※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

知也(3)

著者不明

俺の前で足を開いてる知也は、いつもよりもずっと小さく見えた。
こうしてしまえば、ただの小学生だ。力で俺に勝てるはずがない。

悔しげなその顔をもっと歪めてやりたい。
そんな衝動に駆られて、俺は知也の股間に膝を押しつけた。

「ぁっ……」

その瞬間、小さな声が漏れたのを俺は危機のがさなかった。
ぐりぐりと押しつける度、ひく、と体が反応している。

まさか、小学生のくせにココ弄られて感じてるのかよ?
顔を見ると、真っ赤に火照った表情で、潤んだ瞳がこちらを見つめていた。
ああ、本当に感じてやがる。
声を出すまいとして噛み締めた唇が、妙にやらしい。

「ゃ……やめろよ、兄貴っ……やだぁっ……」

普段は絶対に聞かない知也の甘ったるい声。
舌っ足らずなその声に、俺の股間も刺激される。

弟だぞ。
そう言い聞かせたって、今更止まるはずがなかった。
俺はこいつをこらしめてやるんだ。
そう思った途端、俺は知也の細い体に覆い被さっていた。