※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

高品質で再生するには

同じ映像(音声も含む)を楽しむにもより高画質かつ臨場感あふれる音で楽しんだ方がより楽しむことが出来る。そのためにどうしたらいいかをこのページでは解説する。

高品質を目指してきた歴史

1920年代に音声信号の記録再生が発明された。そして第二次世界大戦終結後1950年代より、オーディオ・メーカーがHigh Fidelity(高忠実度、高再現性)通称Hi-Fiという言葉を使って一般的になった。
具体的には高音質の蓄音機、一体型ステレオシステムなどから始まるが、原音に忠実な音の再現を追求し、アンプ、チューナー、テープデッキなどをそれぞれ別々に買いそろえる単品コンポーネント・ステレオ再生装置(単コン、バラコン)の時代が続く。各社の製品の仕様ががほぼ共通しており、違ったメーカの製品を購入しても、他のメーカーの製品に接続できた。FMステレオ放送も身近なハイファイソースとして大きな位置を占めた。さらに聞くだけでなく、録音部門の技術も向上した。
1960年代から1970年代にかけてはオーディオ専門会社だけではなく、日本の大手電機メーカーも開発に乗り出した。製品のグレード別に組み合わせたステレオシステムをこぞって販売していった。
ところがレコードに替わりCDが登場してからはデジタルオーディオ機器を用いると、誰でも比較的簡単に高音質な音楽が楽しめる。そのため高音質の音楽のために必ずしも高額のオーディオセットが必要ではなくなった。また住環境が広く遮音性の高いリスニングルームを許容しなくなり、さらに1990年代に入るとバブル崩壊後の景気低迷などでオーディオにお金をかけにくくなっていった。そこで手軽なCDラジカセや小型のステレオ再生装置に消費者の関心は移り、更にはウォークマンやiPodなどのポータブル再生機器が流行した。結局、高価な単品コンポーネントステレオ装置を買い揃え原音再生を目指した「オーディオブーム」は終焉することになる。
しかし、1990年代後半に入ると、半導体技術の向上により、ミニコンポサイズに高品質を詰め込む事が可能となり、1段格上の小型単品コンポーネントステレオ装置が出現し始め、日本の狭い住宅環境でもハイファイ・オーディオに準じたステレオ装置を所有する事が容易になった。
さらに近年、ベビーブーマー、日本では「団塊の世代」が定年、引退するにつれ可処分所得が増え、ハイファイ・オーディオ機器を買い求めるケースが多くなっていると共に、DVDの普及により若年層もホームシアター機器を購入することが多くなっている。

より高品質で再生する

より高級なものを用いる
購入時に実際に視聴してみる
(↑高品質と言っても高品質かどうかを判断するのは人間の感覚であり、それぞれ音、画質の好みが違う。なので、確認して自分の好みとあったものを選ぶことが大切)
Hi-Fi高画質ケーブルを用いて信号の劣化を防ぐ
デジタル伝送を用いて劣化を防ぐ
高級ケーブル(特に太いもの)を使う
コネクタ部分を金メッキされたものを使いロスを防ぐ
やたら長いケーブルを使わないなど、電気的に信号が通りやすい環境を整える
(劣化したケーブルを使わない)
ピンプラグよりもS端子を使う。
(↑両者互換性は無いが変換機が販売されている)
抜けにくいD-SubやDVIを使う
電源ケーブルの近くに配線しない、などノイズ対策を確実に行う
音場を響き易いよう整える
イコライザーを通して好みの音に合わせる
(↑高品質と言っても高品質かどうかを判断するのは人間の感覚であり、それぞれ音、画質の好みが違う。よって、自分で好みに合わせて選択する)
アンプを好みにおおじて電気式でなく真空管式のものにする
こまめに機材関係の細かな調整を行う
三管式CRTプロジェクタを使う
なるべく無駄な機材に信号を通さない
名前:
コメント: