははかしてタオルまく。
まぁ公務員で昼間での作業だからこんな仕事できるんだけどな。
トラックに少女積み込んだら訓練センターに送るんだよ。
元々きたねえホームレスだからいくら美少女になっても昔の癖が残ってるんだよ。
ある程度の癖や喋り方は頭に特殊電波流して改変していく。から楽チン
後の1週間はブラのつけ方とか整理の対処とか化粧品の講座とか。そこまでやってやっと
身元引き取りセンターまで輸送できるんだよ。


31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/02(木) 02:22:31.57 ID:oET8h49J0
そんな訳で今日も黙々と仕事しているわけ。
その時だよ俺の右腕を掴んでくる奴がいた。ビックリして見るとあいつだった。
同級生・・・・
意識がもうろくしているのか蚊の鳴くような声「みるなぁ・・・・」って
美少女化してたけど何となく分かった。でもきがつかない振りしてパンティはかせてタオル巻いてトラックに積んだ。
それからしばらくしてだったかな上司に呼び出されて身元引き取りセンターまでいったんだよ

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/02(木) 02:25:54.50 ID:oET8h49J0
身元引き取りセンターは美少女化したホームレスの身元引受人になりたい希望者と美少女を引き渡す所。
大概が喪男の金持ちとか金持ちのキモヲタ・・・・・
親と着てる奴もいたよな・・・・
無論、保護法で守られてるから虐待とかすればあらかじめ埋め込んだチップで即通報逮捕

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/02(木) 02:32:15.28 ID:oET8h49J0
そんなわけで引き取りセンターまで行ったら向こうの所長さんが出てきてくれて
待合室みたいな所に待たされると綺麗なカッコした少女を職員が連れて戻ってきた。
所「彼女を君に引き取ってもらいたいんだよ」
俺「ハァ?でも俺にはそんな甲斐性ありませんし今は一人で食って行くのがやっとですよ」
所「いや、彼女は君の職場に配属するようにして共稼ぎできるようにした」
俺「はぁ・・・・」
そんなこんなで押し切られてしまった

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/02(木) 02:40:03.01 ID:oET8h49J0
帰り道
俺「なぁ・・・・お前本当におれでいいのか?」
同「だってぇ・・・・」
俺「その喋り方正体知ってるからキモイ!」
同「しょうがないでしょ!プログラムで喋り方まで変えられてるんだもん」
俺「じゃあ何で記憶消してないんだよ」
同「消えなかったんだもん」
俺「それで、なんで俺を呼んでまで引き取ってほしかったんだよ」
同「さびしかったの・・・・」




41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/02(木) 02:47:17.31 ID:oET8h49J0
俺「うぁ!キモ!」
ポカ!
俺「いた!」
なんか理不尽に殴られた。
同「だって前の記憶残ったままこの性格刷り込まれたのよ!しかも喋ればこんな声でこんな話し方なのよ!」
可愛い顔で怒ってくるのだがどうも前の顔がちらつく・・・
同「所長さんにはこんなの初めてだって言われるし、記憶で頼りになる身内いるかって聞かれたから・・・」
俺「それで俺を・・・・・」
同「ピンポ~ン♪」
ポカ!
同「うぁブッタぁ!ぶったぁ!」




43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/02(木) 02:54:53.73 ID:oET8h49J0
その日はもう上がりだったから同級生連れてさっさと買いもんして家に帰ることにした。
俺「それにしても女になって楽でいいよなぁホームレスよりゃ」
同「そんな事ないわよ!スカートスースーで寒し、ブラも苦しいんだよぉ、それに生理のときなんかもう地獄なんだから」
俺「わかった!わかったからそんな大声で言うな」
そんな時日本橋に予約してたエロゲー取りに行く事を思い出した。



48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/02(木) 03:08:48.18 ID:oET8h49J0
日本橋
同「ここってヲタク街じゃない。あーもうあたしにコスプレとかさせようとしてるんだー」
俺「はぁ?オカマにそんなカッコさせるか」
同「もう100%女の子だもん!」
俺「どうやっても男言葉にならんか?」
同「あたしが一番それで苦しんでるのよ!直そうとしても無理なの!不可能なの!」
同級生がプンプン怒ってくる
とりあえずエロゲーもゲットできたので帰る事にした。
同「うぁ!エロイ人発見」
ポカ!とりあえず無言で殴っておく
同「あーあんまたブッタァ!この台詞昔も言ったのに~」
俺「そんな美少女のアニメ声に言われると恥かしくなるだろ!」
ハッとしたがその時はもう遅かった。向こうは勝ち誇ったような顔をしている。
昔からのこの野郎の癖でオチョクル要素を見つけるととことんやってくる。


51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/02(木) 03:18:46.86 ID:oET8h49J0
同「ふぅ~ん、やっぱりそんな目で見てるんだー」
俺「分かったなら早く帰るぞ」
同「そうだよね~こーんなあま~い声でこ~んなに可愛い・・・でも昔の事が姿が頭に過ぎりますか」
同「そうですよ~今は身長153センチBカップでも元相撲部大将体重142キロ・・・・・」
そこで同級生は下を向いた。
俺「どうした?」
同「ごめん・・・・自分でもキモくなった・・・・」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/02(木) 03:32:50.60 ID:oET8h49J0
官舎
俺「んったく!買い物長すぎだろう」
同「この身体になったらなんか物をじっくり見たくなったの!」
俺「じゃあ荷物は何故このわたくしが・・・」
同「この身体になったら全然力がでないし・・・・」
俺「まぁ詳しい事は中で聞くから入れよ」
同「は~いお邪魔しマース」
俺「・・・・・・」
同「ごめんねどうしてもこういう喋り方になっちゃうの」
とりあえず同級生を家に放り込んで話を聞く事にした。
同「うぁ・・・きたなぁ」
やはり女に言われるとへこむ。
俺「お前だって1週間前はホームレスじゃねーか」
同「はいはいごめんなさい。空き缶拾って、ゴミあさって腐ったもの平気で食べてましたよ」
同級生が頬をプゥっと膨らませてすねるが台詞はとてもそのようなものではない。



57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/02(木) 03:47:11.97 ID:oET8h49J0
俺「じゃあ家族は・・・・」
同「うん、お父さんもお母さんも自殺したし兄さんは行方不明・・・妹はオバサンとこ」
俺「そうか・・・・よし、まず明日戸籍取り寄せないと」
同「売ったよそんなもの・・・・ヤーさんに」
そういうとポケットから紙を取り出した。
新戸籍登録証書、♀化させたホームレスに配られるもの
俺「名前の欄空欄だぞ」
同「決めさせてあげる」
俺「いいのか?俺で・・・・」
同「いいよ、もうこれで再出発できるもん。野郎時代の記憶は残るけどね」
ニッコリと微笑んでくれる。
俺「まぁ昔つるんだ中だ、お前の昔の名前から1字もらうぞ」
同「うん、まかせる!」
そういうと目をつむってジッと耳を済ませているようだった

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/02(木) 03:58:09.33 ID:oET8h49J0
俺も真剣に筆を取り一筆認める。
『ま○こ』
さてボケたところで真剣に・・・・
同「バカァアアアアアアア!」
今のこいつの全体重をかけた張り手が顔面を直撃する。半分以下の体重がだこれはきつい
同「ボケるかぁ!ボケていいところかぁ!」
俺「何故わかった・・・・:」
同「薄目開けてみてたから!」
俺「泣いてる?」
同「この身体すぐ涙とかでちゃうの!もぉ・・・期待した私が馬鹿だったわ」
俺「ちょぉ!暴力反対!!」
同「いいわ!精神情緒も不安定だし憂さ晴らしにうってつけね」

作者限界のため保守するか次スレまでまたれよ
じゃあ寝るわ




62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/02(木) 03:59:04.39 ID:oET8h49J0
誰か続き書いてもいいぞい


DAT2HTML 0.32j Converted.
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|