|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

DVD

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DVDフォーラムの規格



DVD-R

Version1.0
3.95GB
Version2.0
4.7GB
  • DVD-R for Authoring(業務用)
  • DVD-R for General(一般向け)
    コピー防止機能が組み込まれてる

DVD-R DL

Dual-Layer
片面2層記録

製造過程が複雑になる事などからコストは割高。
速度面でもDVD+R DLに追いつけず、DVD+R DLの方が普及している

DVD-RW

DVD Rerecordable Disc
(DVD-ReWriteable Discが正式名称でないのは、DVD-RAMの規格が先に策定され、この名称を使ったため)
  • パイオニアが開発

VideoモードとVRモードを選択しなければならないため、フォーマット作業(約1分)が避けられない。


DVD-RAm

Digital Versatile Disk Random Access Memory
  • 松下電器産業が中心となって開発

Version1.0
2.6GB
Version2.0
4.7GB
両面メディア(5.2GB/9.4GB)も存在する

書き込み速度の高速性を利用して、録画しながら再生も可能。
ファイナライズ処理が不要。

デメリット
DVD-Videoとの互換性が無きに等しい