※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

原付帰宅(げんつききたく)


原付帰宅とは、実家まで原付で帰ろうというプロジェクトである。今までに成功した例は放送研究部部員では2人しかいない。4AのHさんは夏に新潟まで帰った。方位磁針一つで帰宅、途中、東京の路面電車のレーンにはまって転んだり、福島まで行ってしまうという逆境を乗り越え、15時間後に到着。到着時には電話で連絡をとりながら驚かせたとか・・・
そして、もう一人は長野まで帰宅。こちらの場合は燃料の予備タンク、エンジンオイル、パンク修理剤を持つなど、準備万端で出発した。しかしながら季節が冬であった為、想像以上の寒さであった。山梨に入ったとき、道に落ちていた5寸釘を踏み、パンクして、1時間のロスが発生した。本人曰く「パンクするとは思っていなかった。」とのこと。しかし、パンク補修を自前で行い、仮に走れる状態にしてオートバイ屋で本修理を行い、再び出発した。そして、長野に入ったときに、道に猿が飛び出し、よけようと思い、派手に転倒。その猿はこちらを見ていた。このような逆境にもめげず、8時間で目的地に到着。一旦休憩の後、別荘の飯山まで移動した。しかしそこでは2m70cmの雪壁が道を塞いでいたが、裏山を通り攻略した。次の2日間は寝て過ごしたそうな・・・
つまり、一言で言ってしまうと、交通費を燃料代だけで浮かそうという途方も無いプロジェクトである。