コア・ワールド


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

コア・ワールドは旧共和国最初の探検家たちが入植や探索に幅広い努力を費やした場所であり、この宙界には、コルサント(新共和国首都)、コレリア、チャンドリラをはじめとする、人間たちの出身惑星が数多く存在している。コア・ワールドは銀河系で最も人口が密集し、最も資源の豊富な宙界の1つなのだ。

パルパティーン皇帝による支配の下、この地域は帝国軍によって強固に保護されていた。コア・ワールドの住人たちの大部分には、辺境の宙界における帝国軍の横暴の実態など一切届いておらず、彼らは帝国を旧共和国の必然的な延長として受け入れていたのである。

しかし、コア・ワールドの大部分はパルパティーンの死後3年で新共和国の管理下に置かれるようになった。初期のころから新共和国への支持は広がっていたが、人々は単に平和と繁栄を望んでいただけであり、特に深い関係になることはなかった。新共和国が広範囲にわたる支持を得たのは、コア・ワールドを2 度目に再生させたとき(すなわち、蘇った皇帝を最終的に退けた後)のことである。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。